絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。サンフランシスコといえばアメリカ西海岸が誇る美しい街。坂道、ゴールデンゲイトブリッジ、そしてウォーターフロントはぶらぶら歩くだけでもとても爽やかな気持ちになるのでおすすめ。

サンフランシスコ国際空港は、ユナイテッド航空の西海岸における最大のハブ空港で、成田国際空港、羽田国際空港、そして関西国際空港と日本の3空港から毎日直行便が出ています。

午前中には現地に到着できてとても便利。“ユナイテッド・ポラリス”と呼ばれるビジネスクラス以上や航空会社の上級会員で、午前中に到着の便であれば空港内のアライバルラウンジを使うことができます。

小腹が空いていれば朝食にホットミールもあり、シャワーを浴びている間にアイロンを頼めることも! 朝からピシッとした服でお出かけするのは、かなりカッコいい。

空港から「Bartバート」という高速鉄道でダウンタウンまでは直行、30分程度とすこぶるアクセスがよくて、とても楽。町中は地下鉄&路面電車そしてバス「MUNI(ミュニ)」という公共交通機関でほとんどどこでもいけます。

車も「Uber(ウーバー)」のアプリは日本で入れたものが使えて、すぐ呼べます。時間が許せば散歩して回るのも楽しいのですが、坂はかなりきついです!

泊まったホテルは、ダウンタウンからはちょっと離れる、ウォーターフロントのフィシャマンンズワーフに徒歩で行ける距離。アイコンのカニの絵の看板、ちょっとレトロな街並に路面電車が走って、青い空をバックに絵はがきのようです。

朝食を食べるお店探しに歩いてピア39へ。カフェやレストラン、ショップ、アトラクションなどがいっぱい入った観光名所で、昼はいっぱいの人で賑わっていますが、朝は静かでとても気持ちいい。カラフルでかわいいお店が並んで、もちろん本物ですが、ディズニーランドの中を歩いている感じがします。

■サンフランシスコでの朝食はイーグルカフェで

桟橋の2階で眺望もよく、白い外観が洒落た1928年創業という「イーグルカフェ」で朝食を食べることに決定。まずはお目覚めに「ブラッディメアリー」をオーダー。ウォッカ入りですが、トマトジュースで割るため、ブランチのカクテルとして有名です。

そして、アメリカで注文すると、このようにオリーブやハラペーニョピクルス、セロリなどおつまみ(?)も一緒に入っているものも多いのです。お店によってはソーセージやチーズまで刺しているところもあるくらい。

そして、トップにブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクトをいただきました。エッグベネディクトは、ハムやベーコン、サーモンを使ったものが有名ですが、ここは注文するなら“カニ”でしょう。パンケーキはふんわり厚みがあって、上にのせたバターの塩味とブラウンシュガー&バナナの甘みがマッチして絶品。

ブランチも兼ねたゆっくりした朝食にぴったりのボリュームです。食後は、ピアをぶらぶら、かわいいお店もいっぱいで心弾みます。気持ちの上がるサンフランシスコの旅。

イーグルカフェ Eagle Café http://www.eaglecafe.com

戻りもユナイテッド航空の直行便で。“ユナイテッド・ポラリス”というビジネスクラスには、お食事がテーブルサーブという素敵な専用ラウンジがシカゴにありますが、サンフランシスコも2017年中にできるそう。

ビジネスクラスのフライトでは、プレミアムなウォッカでブラッディメアリーを作ってもらったり、6種のワインを同時にテイスティングできるキットがあって、赤白それぞれに3種類も試せてワイン好きにはうれしい。

ふんわりした大小の枕や羽毛布団はそれぞれ2種類あり、機内での快適な睡眠のためにNYの高級百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」と共同で開発したもの。アメニティには、英国の自然派ブランド「カウシェット・スパ」とこだわっています。

サンフランシスコのフライトは、往路が約9時間20分、復路が約11時間15分ですが、12時間を超えるフライトだとユナイテッド・ポラリスにはパジャマまでサービスで付いてきて、お持ち帰りもOKとか。いつか乗ってみたいものです。

取材協力/ブランドUSA https://www.gousa.jp
ユナイテッド航空 www.united.com

Text/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

 


この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリアでは新年6日までクリスマスモード。街中がイルミネーションで華やぎ、屋台は観光客で賑わいます。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


チェコで迎える新年

チェコで迎える新年

いよいよ今年も残りわずか。チェコでは、こんな年越しをしています。


代官山で、石垣島で、 スリランカ伝統のアーユルヴェーダを体験【オトナの美旅スタイル#26】

代官山で、石垣島で、 スリランカ伝統のアーユルヴェーダを体験【オトナの美旅スタイル#26】

額にオイルが少しずつ垂れて夢見心地という、一度はやってみたいアーユルヴェーダの「シロダーラ」。スリランカにもサロンのあるアーユルヴェーダ施設のトリートメントを代官山で、石垣島で、体験することができます。


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい