SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


SNS(Twitter)を見ていると、会ったことがない人なのになんとなく、元から知っているような気になってくる。

何気ないつぶやきばかりでも、見ている側に情報が蓄積されていく。塵も積もれば山となるというやつだ。いつの間にかその人のパーソナリティが自分の中にできあがっている。

この人はタレントの○○さんが好きなんだな、好きな食べ物は○○なんだな、など些細なものから、私などは性格があまりよろしくないので、

「この人は人の悪口ばかりつぶやいてるな、ちゃんと『人のふり見てわがふり直せ』ができているのかな」とか「やたらとモテるアピールしているけれど、誰得なんだろうな」などと頭の端っこでぼんやり思うこともある。

■SNSで「若く見られて怒っている」女の心理

たまに「見られていることを意識しろ。他人が不快になるようなことを投稿するな」という発言を目にする。

Twitterなどは見るも見ないも自由、どちらかという人のつぶやきをわざわざ「見にいっている」のだから、そんな非難もナンセンスだなあ、という気がする(もちろん、常識の範囲内のマナーやモラルは守るべきだが)。

それでもやっぱり、人間だから、眺めていてモヤッとする発言というのはある。私の場合、「若い女の子と間違えられて憤っている」というのを見ると非常にモヤる。

スーパーやコンビニなどでお酒を買うと年齢確認をされる場合がある。

私自身もコンビニで働いていたことがあったので、若干この人微妙だな……というときは確認するようにしていた。主観で申し訳ないが、確認する相手は女性が多かった気がする。

それはおそらくメイクのせいで、若い子でもメイクで大人っぽく見えるし、20代~30代ぐらいの女性がすっぴんで来たりすると「んん?」と混乱する。

それぐらいの年齢の女性は外に出るときにメイクをしていて当然、という考え方も偏っているのだろうけど。

なので、顔見知りの女性が「若く見られて怒っている」のをSNSで見かけると、勝手ながら「それってあなたが適当な格好をして出かけたからでは?」と思ってしまう。

そもそも、若く見られたことに憤り、投稿するのは何のためなんだろう? それも何度も。

「でも実際に若く見えるからねー」とか「いつまでも間違えられるのうらやましい」と言われるのを期待しているのだろうか。

■「こう見られたい」下心が透けて見えるとモヤッとする

SNSは人から見られている意識があるから、それなりに投稿内容にも注意を払う。

注意しすぎて、「どう見られたいか」という下心があからさまに透けて見える場合もある。でも、自己演出ってそれぐらい過剰でもいいのかな、と思わなくもない。

それなら何が見る者をモヤッとさせるのかというと、投稿している本人のスタンスなのではないだろうか。

たとえば、あざとい投稿を目にしたとする。その投稿者のスタンスが「私、あざといですけど何か?」「あざといってなぁに? 私そういうのわかんなぁい!」のどちらかだとすると、私は断然前者のほうに好感を持つ。

「若く見られたことに怒っている」投稿は、「私は若く見られたい、なんて思っていないのに、どうしたってそう見えるみたい。困っちゃうな」という心理があからさますぎるからモヤッとするのだろう。

■「いい女に見せたい」心理が、結果「いびつな女」を生む

SNS上で演じる、というのは実はリアルな世界より難しい気がする。

リアルな世界では、聞き流していた言葉でもSNSになれば、文字として捉えることができて、記憶にも残りやすい。自覚しているよりもはるかに、自分の心をネットでさらけ出しているのだ。

そのことに気づかなければ、いつまで経っても「いい女になりたくてもなれない、つまらない女だということを隠して気取っている女」のままだ。

それならいっそ、「私、つまらない女なんですけど、いい女になりたいんです」と開き直ったほうが、本当にいい女になれそうだ。

とはいえ、ちょっとミステリアスなほうが魅力的に見える、なんて言われることもある。本物のいい女は、SNSなんてやっていないのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


SNS コミュニケーション

関連する投稿


電車でマナーが悪い人にイラッとしたら「移動」する【大人の上手な怒り術#1】

電車でマナーが悪い人にイラッとしたら「移動」する【大人の上手な怒り術#1】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。身につけると生きやすくなり、イライラするストレスから解消される効果も期待できます。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする本連載では、アンガーマネジメントのレッスンを毎月2回ご紹介します。


SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

数年前から聞くようになった「SNS疲れ」。うまく使うと、人とつながれて、チャンスも舞い込むSNS、せっかくならストレスなく使いたいものですよね。ブログを含むTwitterやFacebookなどのSNSを心地よく、ストレスなく使う方法をご紹介します。


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

東京と大阪に同時オープンした、スタイリッシュな空間をリーズナブルに楽しむことができる注目の「モクシー・ホテル」を紹介します。


SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSの使い方にはその人自身が現れる。SNSはその人の分身と言ってもいい。SNSを使っていないのが珍しいといえるくらい、すっかり普及しているSNSだが、SNSをきっかけとした揉め事も少なくない。自分なりのルールを設けてSNSを楽しみ、ポジティブな影響をもらう方法とは――。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい