1. DRESS [ドレス]トップ
  2. トラベル
  3. 【裏ワザ集】家族旅行の荷物準備と整理をとことん楽にする

【裏ワザ集】家族旅行の荷物準備と整理をとことん楽にする

Share

家族旅行は楽しいイベントだけど、家族の人数分だけ荷物の準備や片づけが大変。準備・管理に主婦は疲労困憊しがち。それが憂鬱で家族旅行が億劫、という意見はまわりでもよく聞く。それをシステマチックに整えるために私が実践してきた方法をご紹介。

【裏ワザ集】家族旅行の荷物準備と整理をとことん楽にする

■家族旅行を楽しみたいなら、荷物の準備がキモ!?

近場への一泊旅行から、実家への帰省、ちょっと連泊する遠めの国内の旅行まで。特に子どもが幼い頃の家族旅行は、親子共々忘れられない貴重なもの。

でも、出発前の荷物の準備に始まって、帰ってきてからの荷物の整理や洗濯。それが負担になって億劫と感じる、という声はまわりの友人からもよく聞く。かくいう私もそんな一人だった。

まず、旅行鞄を出してくるところから勝敗は決まる、と言っても過言ではない。丈夫さを追求している旅行鞄には、重くてかさばるものが多い。

飛行機に乗る海外旅行は別として、車での移動や電車での移動の場合は、固くてゴツめなスーツケースやキャリーケースよりも、柔らかい革やナイロン素材のカバンが実は扱いやすく便利。

家族旅行用の鞄は「エルベ・シャプリエ」を「色別」で持つ

色とりどりのエルベのバッグ。大きさも特大・大・中・小・極小とさまざま。

子どもたちが赤ちゃんだった頃、マザーズバッグとして利用していたフランスのバッグブランド、エルベ・シャプリエ。これが水に濡れても問題なく、とても丈夫。汚れもサッと拭き取れて気にならない。

鞄自体は軽く、折りたためてコンパクトに収納できる。色がカラフルで何十色もある。形と大きさのバリエーションが多い。これらの条件は旅行鞄に求められるものをすべて満たしている。

色と形のバリエーションが多い、というところに目をつけた私は、大中小の大きさをそれぞれ家族の人数分、大4個、中4個、小4個と一気に揃えた。

そして、丈夫なパラシュート素材でできたポーチも 少しずつ買い足して増やしてきた。

何といっても小さくたためてかさばらないため、収納に困らないところが一番気に入っている。4つ折り、もしくは6つ折りにして、無印良品の半透明なファイルケースに、サイズ別に収納。クローゼットの上棚に並べている。

家族旅行用の鞄を色別にするメリット

こんな感じでかなりコンパクトに畳んで、無印良品のファイルボックスに収納。

クローゼットの上棚にずらっと並べている。
半透明なので どこに何が入っているかもわかりやすい。

私の収納のポリシー「(出すのも)ワンアクション&(しまうのも)ワンアクション」をここでも貫いている。

旅行前日になると、コンパクトにたたんで小さく収納されていたエルベのバッグを出して広げ、廊下に4つ並べて置く。 

ブルーは長男、ピンクは娘、辛子色は私、グリーンは夫、と色を周知徹底しているため、家族はそれぞれその中に、自分の衣類や洗面用具や本や勉強道具(試験が近い人)などをどんどん入れていく。

こうすると、旅行の用意をぐずぐずしてさぼっている人は一目でわかる。バッグが空っぽだからだ。

「早く用意しなさい」と声をかけつつ、最後にざっと中身をチェックし、家族が明らかに忘れ物をしていないかを確認するのが私の役目。

子どもたちが中学生になった頃から、荷物準備は原則自己責任にしているが、行った先でスマホの充電器や下着を忘れたなど、うっかりに気づくのは避けたいもの。

旅先で、「だから忘れ物しないようにとあれほど言ったのに!」なんて、怒りたくもないし、子どもたちも怒られたくないだろう。

せっかくの旅行で嫌な思いをしないために、最終的には私が荷物のマネジメントをしているといった具合。

家族共用の細かい荷物は色別ポーチに

一度使い始めるとその便利さと丈夫さに虜になるエルベのポーチ。

日本だとあまり売られていないのが残念。
パリに行ったときに真っ先に行ったのがエルベのショップ。パリにはたくさんありました。

家族旅行で忘れてはいけないものといえば、薬・救急用品、日焼け止め、虫よけ、冬ならカイロあたりだろう。意外と必要になる爪切りや毛抜きなども、緊急時にサッと取り出せるよう、目立つ赤のポーチに入れておく。

その他、靴下や下着など、迷子になりそうな細かい衣類も、人別(色別)にポーチに収納。家族全員が各自で、自分の色のポーチに下着を入れて用意してくれるようになった。

家族連れの旅行には必需な薬類。

これも「飲む系・緊急系」と「その他塗ったり貼ったり系」と2つの赤いポーチに区分けして。
いつも旅行鞄と一緒に収納してあるので準備も楽。

この赤いポーチに薬類が入っているのを家族は知っているので、旅先でもみんな自分で必要なものを必要なときに取り出している。

薬系を収納したポーチは帰宅後、中身をチェックして、なくなりそうなものは補充しておく。このひと手間で次の旅行準備は驚くほど楽に。そのままポンと入れればいいのだから。

