1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 恋人を条件で選ぶのをやめる。本音でぶつかる恋愛のすすめ

恋人を条件で選ぶのをやめる。本音でぶつかる恋愛のすすめ

Share

つい「条件」で恋人選びをしてしまう人へ。それで本当に心から好きだと思える相手と出会えるでしょうか。長いパートナーシップを築いていけるでしょうか。そろそろ自分の「本音」を大事にする恋人選びを始めませんか?

恋人を条件で選ぶのをやめる。本音でぶつかる恋愛のすすめ

大人になれば、恋愛だって経験値がある。でも、その経験値が邪魔をして、ついつい条件で恋人選びをしてしまいがち。そんな条件選びの恋愛よりも、そろそろ本音で選ぶ恋人選びを始めませんか?

本当の本音で恋、してる?

1.条件で恋人を選んでも幸せになれない

恋人選びにあまりにたくさん条件をつけると、あなたの幸せは逆に遠のいていきます。「背が高くて、お金持ちで、誠実で、優しくて、次男でetc.」

もちろん、たくさんの条件を満たす相手はいるかもしれません。でも、すべての条件を完璧に満たす人以外はノーだとしたら、あなたは大きな何かを取り逃がしているかも。

人間は条件の積み重ねではなく、心と生き様の積み重ねです。理想の恋人の条件がたくさんあるということは、人ではなく条件に恋をしているようなもの。それは果たして幸せなことなのでしょうか?

それに、そもそもあなたが本当に望む恋愛とは、一緒にいるだけで心の深い部分から幸せを感じ、お互いの人生がより豊かに満たされていくような恋愛であるはず。

そういう恋愛を望むなら、条件を箇条書きにしてチェックリストを作るより、一杯のカフェオレで自分の気持ちをリラックスさせてから、自分が望む人生や結婚、恋愛観そのものを見直すほうが大切です。

2.「理想の恋人の条件」を箇条書きにする落とし穴

恋愛セミナーや結婚相談などでは「あなたが望む相手の条件を細かく箇条書きにしましょう」と言われることがよくあります。

これは、願望を具体的にすることで、理想の相手像をより明確にするために効果的だから、という理由で勧められることが多いかと思いますが、実はここには落とし穴もあります。

確かに理想の相手の条件を書き出すことは、恋人選びに有効かもしれません。でも、そこで書き出しているのが「表面的な条件」にとどまってしまっていては、あなたが本当に望む相手にたどり着かないのです。

だって、背が高いとか、年収がいくらとか、どういう性格でとか、そんな表面的な条件をたくさん並べ立てることはできても、それを満たす相手に出会ったとき、本当にあなたの心や魂が震えることがあるのでしょうか。

それに、書き出した条件にばかりこだわって、それに合わない人には関心が向かないとなると、自分でもまだ気づいていない重要な条件に当てはまる最高のパートナーとすれ違ってしまうことだってあります。

そう考えると、表面的な理想の条件を安易に箇条書きにすることは、同時に落とし穴も掘ってしまうことになるのです。

本当に大切なこと、忘れてない?

3.大切なのは理屈を超えた心のサイン

恋愛でも友人でも、自分の人生に大きく関わる相手との関係には、言葉にできない深い信頼や表現できない心のつながりがあるはずです。

例えば、自分の両親やきょうだいをどんなに言葉で表現しようとしても、あなたが感じている感謝の気持ちや家族の絆までも完全に表現するなんてきっとできない。

それくらい、私たちが大切な相手との間に持つ感情や気持ちは繊細かつ言葉を超えたものです。それを箇条書き=言葉で表すという時点で、あなたが本当に望む相手のたくさんの魅力を表現することはできないのです。

それよりも大切なのは、条件ではなく、出会った瞬間やふとした場面で心に起こる動き。気持ちの動きや胸の高鳴りなど、条件や理屈を超えたところで「勝手に心が反応してしまう」ような心のざわめきを感じたら、それこそが本当に選ぶべき相手を示すサインです。

そこには頭で考えたいくつもの条件にはまったく合わないけれど、どうしても心惹かれてしまう何かがあります。もしその何かを感じたなら、勇気を出して確かめてみましょう。きっと素敵な出来事があなたを待っています。

