不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療に関するQ&Aをまとめた書籍『専門医が答える不妊治療Q&A』が登場。著者は、1999年に千葉市に不妊治療専門クリニックを開業後、18年間で累計1万3000例もの妊娠の実績を積み上げてきたベテラン産婦人科医・高橋敬一さん。不妊治療に関する正しい知識を学びましょう。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『専門医が答える不妊治療Q&A』。

■『専門医が答える不妊治療Q&A』内容

“ベビ待ち”女性の疑問と不安をすべて解消してくれる1冊です。

国立金沢大学医学部を卒業後、虎の門病院産婦人科、米国ワシントン大学などで不妊症治療や体外受精、内視鏡手術などのトレーニングを積み、技術を磨いてきた著者の高橋医師。1999年に千葉市に不妊治療専門クリニックを開業した後は、18年間で累計1万3000例もの妊娠の実績を積み上げてきました。

不妊に悩む患者に接する中で、「複雑で個人差の大きい不妊症に、ひとりで悩まないでほしい」という思いが募り、クリニックのホームページに誰でも気軽に質問できる「不妊治療掲示板」を開設。日常のささいな疑問や悩みから深刻な相談まで、15年間でのやりとりは約5万件以上にも及びます。

本書では、その中でも多くの人に役立つQ&Aを厳選し、不妊治療のステップごとにカテゴリー分けをしてわかりやすくまとめました。

妊娠と年齢の関係、卵子・精子の状態をどう判断するか、女性・男性双方の妊娠しにくい要因にどう対処するか。そして、高度生殖医療でできることと、できないことは何か――。専門医だからこそ示せる回答で、“ベビ待ち”の先輩たちを実際に救った事例を多数紹介しています。

■こんな女性に読んでほしい

今現在、不妊症に悩んでいる方や、将来子どもを産めるかどうか不安を感じている方。愛する人と結ばれ、赤ちゃんを授かりたいと願う女性の皆様に読んでいただきたいです。

近年、不妊症に悩む夫婦が増え続けています。終わりの見えない不妊治療に、孤独や苦しみを感じながら向き合っている方も多くいらっしゃいます。治療を受ける女性の持つ悩みは、決してひとりで抱えきれるものではありません。

・ホルモンの数値に一喜一憂する
・薬の副作用で体調不良になる
・数十万~数百万円の治療費を払ってやっとの思いで妊娠しても、流産してしまう
・友人が妊娠したという知らせを聞いても、素直に喜べず複雑な気持ちになる

しかし、デリケートな問題ゆえに誰にも相談できず、夫にさえ本音を話せず、人知れず治療に励む日々……。はっきりとした原因がわからず、頼みの医師も確実な治療法を持たない中では、不安や悩みが募るばかりでしょう。そんな皆様の心と体に寄り添う書籍となればと思います。

■読んで得られること

「どうして不妊症になるの?」
「夫に原因がある場合はどうすればいいの?」
「妊娠しやすい体づくりのポイントは?」

“ベビ待ち”女性が抱える、不妊に関する疑問や不安を解消できます。

本書では、「不妊治療掲示板」に実際に寄せられた声の中から多くの人に役立つQ&Aを厳選し、不妊治療のステップごとにカテゴリー分けをしてわかりやすくまとめています。“ベビ待ち"の先輩たちがどのように治療と向き合い、乗り越えていったのか、実際の声に触れることで参考になる情報が得られるはずです。

■著者からのメッセージ

私が千葉市で不妊治療専門クリニックを開業したのは、今から18年前の1999年のこと。この間、不妊治療を取り巻く環境は大きく様変わりしています。不妊症に悩む夫婦は増加の一途を辿り、不妊治療も社会的に広く認知されるようになりました。

しかし、不妊治療や妊娠に関して、まだまだ「誤解」や「勘違い」が少なくないことを、日々患者さんと接する中で痛感します。さらにはデリケートな問題だからこそ生まれる不安や悩みも、それぞれにあることでしょう。もっと正しい知識を持ち、本当に納得のできる選択をしてほしいと願わずにはいられません。

