香港・中環(セントラル)地区のおすすめ観光スポット【2017年版】

香港・中環(セントラル)地区のおすすめ観光スポット【2017年版】

香港を観光するなら、外せないのが中環(セントラル)。街をぶらぶら歩いているだけで、香港の昔と今を行き来する感覚を存分に味わえる、新旧が融合した味わい深いエリアです。買い物するもよし、絶品グルメに舌鼓を打つもよし。中環で訪れたいお店やスポットをご紹介します。


香港島の注目エリア「中環(セントラル)」。高層ビルが立ち並ぶ国際的なビジネス街でありながら、一歩路地を入ると古き良きノスタルジックな風景を楽しめる、香港の今と昔を行き来できるような、趣深くも刺激的な街でもあります。

香港で最も古く、最先端――ともいえるエリア・中環を3月に観光してきました。多彩な表情を見せてくれる中環観光の楽しみ方を、定番スポットから最新スポットまで押さえながらご紹介します。

少し路地に入るだけでローカル感あふれる

■龍麵館(ドラゴン・ヌードルズ・アカデミー)

エントランス付近に金の龍が。このゴージャス感は香港ならでは

伝統的な香港料理に今風なアレンジが加えられた、新感覚のメニューを楽しめるレストラン「龍麵館(ドラゴン・ヌードルズ・アカデミー)」。

ランチタイムに訪れてみると、お客さんがいっぱい。70年代のカンフー学校を思わせるこだわりのインテリアは、つい写真に撮りたくなるほどです。

「クリスピー・ロブスター・パフ」(69HKD/個 ※注文は2個〜)

皮はさくさく、身はぷりぷりで色鮮やかな姿がフォトジェニック。

「北京ダック」(499HKD/4〜6人分)

身/身+皮/皮の3種類の北京ダックを、ごま油やにんにく、砂糖きびなど、それぞれに合う調味料で楽しめる

「ロブスター・テイル・スープ・ヌードル」(149HKD)

スープが美味しい。ロブスターや魚、野菜などでとった出汁が奥深い味に

8品ほどしっかり食べた後はデザートもいただきました。かなりユニークなデザートが揃っているので、ごはんだけでお腹いっぱいにせず、余力を残しておくことをおすすめします。

比較的リーズナブルな金額感で大満足のボリューム感でした。ディナータイムにも行ってみたくなります。

「ティラミス」(49HKD)

植物のような見た目の面白いティラミス。赤いのはきくらげ。すべて食べられる

住所:Shop G04, G/F, Man Yee Building, 68 Des Voeux Road Central, Hong Kong
最寄駅:MTR中環駅
Web:http://www.dragon-noodles.com/

■荷李活道(ハリウッド・ロード)周辺

中環から上環(ションワン)まで続く通り「荷李活道(ハリウッド・ロード)」。香港で最初に作られた、長い歴史を持つ道のひとつです。

周辺にある骨董街や道教寺院に立ち寄るもよし。裏手に入っておしゃれな今風のカフェやレストラン、ブティックを訪ねるもよし。

通りでぽつぽつ目にするアートも魅力。その前で写真撮影する人も多くいました。

■荷李活道(ハリウッド・ロード)公園

前出の「荷李活道」にある緑豊かな公園「荷李活道公園」。イギリス軍が1841年に香港上陸を果たしたとき、軍営地が置かれていたのはこのあたりだとか。

大都会の中にこんなに自然あふれる場所が……とびっくり。休憩している香港の人々もちらほら見られました。歴史好きな人、自然にふれたい人は立ち寄ってみては。

住所:Hollywood Rd, Sheung Wan
最寄駅:MTR上環駅

■泰昌餅家(タイチョンベーカリー)

散策し疲れて小腹が空いたら、創業1954年の長い歴史を持つ「泰昌餅家(タイチョンベーカリー)」へ立ち寄ってみましょう。長蛇の列ができていることも多い人気店です。

ベーカリーなのでパンやクッキーなど、いろいろな商品が並んでいますが、マストで食べるべきは「エッグタルト」。

エッグタルトといえばマカオを思い浮かべる人もいるかもしれません。香港にもエッグタルトは人気スイーツのひとつで、マカオのこってり濃厚系なエッグタルトとの違いは、ややあっさりしていること。

1個といわず2〜3個ぱくぱく食べられそうな(!)、クッキー生地で仕上げられた、とてもかろやかなスイーツです。

1個5HKD。

住所:G/F, 35 Lyndhurst Terrace, Central, Hong Kong
最寄駅:中環駅
Web:http://www.taoheung.com.hk/tc/brands/tai_cheong/index.html

■香港中環エリアの観光を楽しもう

スイーツのお店もたくさん

他にも映画『恋する惑星』に登場したことで知られる、有名な「ミッドレベル・エスカレーター」、元警察既婚者用宿舎を改築し、若いアーティストたちのギャラリーやショップが多数入居する「PMQ」など、中環エリアは見どころがいっぱい。香港を訪れたときは散策してみてくださいね。

少し裏にはいると洗練されたお店が点在する

それオシャレってほめられる。香港で出会った洗練バッグブランド

https://p-dress.jp/articles/2117

香港発のバッグがオシャレです。歴史とクリエイティブが共存する、香港の旬なスポット「PMQ」内で見つけた洗練ブランドを2つご紹介します。

取材協力/香港政府観光局
http://www.discoverhongkong.com/jp/index.jsp

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


香港 アジア 海外旅行

関連する投稿


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・前編をお届けします。ホテル「ル メリディアン ヌメア」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅へ――。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケットはまず外観から日本のそれとは全く違い、景観に完璧に溶け込むほどのさりげなさ。また、営業時間が長くなり、コンビニのないイタリアにおいて利用者も増加しているそうです。今回のミラノ通信では、ミラノのスーパーマーケット事情をお伝えします。


エールフランス航空で楽しむ、ミシェル・ロットのメインディッシュ

エールフランス航空で楽しむ、ミシェル・ロットのメインディッシュ

エールフランス航空では、パリ発長距離線のビジネスクラスで、有名シェフ、ミシェル・ロットの美食を月替わりで6月末まで提供します。


カリフォルニアの注目エリア「パソロブレス」でワイナリー巡り

カリフォルニアの注目エリア「パソロブレス」でワイナリー巡り

カリフォルニアで最近人気のスポット、パソロブレスとサンタバーバラの旬情報をお届けします。LAと東京を拠点とし、毎月飛び回っているジェットセッターでもありトラベルが好きなビューティプロデューサー平野宏枝さんの連載「HIROELIFE」#1です。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。