SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


SNS(Twitter)を見ていると、会ったことがない人なのになんとなく、元から知っているような気になってくる。

何気ないつぶやきばかりでも、見ている側に情報が蓄積されていく。塵も積もれば山となるというやつだ。いつの間にかその人のパーソナリティが自分の中にできあがっている。

この人はタレントの○○さんが好きなんだな、好きな食べ物は○○なんだな、など些細なものから、私などは性格があまりよろしくないので、

「この人は人の悪口ばかりつぶやいてるな、ちゃんと『人のふり見てわがふり直せ』ができているのかな」とか「やたらとモテるアピールしているけれど、誰得なんだろうな」などと頭の端っこでぼんやり思うこともある。

■SNSで「若く見られて怒っている」女の心理

たまに「見られていることを意識しろ。他人が不快になるようなことを投稿するな」という発言を目にする。

Twitterなどは見るも見ないも自由、どちらかという人のつぶやきをわざわざ「見にいっている」のだから、そんな非難もナンセンスだなあ、という気がする(もちろん、常識の範囲内のマナーやモラルは守るべきだが)。

それでもやっぱり、人間だから、眺めていてモヤッとする発言というのはある。私の場合、「若い女の子と間違えられて憤っている」というのを見ると非常にモヤる。

スーパーやコンビニなどでお酒を買うと年齢確認をされる場合がある。

私自身もコンビニで働いていたことがあったので、若干この人微妙だな……というときは確認するようにしていた。主観で申し訳ないが、確認する相手は女性が多かった気がする。

それはおそらくメイクのせいで、若い子でもメイクで大人っぽく見えるし、20代~30代ぐらいの女性がすっぴんで来たりすると「んん?」と混乱する。

それぐらいの年齢の女性は外に出るときにメイクをしていて当然、という考え方も偏っているのだろうけど。

なので、顔見知りの女性が「若く見られて怒っている」のをSNSで見かけると、勝手ながら「それってあなたが適当な格好をして出かけたからでは?」と思ってしまう。

そもそも、若く見られたことに憤り、投稿するのは何のためなんだろう? それも何度も。

「でも実際に若く見えるからねー」とか「いつまでも間違えられるのうらやましい」と言われるのを期待しているのだろうか。

■「こう見られたい」下心が透けて見えるとモヤッとする

SNSは人から見られている意識があるから、それなりに投稿内容にも注意を払う。

注意しすぎて、「どう見られたいか」という下心があからさまに透けて見える場合もある。でも、自己演出ってそれぐらい過剰でもいいのかな、と思わなくもない。

それなら何が見る者をモヤッとさせるのかというと、投稿している本人のスタンスなのではないだろうか。

たとえば、あざとい投稿を目にしたとする。その投稿者のスタンスが「私、あざといですけど何か?」「あざといってなぁに? 私そういうのわかんなぁい!」のどちらかだとすると、私は断然前者のほうに好感を持つ。

「若く見られたことに怒っている」投稿は、「私は若く見られたい、なんて思っていないのに、どうしたってそう見えるみたい。困っちゃうな」という心理があからさますぎるからモヤッとするのだろう。

■「いい女に見せたい」心理が、結果「いびつな女」を生む

SNS上で演じる、というのは実はリアルな世界より難しい気がする。

リアルな世界では、聞き流していた言葉でもSNSになれば、文字として捉えることができて、記憶にも残りやすい。自覚しているよりもはるかに、自分の心をネットでさらけ出しているのだ。

そのことに気づかなければ、いつまで経っても「いい女になりたくてもなれない、つまらない女だということを隠して気取っている女」のままだ。

それならいっそ、「私、つまらない女なんですけど、いい女になりたいんです」と開き直ったほうが、本当にいい女になれそうだ。

とはいえ、ちょっとミステリアスなほうが魅力的に見える、なんて言われることもある。本物のいい女は、SNSなんてやっていないのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


SNS コミュニケーション

関連する投稿


大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

「女とコミュニティ」について考えてみた。思い返せば、私たちは幼い頃から常にコミュニティに属して生きてきた。そうしなければ、安全に生活することができなかったから。しかし、今そのコミュニティに依存しすぎていないだろうか。とらわれすぎていないだろうか。コミュニティに属するのも抜けるのも、本当はもっと自由だ。


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

LINEのメッセージをみただけで、脈があるのかないのかを判断する方法があるのか? 今回は、コミュケーションコンサルティングを行う西澤さんに、"LINEでの大人男性の脈ありサインを見極めるポイント"を尋ねてみました。お愛想・社交辞令なLINEを見極めて、大切な時間を本命有望株にしっかり投資していきましょう!


人間関係がうまくいく、コミュニケーションの3つのステップ

人間関係がうまくいく、コミュニケーションの3つのステップ

人間関係がうまくいく人は、コミュニケーションの仕方にどんな特徴があるの? ことばデザイナー安憲二郎さんが、オンオフともに使えるコミュニケーションの3つのステップをご紹介します。


私の人生が好転したきっかけ(3)気の乗らない場所・集まりに行くのをやめた

私の人生が好転したきっかけ(3)気の乗らない場所・集まりに行くのをやめた

人生が好転したきっかけは、5つの「やめる」を実践したこと。3つめは、気が向かない場所や、行きたくない集まりに行くのをやめたこと。付き合いで行く飲み会や会合など、気分があがらない場所へ出かけるのを思い切ってやめてみる。それが心に大きな余裕をもたらしてくれるのです。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。