ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケットはまず外観から日本のそれとは全く違い、景観に完璧に溶け込むほどのさりげなさ。また、営業時間が長くなり、コンビニのないイタリアにおいて利用者も増加しているそうです。今回のミラノ通信では、ミラノのスーパーマーケット事情をお伝えします。


■個人商店が強い一方でスーパーマーケットも進化。日曜日も営業するように

ミラノではこの数年、スーパーマーケットが進化しています。
日曜日になるとどこも閉まってしまうので買い出しは土曜までに、というのはひと昔前のこと、今では日曜も営業するようになりました。

営業時間も平日は21〜22時までと遅くまで開いていて、格段の進歩。
イタリアにはコンビニというものが存在しないので、買い物はメルカートか肉屋魚屋、八百屋やパン屋などの個人商店、そしてスーパーマーケットなのですが、もともとコミュニケーション重視のイタリア人は個人商店を贔屓にしていました。最近ではスーパーの営業時間や形態の変化で、スーパーの数、利用者の数ともに増えています。

2015年のミラノ万博で中心地には高層ビルが立ち並び、そのシンボルと言えるタワービルの地下に大型スーパーマーケットがオープン。街なかにもスーパーが増えてきました。パラッツォ(邸宅)は人の住むのは2階から、1階はカンティーナと呼ばれる物置きだったり、商業地域では店舗やオフィスなどが入ります。

ここに店舗を構えるスーパーマーケットも、ぱっと見にはスーパーに見えないくらいのさりげなさ。マクドナルドがイタリアに進出した時にも、街の景観を損ねないよう、黄色と赤のシンボルカラーを変えることを条件にした地域もあるくらい。美意識にはこだわりがあるのです。

再開発地域に建つ高層ビル、地下には巨大スーパーマーケットがオープン

街角のスーパーマーケット、景観を損ねないエントランス

■野菜や果物はエコで無駄のない量り売り

日本のスーパーとの違いというと、まず野菜や果物はメルカートと同じキロ表示されています。こちらでは、セルフで自分の好きなだけの分量を量り売りするシステムです。
まずはビニール手袋を装着して、品物を入れるビニールを購入する種類の枚数だけ取ります。

野菜果物コーナーには、手袋とビニール袋が数カ所に設置されている

レモンを5個入れて、専用の秤へ。品物ごとの番号を押して、あるいは果物か野菜かの表示から次に進んでレモンの写真のボタンを押すと、グラム数と価格が印刷されて出てくるので、袋に貼り付けて買い物カゴへ。このシステムは必要な分量だけ買えるので無駄がありません。

また、パックに使われるプラスティックトレイの無駄もなく、環境に優しいシステムと言えます。パイナップル、スイカなどの大物は、袋にも入れずに直接シールを貼り付ける場合がほとんど。

余談ですが、イタリアでは、高級レストラン、カジュアルなレストランに関わらず、生のパイナップルをデザートメニューに載せているところが多いのが謎でしたが、食後の消化を助けるからとのこと。食後酒も、Digestivo(ディジェスティーボ)といって消化促進のために飲むのだそうです。

食欲増進のためのアペリティーボに始まり、食後にはディジェスティーボ、イタリアの食事は理にかなっていますね。

野菜や果物は好きなだけの量り売りシステム

■ハムはもちろん、切りたてで。チーズ・ワインはさすがの品揃え

ハム類はいつでも切りたてを提供。大型店でなくても、ハム類は多くの種類を揃えたコーナーがあり、担当者が常駐して大きなスライサーで好みの厚さに切ってくれます。塊からカットしたばかりのProsciutto crudo(生ハム)、Prosciutto cotto(加熱したハム)の風味は格別です。

生ハムだけでも産地(パルマ、サンダニエレ、トスカーナなど)、熟成期間の違うものを2〜3種類ずつ揃えているほか、牛肉のハム、ブレザオラや豚のベーコン、パンチェッタなども塊から切り分けてくれます。

ハム類はいつも切りたてを

このコーナーにはチーズも取り揃えていて、フォンティーナ、トーマ、ゴルゴンゾーラなど北部のもの以外にも中部のパルミジャーノやペコリーノ、南のモッツアレラやブッラータなどイタリア中のチーズがずらりと並び、イタリアの食に欠かせないチーズの存在を改めて認識します。もちろん、ワインもこの通り、各州のものがずらりと勢揃いしています。

イタリア全州のバラエティに富んだチーズも勢揃い

中規模スーパーでも、ワインの品揃えはこの通り、圧巻

■ヘルシー志向の高まり? BIO製品や寿司も

また、最近ではカフェテリア併設のスーパー、BIO製品を中心に揃えたスーパーも増えてきました。ちょっとしたスペースでカフェや搾りたてフレッシュジュースを飲みながら寛ぐ姿もちらほら見られます。
この手のスーパーでは、カフェテリアコーナーの近くに量り売りお惣菜コーナーがあり、その場で購入したものを食べることができます。
ヘルシー志向の高まりか、寿司パックも多くのスーパーで扱われるようになりました。

カフェテリア併設、軽い食事もできる

セルフで搾りたてオレンジジュースを。バールよりもお手軽価格

好きなものを好きなだけ量り売りのお惣菜

寿司パックも多くのスーパーで見られるように

■共働き家庭の多いミラノでは、お惣菜パックが充実

出来合いのお惣菜も、数少ないガストロノミア(高級食料品店)にしかなかったものが、街のスーパーにも一人用のゆで野菜やサラダなどが用意されています。

大型スーパーでは、ローストチキンやポテト、野菜のグリル、テリーヌにサラダなどさまざまなお惣菜パックが並び、そのまま持ち寄りパーティーができそうな充実ぶりです。

大型スーパーの一人用パックコーナー

食材に恵まれているイタリア、マンマがすべて手作りしたものを食べるというのは、今や実家に帰省した時だけ、と語るミラネーゼ。

ミラノは共働きが多いので、冷凍食品や出来合いのものを上手に取り入れながらの家庭料理がメイン、便利になったスーパーは強い味方です。(スローフード協会の運営するスーパー、EATALYでは、買い物中に携帯電話を充電するシステムまで完備)

■おおらかなイタリアらしさ。大型スーパーではセルフ会計も

メルカートや個人商店が廃れることはないけれど、使い勝手の良くなったスーパーはこれから需要が増えそうです。

おまけに、大型スーパーでは、セルフ会計コーナーも併設。購入するもののバーコードを読み取り、購入袋に入れていくシステム。ズルする人はいないのだろうか、と思うのですが、抜き打ちで出口でのチェックもあるようで、レシート内容と品物が合っていると褒められるそうです。

そういえば、イタリアの文化であるバールも自己申告システム。カウンターで飲んだり食べたりしたものを、食後に会計で伝えて支払いするところが殆どです。
こんなところも、おおらかでイタリアらしいところなのでしょうね。

野菜の量り売り、無駄のないシステム

イタリアといえば、パスタ! かなりのメーカーからかなりの種類のパスタが

Terre d'italiaという、イタリアの州ごとの生産者からきちんと作られた産物を揃えたシリーズ。オリーブオイルからジャム、パスタ、クッキー、蜂蜜など多岐に渡る品揃え

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連するキーワード


海外旅行 イタリア

関連する投稿


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・後編をお届けします。ホテル「ル メリディアン イルデパン」や「Sheraton Deva」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅の後半は――。


【母だってひとり旅#2】あなたをプリンセス気分にしてくれる南スペインの古城ホテル

【母だってひとり旅#2】あなたをプリンセス気分にしてくれる南スペインの古城ホテル

お母さんのひとり旅を応援する「母だってひとり旅」。ここでは、大のひとり旅好きの著者が、女性のひとり旅におすすめの場所をご紹介していきます。今回紹介するのは、南スペインにある古城ホテル。小高い丘の上に立つ、海を一望できるお城のホテルで、誰の目も気にせずお姫様気分を味わってみませんか?


ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

初夏を感じるイタリアの5月。ミラノでは恒例のフラワーフェステバルが開催されます。花々や植木、ガーデニング用品だけでなく、レストランや美容イベントまで開催されるこのイベントは今年もたくさんの人で賑わいを見せました。ミラノ在住の河見恵子さんがレポートします。


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・前編をお届けします。ホテル「ル メリディアン ヌメア」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅へ――。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


最新の投稿


高たんぱく低糖質食材「たまご」を主役おかずにするレシピ

高たんぱく低糖質食材「たまご」を主役おかずにするレシピ

たまごを主役のおかずにするレシピを3つ紹介します。高たんぱく低糖質のたまごは栄養満点で、他の食品にも合わせやすい万能選手です。


もっとビールを楽しもう! クラフトビールの世界

もっとビールを楽しもう! クラフトビールの世界

最近よく耳にする「クラフトビール」。専門店も増えてきています。「クラフトビール」とはどんなビールなのか? どんな味がするのか? 「クラフトビール」のビールの魅力をご紹介します。


固い、太いふくらはぎをやわらかく、細く - 私が夜な夜なやっている脚メンテ

固い、太いふくらはぎをやわらかく、細く - 私が夜な夜なやっている脚メンテ

あなたのふくらはぎ、「固い」「太い」状態になっていませんか? 美脚の持ち主に共通するのは、「ふくらはぎがやわらかいこと」。しかも、弾力を感じられるやわらかさが特徴。その日の疲れはその日のうちに取り、適度な運動を取り入れることが美脚への近道。私が日々やっているマッサージをご紹介します。


What a Tart! × AMAZING COFFEE のコラボレーションが5/27よりスタート。

What a Tart! × AMAZING COFFEE のコラボレーションが5/27よりスタート。

日本初のセイボリータルト店「What a Tart!」を表参道で運営する株式会社ブライダルプロデュースが、「AMAZING COFFEE」とコラボレーション販売を2017年5月27日(土)~6月11日(日)に行います。


忙しくてもお金を増やしたい! 債券投資のメリットをお伝えします

忙しくてもお金を増やしたい! 債券投資のメリットをお伝えします

今回は債券投資のメリットをお伝えします。投資を始めてみようと考えている人は、株式や投資信託のほかに、債券投資も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。