そこで、「不妊治療掲示板」でのやりとりから、不妊症に悩むすべての人に知っておいてほしいことを抽出し、私がいつも患者さんにお伝えしている内容を1冊にまとめたのが本書です。不妊治療専門医としての長年の経験からいえること、わが子を望む皆さんにお伝えしたいことを、すべて詰め込んだつもりです。

この本が「本当に納得できる不妊治療」をするための判断材料になれば、また悩み多き不妊塗料を乗り切る際のよき伴走者となれば、たいへん嬉しく思います。正しい知識を得て、希望をもって前向きに不妊治療に向き合っていってください。

1組でも多くの夫婦に、最愛の我が子を腕に抱いてもらえますように。

■『専門医が答える不妊治療Q&A』目次

Chapter.1 妊娠しやすさに個人差はある?不妊症の原因Q&A
Chapter.2 どんな方法がある? 本当に治る?不妊治療の基礎知識Q&A
Chapter.3 薬を飲んでも大丈夫? 手術は受けてもいい?不妊治療中の病気に関するQ&A
Chapter.4 妊娠の成否を決める!受精前後のケアQ&A
Chapter.5 「もしかして?」妊娠可能性があるときの対応Q&A
Chapter.6 妊娠できない、流産が続く……不妊治療がうまくいかないときの対処法Q&A
Chapter.7 ふたりで不妊治療に取り組む男性不妊Q&A

http://amzn.asia/h73AJxz

高橋敬一著『専門医が答える不妊治療Q&A』書籍情報

専門医が答える不妊治療Q&A
著 者:高橋敬一
発 行:幻冬舎
単行本(ソフトカバー): 220ページ
発売日:2017/2/21
価 格:1380円+税

[公式サイト]
http://www.gentosha-mc.com/product/9784344910645/

著者 高橋敬一さんプロフィール

医師。高橋ウイメンズクリニック院長。1985年、国立金沢大学医学部を卒業後、国立病院医療センター(現・国立国際医療研究センター病院)での研修を経て、1989年、虎の門病院産婦人科に入局。不妊症、体外受精、内視鏡手術などのトレーニングを受ける。1995年、アメリカ国内の格付けでトップ10と評価された大学病院を有する、ワシントン大学(シアトル)に留学。1999年4月、独立。千葉市で不妊治療専門クリニック、高橋ウイメンズクリニックを開業。以降18年の長きにわたり、年間1000名以上の妊娠をサポートしてきた。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


79歳・日本のパリジェンヌがボン・シックなおしゃれを語る【積読を崩す夜 #8】

79歳・日本のパリジェンヌがボン・シックなおしゃれを語る【積読を崩す夜 #8】

連載【積読を崩す夜】8回目は、『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』(著:弓・シャロー)をご紹介します。在仏51年、79歳のパリジェンヌが、センスある毎日の過ごし方を教えてくれます。


直観力を活かして人生を好転させる

直観力を活かして人生を好転させる

『直観力』はメンタリストとして多方面で活躍しているDaiGoさんの著書。なんとなくあやふやな「直観」も、メンタリストDaiGoさんの解説を読むと信頼できる判断材料のひとつなんだとわかります。今回は本のご紹介をしつつ、直観の活用法をご提案します。


「しても意味のない妊活」に振り回されないで

「しても意味のない妊活」に振り回されないで

妊活にも意味のあるものと、意味のないものがあります。妊活とは、不妊治療とまではいかなくても、妊娠しやすい体を作るという趣旨で使われるようです。今回のコラムでは、自身も不妊を経験した女医の視点から、さまざまな妊活の効果について検証します。


夏の終わりは想像力の海へ――大人の目で読む絵本『なみにきをつけて、シャーリー』

夏の終わりは想像力の海へ――大人の目で読む絵本『なみにきをつけて、シャーリー』

最後に海辺で遊んだのはいつですか? 時間を忘れて遊びまわったのは、もう何年前のことでしょう。そんな「あの日」のことを思い出す絵本、『なみにきをつけて、シャーリー』(“Come away from the water, Shirley”)を読みながら、子供のときとは違う絵本のおもしろさを見つけてみませんか。


最新の投稿


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。