香港・中環(セントラル)地区のおすすめ観光スポット【2017年版】

香港・中環(セントラル)地区のおすすめ観光スポット【2017年版】

香港を観光するなら、外せないのが中環(セントラル)。街をぶらぶら歩いているだけで、香港の昔と今を行き来する感覚を存分に味わえる、新旧が融合した味わい深いエリアです。買い物するもよし、絶品グルメに舌鼓を打つもよし。中環で訪れたいお店やスポットをご紹介します。


香港島の注目エリア「中環(セントラル)」。高層ビルが立ち並ぶ国際的なビジネス街でありながら、一歩路地を入ると古き良きノスタルジックな風景を楽しめる、香港の今と昔を行き来できるような、趣深くも刺激的な街でもあります。

香港で最も古く、最先端――ともいえるエリア・中環を3月に観光してきました。多彩な表情を見せてくれる中環観光の楽しみ方を、定番スポットから最新スポットまで押さえながらご紹介します。

少し路地に入るだけでローカル感あふれる

■龍麵館(ドラゴン・ヌードルズ・アカデミー)

エントランス付近に金の龍が。このゴージャス感は香港ならでは

伝統的な香港料理に今風なアレンジが加えられた、新感覚のメニューを楽しめるレストラン「龍麵館(ドラゴン・ヌードルズ・アカデミー)」。

ランチタイムに訪れてみると、お客さんがいっぱい。70年代のカンフー学校を思わせるこだわりのインテリアは、つい写真に撮りたくなるほどです。

「クリスピー・ロブスター・パフ」(69HKD/個 ※注文は2個〜)

皮はさくさく、身はぷりぷりで色鮮やかな姿がフォトジェニック。

「北京ダック」(499HKD/4〜6人分)

身/身+皮/皮の3種類の北京ダックを、ごま油やにんにく、砂糖きびなど、それぞれに合う調味料で楽しめる

「ロブスター・テイル・スープ・ヌードル」(149HKD)

スープが美味しい。ロブスターや魚、野菜などでとった出汁が奥深い味に

8品ほどしっかり食べた後はデザートもいただきました。かなりユニークなデザートが揃っているので、ごはんだけでお腹いっぱいにせず、余力を残しておくことをおすすめします。

比較的リーズナブルな金額感で大満足のボリューム感でした。ディナータイムにも行ってみたくなります。

「ティラミス」(49HKD)

植物のような見た目の面白いティラミス。赤いのはきくらげ。すべて食べられる

住所:Shop G04, G/F, Man Yee Building, 68 Des Voeux Road Central, Hong Kong
最寄駅:MTR中環駅
Web:http://www.dragon-noodles.com/

■荷李活道(ハリウッド・ロード)周辺

中環から上環(ションワン)まで続く通り「荷李活道(ハリウッド・ロード)」。香港で最初に作られた、長い歴史を持つ道のひとつです。

周辺にある骨董街や道教寺院に立ち寄るもよし。裏手に入っておしゃれな今風のカフェやレストラン、ブティックを訪ねるもよし。

通りでぽつぽつ目にするアートも魅力。その前で写真撮影する人も多くいました。

■荷李活道(ハリウッド・ロード)公園

前出の「荷李活道」にある緑豊かな公園「荷李活道公園」。イギリス軍が1841年に香港上陸を果たしたとき、軍営地が置かれていたのはこのあたりだとか。

大都会の中にこんなに自然あふれる場所が……とびっくり。休憩している香港の人々もちらほら見られました。歴史好きな人、自然にふれたい人は立ち寄ってみては。

住所:Hollywood Rd, Sheung Wan
最寄駅:MTR上環駅

■泰昌餅家(タイチョンベーカリー)

散策し疲れて小腹が空いたら、創業1954年の長い歴史を持つ「泰昌餅家(タイチョンベーカリー)」へ立ち寄ってみましょう。長蛇の列ができていることも多い人気店です。

ベーカリーなのでパンやクッキーなど、いろいろな商品が並んでいますが、マストで食べるべきは「エッグタルト」。

エッグタルトといえばマカオを思い浮かべる人もいるかもしれません。香港にもエッグタルトは人気スイーツのひとつで、マカオのこってり濃厚系なエッグタルトとの違いは、ややあっさりしていること。

1個といわず2〜3個ぱくぱく食べられそうな(!)、クッキー生地で仕上げられた、とてもかろやかなスイーツです。

1個5HKD。

住所:G/F, 35 Lyndhurst Terrace, Central, Hong Kong
最寄駅:中環駅
Web:http://www.taoheung.com.hk/tc/brands/tai_cheong/index.html

■香港中環エリアの観光を楽しもう

スイーツのお店もたくさん

他にも映画『恋する惑星』に登場したことで知られる、有名な「ミッドレベル・エスカレーター」、元警察既婚者用宿舎を改築し、若いアーティストたちのギャラリーやショップが多数入居する「PMQ」など、中環エリアは見どころがいっぱい。香港を訪れたときは散策してみてくださいね。

少し裏にはいると洗練されたお店が点在する

それオシャレってほめられる。香港で出会った洗練バッグブランド

https://p-dress.jp/articles/2117

香港発のバッグがオシャレです。歴史とクリエイティブが共存する、香港の旬なスポット「PMQ」内で見つけた洗練ブランドを2つご紹介します。

取材協力/香港政府観光局
http://www.discoverhongkong.com/jp/index.jsp

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


香港 アジア 海外旅行

関連する投稿


幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

年末にフロリダ旅行をしてきました。訪れたキーウェストには、アメリカの文豪、アーネスト・ヘミングウェイの家があります。ここには50匹以上もの猫が暮らし、その半数以上が「6本指」を持っているのだとか。今回は、「幸運を呼ぶ」と言われるこの猫たちについてご紹介します。


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリアでは新年6日までクリスマスモード。街中がイルミネーションで華やぎ、屋台は観光客で賑わいます。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


チェコで迎える新年

チェコで迎える新年

いよいよ今年も残りわずか。チェコでは、こんな年越しをしています。


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい