絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。サンフランシスコといえばアメリカ西海岸が誇る美しい街。坂道、ゴールデンゲイトブリッジ、そしてウォーターフロントはぶらぶら歩くだけでもとても爽やかな気持ちになるのでおすすめ。

サンフランシスコ国際空港は、ユナイテッド航空の西海岸における最大のハブ空港で、成田国際空港、羽田国際空港、そして関西国際空港と日本の3空港から毎日直行便が出ています。

午前中には現地に到着できてとても便利。“ユナイテッド・ポラリス”と呼ばれるビジネスクラス以上や航空会社の上級会員で、午前中に到着の便であれば空港内のアライバルラウンジを使うことができます。

小腹が空いていれば朝食にホットミールもあり、シャワーを浴びている間にアイロンを頼めることも! 朝からピシッとした服でお出かけするのは、かなりカッコいい。

空港から「Bartバート」という高速鉄道でダウンタウンまでは直行、30分程度とすこぶるアクセスがよくて、とても楽。町中は地下鉄&路面電車そしてバス「MUNI(ミュニ)」という公共交通機関でほとんどどこでもいけます。

車も「Uber(ウーバー)」のアプリは日本で入れたものが使えて、すぐ呼べます。時間が許せば散歩して回るのも楽しいのですが、坂はかなりきついです!

泊まったホテルは、ダウンタウンからはちょっと離れる、ウォーターフロントのフィシャマンンズワーフに徒歩で行ける距離。アイコンのカニの絵の看板、ちょっとレトロな街並に路面電車が走って、青い空をバックに絵はがきのようです。

朝食を食べるお店探しに歩いてピア39へ。カフェやレストラン、ショップ、アトラクションなどがいっぱい入った観光名所で、昼はいっぱいの人で賑わっていますが、朝は静かでとても気持ちいい。カラフルでかわいいお店が並んで、もちろん本物ですが、ディズニーランドの中を歩いている感じがします。

■サンフランシスコでの朝食はイーグルカフェで

桟橋の2階で眺望もよく、白い外観が洒落た1928年創業という「イーグルカフェ」で朝食を食べることに決定。まずはお目覚めに「ブラッディメアリー」をオーダー。ウォッカ入りですが、トマトジュースで割るため、ブランチのカクテルとして有名です。

そして、アメリカで注文すると、このようにオリーブやハラペーニョピクルス、セロリなどおつまみ(?)も一緒に入っているものも多いのです。お店によってはソーセージやチーズまで刺しているところもあるくらい。

そして、トップにブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクトをいただきました。エッグベネディクトは、ハムやベーコン、サーモンを使ったものが有名ですが、ここは注文するなら“カニ”でしょう。パンケーキはふんわり厚みがあって、上にのせたバターの塩味とブラウンシュガー&バナナの甘みがマッチして絶品。

ブランチも兼ねたゆっくりした朝食にぴったりのボリュームです。食後は、ピアをぶらぶら、かわいいお店もいっぱいで心弾みます。気持ちの上がるサンフランシスコの旅。

イーグルカフェ Eagle Café http://www.eaglecafe.com

戻りもユナイテッド航空の直行便で。“ユナイテッド・ポラリス”というビジネスクラスには、お食事がテーブルサーブという素敵な専用ラウンジがシカゴにありますが、サンフランシスコも2017年中にできるそう。

ビジネスクラスのフライトでは、プレミアムなウォッカでブラッディメアリーを作ってもらったり、6種のワインを同時にテイスティングできるキットがあって、赤白それぞれに3種類も試せてワイン好きにはうれしい。

ふんわりした大小の枕や羽毛布団はそれぞれ2種類あり、機内での快適な睡眠のためにNYの高級百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」と共同で開発したもの。アメニティには、英国の自然派ブランド「カウシェット・スパ」とこだわっています。

サンフランシスコのフライトは、往路が約9時間20分、復路が約11時間15分ですが、12時間を超えるフライトだとユナイテッド・ポラリスにはパジャマまでサービスで付いてきて、お持ち帰りもOKとか。いつか乗ってみたいものです。

取材協力/ブランドUSA https://www.gousa.jp
ユナイテッド航空 www.united.com

Text/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

 


この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


カンボジア旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

カンボジア旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

働く女子でも行きやすい、「近い」「安い」「見どころ沢山」「そこまで治安が悪くない」と今人気急上昇中のカンボジア! おすすめ観光ポイントや気をつけたい病気をご紹介します。


チェコでの田舎暮らし。日本にはない私の好きな3つのモノ

チェコでの田舎暮らし。日本にはない私の好きな3つのモノ

チェコの片田舎で暮らしだして5年ほど経ちますが、日々の暮らしの中で「これは好きだな」と思うことがあります。おしゃれな建物も便利なコンビニもない場所だけれど、私の心を元気にしてくれる……そんなお気に入りを3つご紹介します。


機内や旅先で使える「旅」がテーマの美容セット

機内や旅先で使える「旅」がテーマの美容セット

アートの感性を手のひらに。新コスメブランド「CINQ SENS(サンクセンス)」が誕生。「旅」がテーマの機内美容セットを新発売。


フランスに行ったら試したいパリの朝食「パリジェンヌ流おうち朝ごはん」

フランスに行ったら試したいパリの朝食「パリジェンヌ流おうち朝ごはん」

フランスの旅行を予定している方におすすめしたいのが、パリジェンヌと同じような「おうち朝ごはん」。そこにはフランスらしさがぎゅっと凝縮されています。マネしてみると、「この空気感、お土産に持って帰りたい」と思うくらいの体験価値がありそうです。パリジャン、パリジェンヌ3人とルームシェアして発見した朝食シーンをご紹介します。


ミラノ最大の商業イベント・ミラノサローネ~ミラノ通信 #8

ミラノ最大の商業イベント・ミラノサローネ~ミラノ通信 #8

4月といえば世界中の注目を集めるデザインとインテリアの展示会ミラノサローネが開催されます。街は業界関係者と来場者であふれていました。ミラノ最大のイベントの模様を河見恵子さんがレポートしてくれました。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!