若作りとは違う。若々しくきれいに見せる服選び

若作りとは違う。若々しくきれいに見せる服選び

若作りファッションをするあまり、痛いアラフォーになっていませんか。アラフォー以降になると、重力には逆らえないことを意識して。たるんでくる体型を受け止めて、技ありアイテムで素敵に見せよう。


■若作りファッションで痛いアラフォーになっていない?

誰だって若く見られたいと思うし、なんとか体型も維持したいと思っているけれど……アラフォー以降にもなると悔しいけれど、体のあちらこちらがたるんでくる。

サイズ的には若い人と同じものを着られても、体型をカバーすることはできない。

だから、若い人と同じような服を着ていても、かえって痛く見えたりする人、見かけたことあるでしょう?

なぜ痛く見えるのか……それは自分自身と向き合っていないから。

そのために、まずやるべきは、自分の体型を把握すること。そして、どこを隠せばきれいに見えるかを知ること。

とくにこれから薄着になる季節に、一番気をつけないといけないこと。それは、体の線を隠し切れず、気になる部分が丸見えになってしまうこと。

若い人は暑くなれば薄着になって、腕を出そうが、脚を出そうが、お腹が見えようが、ヒップがピチピチになろうが、弾ける肌にはいいけれど、私たち世代にそれはできないし、見せちゃダメ(笑)。

だからこそ、Tシャツ1枚ですら、慎重に選ばなければいけない。

■知らないと損。大人をきれいに見せる服選びのコツ

デザインだったり、素材感だったり、着こなしだったりと、ちょっとした技やテクニックが必要。

たとえばデザイン。袖丈がほんの数cm長いものや、袖幅のゆったり加減がちょうど良いものを選べば、二の腕をすっきり見せることができます。

パンツもの着丈もそう。少し短くして足首を見せるだけで脚が綺麗に見えます。

素材でいえば、今トレンドの異素材ミックス。

異素材を組み合わせることで、同じトーンでも濃淡・陰影ができるため、体のラインがきれいに見えるようになります。

そして、着心地の良さも重大なポイント。

若いときは少々窮屈な服でも、かっこ良く見えればいい……という思いでがんばれたけれど、もう我慢なんてできないですものね。

着こなしもそう。隠すところをうまく隠せる着こなしや、小物使い。

ネックレスひとつ、ベルト1本で縦ラインを強調したり、気になるお腹周りをカバーしたりしてくれます。

私たち昭和世代って、服はきっちり着るもの……というように育てられてきたでしょう。

ボタンはきっちり止めなさい。シャツはきっちりいれなさい。みたいな感じで……(笑)。

だから、着崩すことに少し抵抗を感じてしまう、というよりも、着崩しきれない……というところがあるのだと思います。

雑誌を見ても、「レイヤード」「抜け感」「こなれ感」などの言葉を見てもどうしていいのやら、と困っている方も多いはず!

なので、難しいテクニックを必要としない、着るだけで、“技あり”に見える!  “細見え”するアイテムは絶対的。そんな服を選んでほしい。

■褒められたコーデを思い出して分析しよう

賢く服を選ぶにはどうすればいいか。まずは、誰かに褒められたコーディネートを覚えていて、そのときに褒められた理由を分析しましょう。

色だったのか、デザインだったのか、スカートだったのか、パンツだったのか……。

それから、雑誌などで自分がいいなぁ〜と思うコーディネートの着こなしをマネしてみる。ストールの巻き方やベルトの着け方、アクセサリー使い。丈のバランス……何でもいいんです。

まずはマネすることから始めてみる。何回か続けていくと、不思議と自分のものになってくるから。

若く見られるためには、自分をきれいに見せてくれるポイントを知ることが大事。若い人と同じような服をそのまま着ても、痛いだけになってしまいます。

重力には逆らえません。気をつけましょうね。

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


おしゃれな人は準備している。秋物を買う前にしたい3つのこと

おしゃれな人は準備している。秋物を買う前にしたい3つのこと

秋ファッションを楽しみ尽くすためのアイデアをご紹介します。用意するのはファッション誌と付箋。好きなスタイリング・着こなし、秋ファッションに使いたいと思う色、アイテムを付箋でチェックしていきます。付箋を貼ったページを分析し、購入するものを決めることで、本当に使えて自分らしい秋ファッションに仕上がるはず。


ファッションの未来を想像する展覧会「bionic by sputniko!」

ファッションの未来を想像する展覧会「bionic by sputniko!」

衣服もバイオ技術で作れる時代が訪れたら……? 新感覚のファッション展覧会「bionic by sputniko!」を8月18日より、西武渋谷店にて開催します。テクノロジーが未来のファッションにつながる、見て、買って、楽しめる、これまでにないタイプの展覧会です。


PEGGY LANA(ペギーラナ)のPOP-UPを銀座三越で開催

PEGGY LANA(ペギーラナ)のPOP-UPを銀座三越で開催

PEGGY LANA(ペギーラナ)2017A/Wコレクションがスタート。8月16日より 銀座三越にてPOP-UPを開催します。今A/Wシーズンはクレバーなジェントルウーマンをイメージしたコレクションを展開。


ディノスの『So close,』より、秋コレクションが発売開始に

ディノスの『So close,』より、秋コレクションが発売開始に

長谷川京子さんがイメージモデルを務めるディノスのファッションブランド『So close, (ソー クロース,)』より、秋コレクションが発売開始に。季節が変化する端境期に、機能的に、またおしゃれに着られるアウターから、ポイントとなるバッグ、シューズ、ストールなどの雑貨まで、バリエーション豊かなアイテムを展開します。


ふんわりスカート、大人っぽく着るならモスグリーンがおすすめ

ふんわりスカート、大人っぽく着るならモスグリーンがおすすめ

ふんわりスカート=若い人向けのアイテム、と思い込んでいた筆者。SALEでたまたま立ち寄った店で勧められたモスグリーンのふんわりスカートを、半信半疑で試着したところ、購入に至ります。買った理由は案外大人っぽく着こなせると実感したから。さあ、既存のアイテムたちとどう組み合わせるか、夢が広がります。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


DRESS部活