最小トートにはコード類とコスメ類を

さらに近年、デジカメだ、スマホだ、タブレットだ、iPod……と、充電器も多種多様に。これらの4人分の充電器・コード類たるや膨大な量。

泊まった宿泊先の部屋のコンセントの少なさに閉口した経験から、延長コード、コンセントの口が6個の電源タップの類は必需品になった。

もう小さなポーチに収まらず、このトートバッグにまとめて収納することにした。この充電器・ケーブル系を一つのカバンにまとめるのは大正解!

到着した際に真っ先に取り出したいし、ホテルや旅館を後にするときや最後まで使っていることも多い。引っこ抜いてまとめて入れるので忘れることもない。管理も楽だ。

バラバラに所持すると忘れがちな充電ケーブル類。

スマホにデジカメ、iPod、タブレット、ポケットWi-Fi、etc.家族の人数分となるとかなりの量。

ひとまとめにしてトートバッグに入れることで管理が楽に。
さらに、古い旅館だと圧倒的にコンセントが足りないので、延長コード&複数口の電源タップがあると便利。

コンセント争奪戦が起きないので心穏やかな旅行となる(笑)。

女性はとにかく洗面用具&コスメ類が多く複雑。

ポーチに小分け収納したものを、このヒョウ柄のトートバッグにひとまとめに。

そのまま洗面室や大浴場に持っていけるし、メイクの時の自然光を求めて部屋内での移動も楽。

旅行先のホテルでゆっくりお手入れしたいんですよ……母は(笑)。

■家族旅行の荷物をシステマチックに分ける理由

たった一〜二泊のたかだか家族旅行に、荷物をそこまでシステマティックに分けるのに、一体何の意味があるのか、と思われるかもしれない。

が、実は家族旅行や帰省が大好きな我が家。スキーだ温泉だ海水浴だと毎月のように出かけていたところ、行った先で「あれがない、これがない」「充電器何処だ」「日焼け止めどこだ」「薬は?」「俺の靴下は?」と家族全員の荷物の番人としての重役を担った自分が、ちっとも旅行を楽しめない! という事態に陥ったからである。

そこで、この鞄とポーチの色分けシステムを試したところ、これが大正解だったのだ。至極快適。

「薬は赤いポーチに入っている」
「充電関係はいつものあの緑のトートバックに入っている」
「俺の靴下はブルーのカバンに入っているはずだな」

と、家族全員が荷物のありかを色で把握・認識しているため、いちいち私に聞かずとも自分で探してくれるようになった。

旅行先から帰途に就くときも、元通りの色の鞄にサッと入れてくれるように。

荷物を車に積んだ後も、「あ、あれ取り出したい」と言ったときに、すぐにお目当ての色の鞄に手を伸ばす。鮮やかな色の鞄なので、夜暗いところにいても、すぐに見つけられるのだ。

ミニトート3きょうだい。
旅行時の自分の手持ちカバンも お揃いの大きさのカモフラージュ柄のトートで。
ポイポイ上から何でも入れられ、安定性があり、自立する。
柔らかく軽いので車の中でも膝の上に置いておきやすい。
汚れも気にしなくていいため、海でもキャンプでも活躍。

■空の鞄を「汚れもの収納用」にすると楽

私はさらに、一番大きいエルベのトートバッグを、空の状態で折りたたんで旅行に持っていくことにしている。

これは大きな意味がある。「汚れもの鞄」の役目を果たすのである。

毎日出る旅行先での洗濯物を、都度この中に入れていきましょう、という決まりにしている。これも鞄の色を決めているので、何も言わずとも家族は皆汚れ物をその中にどんどん入れてくれる。

こうしておくと、旅行先で着なかったきれいな洋服と着用した汚れものが混じり、帰宅後に全部洗うはめになるのを避けることができる。

念のため、と予備で持っていったそれぞれの下着やTシャツなど、ポーチから出すこともなかった衣類は、そのままクローゼットへ逆戻り。

家に帰ったらまず、この「洗濯すべき汚れものしか入っていない鞄」の中身を丸ごと洗濯機に入れて回すことから始める。仕訳という作業がないのでとても楽なのだ。

■最小限の荷物準備と後片づけで、家族旅行の楽しい思い出作りを

子どもも大きくなり、全員揃っての旅行の機会は徐々に減ってきた。それでも旅行は楽しみなイベント。

忙しい暮らしの中でリフレッシュするはずの旅行が、却って主婦に重労働をプラスするようなことがあっては残念だ。

「洗濯機と乾燥機が備え付けてあるか、が旅先のホテル選びの絶対条件だ」という友人も。帰ってきたときに洗濯物が少なくて楽だから、という理由だ。

自分に合った方法を試行錯誤・工夫して、最小限の手間で、主婦も家族も楽しめる旅行をしたいものですね。

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article