SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


SNS(Twitter)を見ていると、会ったことがない人なのになんとなく、元から知っているような気になってくる。

何気ないつぶやきばかりでも、見ている側に情報が蓄積されていく。塵も積もれば山となるというやつだ。いつの間にかその人のパーソナリティが自分の中にできあがっている。

この人はタレントの○○さんが好きなんだな、好きな食べ物は○○なんだな、など些細なものから、私などは性格があまりよろしくないので、

「この人は人の悪口ばかりつぶやいてるな、ちゃんと『人のふり見てわがふり直せ』ができているのかな」とか「やたらとモテるアピールしているけれど、誰得なんだろうな」などと頭の端っこでぼんやり思うこともある。

■SNSで「若く見られて怒っている」女の心理

たまに「見られていることを意識しろ。他人が不快になるようなことを投稿するな」という発言を目にする。

Twitterなどは見るも見ないも自由、どちらかという人のつぶやきをわざわざ「見にいっている」のだから、そんな非難もナンセンスだなあ、という気がする(もちろん、常識の範囲内のマナーやモラルは守るべきだが)。

それでもやっぱり、人間だから、眺めていてモヤッとする発言というのはある。私の場合、「若い女の子と間違えられて憤っている」というのを見ると非常にモヤる。

スーパーやコンビニなどでお酒を買うと年齢確認をされる場合がある。

私自身もコンビニで働いていたことがあったので、若干この人微妙だな……というときは確認するようにしていた。主観で申し訳ないが、確認する相手は女性が多かった気がする。

それはおそらくメイクのせいで、若い子でもメイクで大人っぽく見えるし、20代~30代ぐらいの女性がすっぴんで来たりすると「んん?」と混乱する。

それぐらいの年齢の女性は外に出るときにメイクをしていて当然、という考え方も偏っているのだろうけど。

なので、顔見知りの女性が「若く見られて怒っている」のをSNSで見かけると、勝手ながら「それってあなたが適当な格好をして出かけたからでは?」と思ってしまう。

そもそも、若く見られたことに憤り、投稿するのは何のためなんだろう? それも何度も。

「でも実際に若く見えるからねー」とか「いつまでも間違えられるのうらやましい」と言われるのを期待しているのだろうか。

■「こう見られたい」下心が透けて見えるとモヤッとする

SNSは人から見られている意識があるから、それなりに投稿内容にも注意を払う。

注意しすぎて、「どう見られたいか」という下心があからさまに透けて見える場合もある。でも、自己演出ってそれぐらい過剰でもいいのかな、と思わなくもない。

それなら何が見る者をモヤッとさせるのかというと、投稿している本人のスタンスなのではないだろうか。

たとえば、あざとい投稿を目にしたとする。その投稿者のスタンスが「私、あざといですけど何か?」「あざといってなぁに? 私そういうのわかんなぁい!」のどちらかだとすると、私は断然前者のほうに好感を持つ。

「若く見られたことに怒っている」投稿は、「私は若く見られたい、なんて思っていないのに、どうしたってそう見えるみたい。困っちゃうな」という心理があからさますぎるからモヤッとするのだろう。

■「いい女に見せたい」心理が、結果「いびつな女」を生む

SNS上で演じる、というのは実はリアルな世界より難しい気がする。

リアルな世界では、聞き流していた言葉でもSNSになれば、文字として捉えることができて、記憶にも残りやすい。自覚しているよりもはるかに、自分の心をネットでさらけ出しているのだ。

そのことに気づかなければ、いつまで経っても「いい女になりたくてもなれない、つまらない女だということを隠して気取っている女」のままだ。

それならいっそ、「私、つまらない女なんですけど、いい女になりたいんです」と開き直ったほうが、本当にいい女になれそうだ。

とはいえ、ちょっとミステリアスなほうが魅力的に見える、なんて言われることもある。本物のいい女は、SNSなんてやっていないのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


SNS コミュニケーション

関連する投稿


あなたは、話しかけやすい人ですか? 生産性を上げるために大切なこと

あなたは、話しかけやすい人ですか? 生産性を上げるために大切なこと

仕事やプライベートなどさまざまなシーンで生まれるコミュニケーションによる悩み。あなたも一度は悩んだことがあるはず。今回はそんなコミュニケ―ションの問題をものともしない「話しやすい人」とは一体どのような人なのか、考えてみたいと思います。


男心チェックリスト! 彼の気持ちを確かめる5つの方法

男心チェックリスト! 彼の気持ちを確かめる5つの方法

今回は男性の心理を把握したうえで、彼の気持ちを確かめる方法を5つご紹介します。お付き合いしている男性が「自分のことを本当に大切に思っているのだろうか?」と、考えたことがある人は多いかもしれません。もし彼との関係に不安があるならば、こちらのチェックリストを試してみてくださいね。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。