兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

とかく狭い日本の住宅事情。子ども部屋といっても、兄弟や姉妹で一つの部屋を共有させているお宅も少なくないでしょう。特に兄と妹、または姉と弟が部屋を共有する場合、それぞれのプライバシーを保つのは難しいものです。そこで今回は、中学1年のお兄ちゃんと小学4年の妹が一緒に暮らしている拙宅の子ども部屋をご紹介します。


たった6畳しかない部屋ですが、今のところ「自分の部屋が欲しい!」とは言われていないので、そこそこ快適なのだろうと思います(笑)。

■勉強机の間に仕切りを

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

勉強机は並べて置いていますが、お互いの顔が見えると気が散るお年頃。

そこで、たたんだパーテーションを間仕切りの代わりに使用しています。この間仕切りが一つあるだけで、それぞれ独立した空間が生まれます。

ちなみに、左側がお兄ちゃん、右側が妹の机です。

■ベッドは2段ベッドに

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

もう親子揃って川の字で寝る年ではないので、子どもたちは二段ベッドを使用。現在は上段を妹が、下段をお兄ちゃんが使っています。数年に一度「上下入れ替えたい」という要望が二人から出るので、たまに入れ替えています。

白木なので圧迫感がなく、どんなインテリアにもマッチ。お互いの気配を感じつつも、気兼ねなく寝返りを打てるので、この白木の二段ベッドにして良かったと思っています。

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

ベッド脇にある東向きの窓は縦長なので、ベッドの上段にも下段にも優しい朝日が降り注ぎます。ばっちりカーテンをつけてしまうと、朝日で目覚められないと思ったので、100円ショップで購入したレースののれんをかけ、昼間は小花のタッセルでとめています。

窓枠には、ポトスのフェイクグリーンをあしらってみました。

■お兄ちゃんの机周りは男前風で

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

こちらは、お兄ちゃんのデスク。小学生のときからサッカー部に所属しているので、チームで優勝したときの賞状やらメダルやらを机周りに飾っています。

勉強デスクは、私が小学生になるとき両親から買ってもらったもので、親子で40年近く使っている年季もの。三段引き出しがないので、収納力に欠けるのが欠点ですが、マメに整理整頓させてゴチャゴチャしないようにしています。

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

子どもから大人に移行中のお兄ちゃんのデスク前は、少し男前風の装飾をほどこしてやろうと、インテリアショップなどをあちこち巡っていた中で出会ったのが、こちら。

子どもから大人に移行中のお兄ちゃんのデスク前は、少し男前風の装飾をほどこしてやろうと、インテリアショップなどをあちこち巡っていた中で出会ったのが、こちら。

実はこれ、マットなんです。

しっかりした素材なのに、がびょうで留めるだけで壁に固定でき、とてもラクにディスプレイできました。

お兄ちゃんも、かなり気に入っている一品です。

兄妹の子ども部屋インテリア。それぞれの空間の保ち方

小窓にも、フェイクのポトスを飾っています。鉢は、妹が工作の時間に作ってきたもので、ゆがんだハートやら星やらが施された、実はすごくヘンなデザイン。しかし、フェイクポトスが見事にそれをカバーしてくれました(笑)。

窓辺にグリーンがあるだけで、部屋がみずみずしい印象になるから、不思議ですね。

■妹のデスク周りは明るくシンプルな印象に

兄妹の子ども部屋インテリア

こちらは妹の机。

妹の方は、勉強する以外に、お友達に手紙を書いたり、お絵かきをしたりと机に向かっている時間が長いので、できるだけ明るくシンプルなイメージにしています。デスクも白木で、ナチュラルな印象です。

視線が上に向くように、壁には高い位置にフラッグ・ガーランドを。端には、下垂性のフェイクグリーンを垂らしてみました。

兄妹の子ども部屋インテリア

壁にぶら下がっている妙な猫は、これまた妹が工作の時間に作った「壁掛け収納」。

実際に飼っている黒猫の「チョコ」をモチーフに作ったんだそうです。私が目指すインテリアと真逆のデザインの工作を持ち帰ってきては無秩序に飾るので、毎度閉口しているのですが、今では諦めています(笑)。

ちなみに、その隣にある額は「時間割表」入れ。おちゃめなデザインのペーパーナプキンを下地としてはさんでいます。

子どもに部屋を共有させるとき、3色ほどテーマカラーを決めておくと、お部屋の印象がバラバラになりません。拙宅の場合は、ブラック、グリーン、ブラウン。アースカラーだと、部屋の印象が引き締まるので、おすすめです。

また、フェイクグリーンをうまく取り入れると、子ども部屋でもグッとおしゃれになります。今は100円ショップなどで手軽に手に入るので、ぜひ活用してみてください。

そして、子どもといえども個人は個人。それぞれプライバシーが保てる工夫をしてあげましょう。完全にセパレートしなくても、親がそれなりに工夫してあげることで、子ども同士で上手に部屋をシェアするはずですよ。

この記事のライター

ライター兼ソーシャルワーカー。都内で二人の子と黒猫と暮らす。 取材で遠征したり、一日中パソコンに向かったり、高齢者に体操を教えたり、小学生に読み聞かせをしたりと、常にじっとしていない40代。酒と肉が好きで、発言は直球、笑い...

関連するキーワード


インテリア おしゃれ

関連する投稿


ZARAのチェーンバッグでシンプルコーデを上品に仕上げる

ZARAのチェーンバッグでシンプルコーデを上品に仕上げる

バッグは必要なものを運ぶ道具であると同時に、おしゃれを格上げする重要アイテムでもあります。今回のコーデで活躍したのはZARAのチェーンバッグ。洋服は飽きのこないシンプルファッションがお好きな方も、バッグを楽しんでエレガントなコーデに仕上げてはいかがでしょうか?


ミラノ最大の商業イベント・ミラノサローネ~ミラノ通信 #8

ミラノ最大の商業イベント・ミラノサローネ~ミラノ通信 #8

4月といえば世界中の注目を集めるデザインとインテリアの展示会ミラノサローネが開催されます。街は業界関係者と来場者であふれていました。ミラノ最大のイベントの模様を河見恵子さんがレポートしてくれました。


スカーフで“着せ替え”るおしゃれなバッグ

スカーフで“着せ替え”るおしゃれなバッグ

スカーフでバッグを着せ替え・折り畳みもできる「本革メッシュバッグ」から新色「ホワイト」が登場。


パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris」のポップストアが銀座に

パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris」のポップストアが銀座に

パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris (フォーパパリ)」の2017年ポップアップストア展開がスタート。4月12日まで東急プラザ銀座にて出店中です。


カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

モード系のファッションに切り替えたいけれど、どんなブランドがおすすめ? カワイイを卒業し、大人の辛口・シンプル・かっこいいファッションに移行したい人向けに、輪湖もなみさんが簡単に大人のモード系に仕上がるブランドをご紹介します。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。