【簡単でおしゃれ】エルメスに学ぶスカーフのアレンジ術

【簡単でおしゃれ】エルメスに学ぶスカーフのアレンジ術

クローゼットに眠っているスカーフはありませんか? 今回はエルメス主催のイベントで学んだ、簡単なスカーフのアレンジ術をご紹介します。お手持ちのスカーフで一緒にやってみませんか?


かつてあったバブル時代、スカーフが流行っていましたね。私自身もよく首元に巻いて楽しんでいました。

同世代の方なら、きっと同じようにスカーフを使ってアレンジを楽しんだり、街中でスカーフをしている女性をよく見かけたなと懐かしく感じるかと思います。

ここ数年、スカーフがまた注目されるようになったと感じます。バッグにラフに結ぶアレンジもよく見かけますが、スカーフを首元やベルト代わりに使うなど、身に着けるアレンジの特集も雑誌で見かけます。

スカーフを身に着けるとしたら、どれくらいアレンジできますか? 私はというと、よくスカーフを身に着けていた頃でさえ、いつも同じような巻き方しかしていなかったなと記憶しています。

以前、エルメス店舗内でスカーフアレンジのイベントが行われて、参加する機会がありました。そのときは、モデルさんたちが音楽に合わせて、次々といろいろなスカーフアレンジを華麗に披露してくれました。

たくさんのやり方があり、一度見ただけでは覚えきれなかったのですが、その中でとても簡単にできるものながら、これまで自分ではやったことなかった(!)アレンジをご紹介します。

■スカーフのアレンジをする前に、基本の折り方をマスターしよう

まず、スカーフアレンジのときによくある、基本の形をお伝えします。今回ご紹介するアレンジ2つとも、この基本形をもとに作っていきます。

使用したのはすべてエルメスのシルクスカーフで、サイズは定番の90cm四方です。では、さっそくやってみましょう!

まず、対角線の角2つをスカーフの中心で合わせる。

さらに上下を中央に向け2回折る。

最後にもう一度中央に合わせて折り、スカーフを帯状にする。

■スカーフの簡単アレンジ法2つ

基本の折り方でスカーフを帯状にしました。この形をもとに2つのアレンジ法をご紹介しますね。

とても簡単で1分もかかりません。マスターしておくと、シンプルなトップスを着て、「なんとなく胸元がさみしいかな?」とか「顔周りに華やかさがほしい」などと感じたときに、お手持ちのスカーフでさっとアレンジして首元に巻けば、印象がガラッと変わるはず。

帯状になったスカーフの長さの中央で片結びする。

さらに中央の両側に等間隔でそれぞれ片結びをする。

3つ結び目ができたら、スカーフを輪にして首にかけて、後ろで片結びして完成。

先ほどの基本の折り方でスカーフを帯状にする。

垂らした両側を交差させる。

交差したスカーフを2回ねじる。

ねじったら両端を持って、首の後ろで結んで完成。

■スカーフをヘアアクセにアレンジ

2つの簡単アレンジ、とても簡単なので、お手持ちのスカーフで試してみてくださいね。

ブルーのスカーフのアレンジを今回やっているうちに、私の持っているヘアバンドの形に似ているということに気づきました!

早速、別のスカーフで、ブルーのスカーフと同じようにアレンジしたものを頭に巻いてみました。

こんな感じで仕上がりました。スカーフのサイズは90cm四方のものがちょうど良いようです。

ブルーのスカーフのアレンジと同じですが、最初に頭の後ろにスカーフの輪の部分を当てて、両端を額あたりに持ってきて、2回ねじってから両端を元の頭の後ろに持っていき、結んでくださいね。

スカーフの色や柄で印象がずいぶん変わるだろうなと、試してみて思いました。カジュアルでもきれいめでも、コーディネートに合わせてスカーフの色・柄を選べば、仕上がりの印象も変わって楽しめると思います。

■バッグに着けたり、手首に巻いたり自由にアレンジ!

さて、昔はスカーフというと四角い形状のものがほとんどだったと思います。

ここ何年かは、細長いネクタイのようにも使えるような、タイ状のスカーフもよく見かけるようになりましたね。そちらの方が気軽に取り入れやすいと感じる方もいるかもしれませんね。

タイ状のスカーフは、バッグなどの持ち手に巻いたり、ラフに結んだりするアレンジによく使われていると思います。

実際にバッグに巻いて使っていた、私の手持ちのエルメスのタイ状のスカーフ「ツイリー」で、手首に巻いて結ぶという、簡単なアレンジをやってみました(エルメスの店舗でもらえるスカーフカタログで見かけたアレンジです)。

今回改めてスカーフを手に取り、いろいろアレンジをしたり、イメージを膨らませて頭の中でコーデ案を考えたり……とても楽しい時間でした。

スカーフは、人によっては非日常的なアイテムかもしれません。でも、休日やお出かけ時などに、いつもの服に1枚プラスするだけで、顔周りが華やかになったり、普段と印象が変わったりするのを実感できたら、自分の中での新たな発見になり、普段のおしゃれが楽しくなりそうですね。

それになんだか、ちょっと背筋が伸びるような軽い緊張感が、普段忘れがちな部分に良い刺激を与えてくれそうだな(笑)と思ったりもしました!

特別なおしゃれをする機会はそう多くないもの。スカーフを巻いてコーデもばっちり決めすぎにしてしまうのは、ちょっと違うかもしれませんね(笑)。

あくまでも「今の感じ」にさりげなくスカーフをプラスできたら素敵! 日常のおしゃれを無理なく、自分自身が楽しんでいることが一番大切なのではないでしょうか。

ときにはほんの少しの挑戦や変化を交えて、いくつになっても自分自身が錆びつかないように、自分なりの無理のないおしゃれを楽しみながら、年を重ねていきたいものです。

この記事のライター

emi

40代になり、好きなことをやろうと思い立ち、幼少期より好きだったファッションに携わるべく、パーソナルスタイリスト講座を受講開始。同時にブログ「若作りに見えない40代大人のおしゃれ服」をスタート。UNIQLOやしまむらを取り入...

関連する投稿


ジバンシィの新作バッグコレクション「インフィニティ」はチェーンモチーフが特徴

ジバンシィの新作バッグコレクション「インフィニティ」はチェーンモチーフが特徴

ジバンシィが、Fall2017コレクションにて、ユニークなチェーンモチーフを施したバッグ「インフィニティ」を発表。強さと女性らしさ、そして自由へのシンボリックなメッセージ、それらすべてが集約されたのが、インフィニティバッグコレクションです。


似合う色で自分も周りも幸せに - パーソナルカラー診断を受けてみた

似合う色で自分も周りも幸せに - パーソナルカラー診断を受けてみた

パーソナルカラー診断を生まれて初めて受けてみました。パーソナルカラーとは、自分に似合う色のこと。それは必ずしも、流行色や自分が好きな色ではないかもしれません。でも、自分を素敵に見せる色たちを知っておくと、一生使えます。


おしゃれ上手な人は"人生のドレスコード"を持っている【小野美由紀】

おしゃれ上手な人は"人生のドレスコード"を持っている【小野美由紀】

おしゃれな人って、その人とその服が寄り添い合うかのように、お互いの素敵な部分を引き出している。つい最近まで”ファッション難民”だったという小野美由紀さんは、そんなおしゃれ上手の女性に出会うことで、そこから脱出した。連載【オンナの抜け道】#6では、小野さんが気づいた、おしゃれ上手な人に共通する考え方について紹介。


休日のご近所ファッションこそおしゃれの冒険を

休日のご近所ファッションこそおしゃれの冒険を

休日のおしゃれは、誰にも会わないからこれくらいで、とついつい手を抜きがち。いつも気合を入れてばかりいては疲れるけれど、誰にも会う予定のない休日だからこそできる冒険コーデもあります。ときにはちょっと作り込んだスタイルで、近場を散歩してみませんか?


夫婦円満にはピンクが効く? まずは小物でさらっと取り入れる

夫婦円満にはピンクが効く? まずは小物でさらっと取り入れる

皆さん、ピンクの服や小物、ファッションに取り入れていますか? 大人になればなるほど、ちょっと気恥ずかしい……なんて思わないで。しばらくピンクがご無沙汰だった人、ピンクに苦手意識を持っている人は、まずはピンクの小物からお試しを。カジュアルにもスタイリッシュなコーデにもピンクを粋に取り入れる方法をご紹介します。


最新の投稿


上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

ニールズヤードから、質の良い睡眠をサポートするためのグッドナイト ピローミストが8月1日に新登場。マンダリンの甘いシトラスの香りが穏やかな気持ちにさせ、ラベンダーやカモミールのハーバルな香りが心身にリラックス感を与える製品です。


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。