1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 若作りとは違う。若々しくきれいに見せる服選び

若作りとは違う。若々しくきれいに見せる服選び

Share

若作りファッションをするあまり、痛いアラフォーになっていませんか。アラフォー以降になると、重力には逆らえないことを意識して。たるんでくる体型を受け止めて、技ありアイテムで素敵に見せよう。

若作りとは違う。若々しくきれいに見せる服選び

■若作りファッションで痛いアラフォーになっていない?

誰だって若く見られたいと思うし、なんとか体型も維持したいと思っているけれど……アラフォー以降にもなると悔しいけれど、体のあちらこちらがたるんでくる。

サイズ的には若い人と同じものを着られても、体型をカバーすることはできない。

だから、若い人と同じような服を着ていても、かえって痛く見えたりする人、見かけたことあるでしょう?

なぜ痛く見えるのか……それは自分自身と向き合っていないから。

そのために、まずやるべきは、自分の体型を把握すること。そして、どこを隠せばきれいに見えるかを知ること。

とくにこれから薄着になる季節に、一番気をつけないといけないこと。それは、体の線を隠し切れず、気になる部分が丸見えになってしまうこと。

若い人は暑くなれば薄着になって、腕を出そうが、脚を出そうが、お腹が見えようが、ヒップがピチピチになろうが、弾ける肌にはいいけれど、私たち世代にそれはできないし、見せちゃダメ(笑)。

だからこそ、Tシャツ1枚ですら、慎重に選ばなければいけない。

■知らないと損。大人をきれいに見せる服選びのコツ

デザインだったり、素材感だったり、着こなしだったりと、ちょっとした技やテクニックが必要。

たとえばデザイン。袖丈がほんの数cm長いものや、袖幅のゆったり加減がちょうど良いものを選べば、二の腕をすっきり見せることができます。

パンツもの着丈もそう。少し短くして足首を見せるだけで脚が綺麗に見えます。

素材でいえば、今トレンドの異素材ミックス。

異素材を組み合わせることで、同じトーンでも濃淡・陰影ができるため、体のラインがきれいに見えるようになります。

そして、着心地の良さも重大なポイント。

若いときは少々窮屈な服でも、かっこ良く見えればいい……という思いでがんばれたけれど、もう我慢なんてできないですものね。

着こなしもそう。隠すところをうまく隠せる着こなしや、小物使い。

ネックレスひとつ、ベルト1本で縦ラインを強調したり、気になるお腹周りをカバーしたりしてくれます。

私たち昭和世代って、服はきっちり着るもの……というように育てられてきたでしょう。

ボタンはきっちり止めなさい。シャツはきっちりいれなさい。みたいな感じで……(笑)。

だから、着崩すことに少し抵抗を感じてしまう、というよりも、着崩しきれない……というところがあるのだと思います。

雑誌を見ても、「レイヤード」「抜け感」「こなれ感」などの言葉を見てもどうしていいのやら、と困っている方も多いはず!

なので、難しいテクニックを必要としない、着るだけで、“技あり”に見える!  “細見え”するアイテムは絶対的。そんな服を選んでほしい。

■褒められたコーデを思い出して分析しよう

賢く服を選ぶにはどうすればいいか。まずは、誰かに褒められたコーディネートを覚えていて、そのときに褒められた理由を分析しましょう。

色だったのか、デザインだったのか、スカートだったのか、パンツだったのか……。

それから、雑誌などで自分がいいなぁ〜と思うコーディネートの着こなしをマネしてみる。ストールの巻き方やベルトの着け方、アクセサリー使い。丈のバランス……何でもいいんです。

まずはマネすることから始めてみる。何回か続けていくと、不思議と自分のものになってくるから。

若く見られるためには、自分をきれいに見せてくれるポイントを知ることが大事。若い人と同じような服をそのまま着ても、痛いだけになってしまいます。

重力には逆らえません。気をつけましょうね。

貴田 加野さんの記事一覧

Share

貴田 加野

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article