4.理想を書くなら、どんな気持ちになりたいかを書く

もし理想を書き出すのなら、相手に求める条件ではなく、あなたが味わいたい気持ちや感情、本音で思っていることを挙げてみましょう。

求める条件を書き出すだけでは、求める恋愛になってしまいます。でも、なりたい気持ちを書き出すのなら、与える恋愛、与え合う恋愛も自然とイメージできます。こうしてほしい、ああしてほしいと求めるだけの恋愛よりも、お互いに与え合い、愛し合う恋愛のほうがどれほど深い幸せを味わえるでしょうか。

一緒に暮らしているとか、しばらくはそれぞれのマンションがあるとか、簡単な状況設定は考えるとしても、あなたは最高の彼と恋人同士になって、どんな気持ちを味わっていますか?

安心感? 満足感? なんとも言えないうきうきした感じ? ドキドキするようなときめき? 他にも深い部分で通じ合っているつながり感とか、懐かしい感じとか、気を使わない存在感とか、あなただけがわかる感覚でも構いません。あなたの本音、味わいたい気持ちや感情、感覚をどんどん書き出してみましょう。

そして、最も大切なことは、その気持ちや感情を「今」味わうことです。たとえ「今」、隣にその相手がいなくても。

心を込めて想像した幸せは、必ず現実になるから。

5.本音で通じ合える恋人との関係は最高の宝物

仕事をしたり何らかのコミュニティで活動したりしていれば、知り合いや仲間も増え、中には親友といえるほど仲良くなれる相手もできることでしょう。

しかし、そういう存在を含めても、あなたが本音をすべてさらけ出して付き合える相手はいったい何人いるでしょうか。

逆に、本当に本当の本音、自分の腹黒さも情けなさもすべてをさらけ出して付き合える相手がいたら、その関係は人生の宝物と言っても過言ではありません。

人の間を生きる私たち人間にとって、他人との関わりは人生を大きく左右する大切な要素であり、さらに恋愛となれば心も体も委ね合う深い関係です。そういう関係に、表面的な条件での相手選びを持ち込んだら、寄ってくるのはやはり表面的なことしか考えていない相手だけ。

人間は、自分の本当に本当の本音で通じ合えたとき、心の底からの喜びや嬉しさ、安堵感を感じるものです。そういう相手と常に一緒にいられるなら、あなたの恋愛は最高の幸せに包まれることでしょう。

6.条件で恋人を選ぶのをやめる。傷ついたって本音で勝負

本音を言って変に思われたらどうしようとか、本音を言って受け入れてもらえなかったらどうしようとか、そういう怖さが先に立って、なかなか本音で生きられずにいる人も確かにいます。

でも、最高の恋愛をして、最高の人生を楽しみたいなら、自分をごまかす生き方や考え方のままでは通用しません。それに、たとえ傷ついたとしても、自分をごまかさずにありのままの本音で生きることができたら、どれほど心が軽く、気持ちも楽で、素晴らしいことでしょうか。

うまく言えなかった本音を、否定することなく大きくうなずきながら受け入れてくれる相手。そういう相手こそ、あなたが本当にずっと一緒にいたい最高のパートナーではありませんか?

ダイヤモンドも、原石のままでは光を放ちません。研磨=形が変わるくらいに削ることで、あの輝きを放つのです。

大丈夫、あなたは強くなれるから。

あなたの本音も、傷ついたって大丈夫。それがかえって人生の深みとなり、あなたの魅力を力強く増す助けとなるのです。そして、その魅力が、本音で生きるあなたに最高の相手を連れてくることでしょう。

恋人選びは、傷ついたって、本音で勝負。さあ、条件を箇条書きにした紙はシュレッダーでさよならして、本音で恋愛していきましょう!

Share

安 憲二郎

ことばデザイナー/映像作家/コミュニケーションコンサルタント。21回の転職、40の職種を経験したのちに独立。キャッチコピーやコラム執筆、映像制作、コミュニケーション講師やプロモーション企画などのほか、Ameblo「自分に気付...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article