SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


SNS(Twitter)を見ていると、会ったことがない人なのになんとなく、元から知っているような気になってくる。

何気ないつぶやきばかりでも、見ている側に情報が蓄積されていく。塵も積もれば山となるというやつだ。いつの間にかその人のパーソナリティが自分の中にできあがっている。

この人はタレントの○○さんが好きなんだな、好きな食べ物は○○なんだな、など些細なものから、私などは性格があまりよろしくないので、

「この人は人の悪口ばかりつぶやいてるな、ちゃんと『人のふり見てわがふり直せ』ができているのかな」とか「やたらとモテるアピールしているけれど、誰得なんだろうな」などと頭の端っこでぼんやり思うこともある。

■SNSで「若く見られて怒っている」女の心理

たまに「見られていることを意識しろ。他人が不快になるようなことを投稿するな」という発言を目にする。

Twitterなどは見るも見ないも自由、どちらかという人のつぶやきをわざわざ「見にいっている」のだから、そんな非難もナンセンスだなあ、という気がする(もちろん、常識の範囲内のマナーやモラルは守るべきだが)。

それでもやっぱり、人間だから、眺めていてモヤッとする発言というのはある。私の場合、「若い女の子と間違えられて憤っている」というのを見ると非常にモヤる。

スーパーやコンビニなどでお酒を買うと年齢確認をされる場合がある。

私自身もコンビニで働いていたことがあったので、若干この人微妙だな……というときは確認するようにしていた。主観で申し訳ないが、確認する相手は女性が多かった気がする。

それはおそらくメイクのせいで、若い子でもメイクで大人っぽく見えるし、20代~30代ぐらいの女性がすっぴんで来たりすると「んん?」と混乱する。

それぐらいの年齢の女性は外に出るときにメイクをしていて当然、という考え方も偏っているのだろうけど。

なので、顔見知りの女性が「若く見られて怒っている」のをSNSで見かけると、勝手ながら「それってあなたが適当な格好をして出かけたからでは?」と思ってしまう。

そもそも、若く見られたことに憤り、投稿するのは何のためなんだろう? それも何度も。

「でも実際に若く見えるからねー」とか「いつまでも間違えられるのうらやましい」と言われるのを期待しているのだろうか。

■「こう見られたい」下心が透けて見えるとモヤッとする

SNSは人から見られている意識があるから、それなりに投稿内容にも注意を払う。

注意しすぎて、「どう見られたいか」という下心があからさまに透けて見える場合もある。でも、自己演出ってそれぐらい過剰でもいいのかな、と思わなくもない。

それなら何が見る者をモヤッとさせるのかというと、投稿している本人のスタンスなのではないだろうか。

たとえば、あざとい投稿を目にしたとする。その投稿者のスタンスが「私、あざといですけど何か?」「あざといってなぁに? 私そういうのわかんなぁい!」のどちらかだとすると、私は断然前者のほうに好感を持つ。

「若く見られたことに怒っている」投稿は、「私は若く見られたい、なんて思っていないのに、どうしたってそう見えるみたい。困っちゃうな」という心理があからさますぎるからモヤッとするのだろう。

■「いい女に見せたい」心理が、結果「いびつな女」を生む

SNS上で演じる、というのは実はリアルな世界より難しい気がする。

リアルな世界では、聞き流していた言葉でもSNSになれば、文字として捉えることができて、記憶にも残りやすい。自覚しているよりもはるかに、自分の心をネットでさらけ出しているのだ。

そのことに気づかなければ、いつまで経っても「いい女になりたくてもなれない、つまらない女だということを隠して気取っている女」のままだ。

それならいっそ、「私、つまらない女なんですけど、いい女になりたいんです」と開き直ったほうが、本当にいい女になれそうだ。

とはいえ、ちょっとミステリアスなほうが魅力的に見える、なんて言われることもある。本物のいい女は、SNSなんてやっていないのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


SNS コミュニケーション

関連する投稿


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


彼に会いたい気持ちを上手に伝える方法とは?

彼に会いたい気持ちを上手に伝える方法とは?

「彼に会いたい」と思っていても、「ウザい」「重い」と思われたらどうしよう……そう考えると、なかなか言い出すことは難しいですよね。そこで、彼女から「会いたい」と言われたときの男性心理を解説! 上手に「会いたい」と伝える方法と、彼があなたに会いたいと思わせる方法をご紹介します。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活