元彼の心理を理解することが"復縁"への近道

元彼の心理を理解することが"復縁"への近道

元彼が復縁したくなる心理とは。女性と違い、別れた後はプライドが邪魔して素直になれないのが男性です。未練があってもなかなかわからない元彼に心を開いてもらうには、こちらから上手に関わっていくことが大切です。元彼の気持ちに合わせることで「また彼女を幸せにできる」と思ってもらうことが復縁への近道です。


■未練があっても、頑固に心を閉ざすのが男性の心理

恋人と別れた後の男性は、まず相手に対して罪悪感を持っています。

同時に、恋愛をうまくいかせられなかった自分に対してがっかりしています。いわば自己評価が下がっている状態なのですね。

その一方で、自分の失敗を認めたくないというプライドもあります。

どちらに非があって別れたにせよ、彼女を受け入れられなかった事実は変わりません。なので、別れたことを男性は「失敗」と受け止めています。

「失敗=男らしくない」と考える男性は、そんな自分が許せないのでしばらくはかたくなに「守り」に入ります。

別れたことを人に責められたくない、笑われたくないという心理があるので、たとえ未練があっても頑固に心を閉ざして感じないようにするでしょう。

大泣きしたり、友人に愚痴って気を紛らわせたりする女性と違い、男性が痛みを一人で抱え込むのはプライドがあるからなのですね。

■コンタクトはこちらから送る

なので、男性は復縁したいと思っても自分からは言えません。

・傷つけてしまって申し訳ない
・別れた以上、自分からは連絡できない
・気まずくなるのが怖いので話したくない
・どんな対応をすれば良いかわからない

こんな心理が元彼の中にはあります。

未練があると思われたくない、というのが一番なのですが、女性からすれば「連絡もないなんて、もう私のことは何とも思ってないんだ」と感じてしまいますよね。

でも、受け身に徹することで自分を守っている状態でもあるので、連絡を待つのではなくこちらから踏み込んでみれば、元彼を安心させることができます。

こちらからの連絡は、元彼にとって「救い」のようなもの。
自分からは送れないけど、相手から送られたらホッとするのですね。

元彼にとって、あなたに今どう思われているかは、気にはなっても知ることが怖いとも思うでしょう。
「嫌われてはいないんだ」とまず知ってもらえれば、それだけで元彼が抱える罪悪感を軽くすることができます。

■「友人」という位置に安心する

「元気にしてる?この間は大雨すごかったね、大丈夫だった?」
「お仕事お疲れさま!風邪ひかないように気をつけてね」

こんな他愛ない言葉は、復縁を匂わせないのでおすすめです。
あえて過去には触れないのがポイント。楽しく会話することを目的にしてくださいね。

元彼の方がどう思っているかわからないうちは、安易に未練を見せてしまうのは危険。
まだ自分のことが好きなんだとわかっても、それを受け止めることも元彼は勇気が要ります。

・また傷つけたらどうしよう
・もう傷つきたくない

こんな心理があるので、やり取りをしていても、元彼は無意識に恋愛感情から目をそらそうとします。
素っ気なく見えても、それはあなたのことを軽く扱えないから、ともいえますね。なので、期待通りの反応がなくても落ち込まないことが肝心です。

別れた後は、どちらかがリードしないと次の関係が作れません。時間をかけて今のつながりが安定するように、こちらが気を配ることが大切です。

■すぐに済む用事を作る

別れた後でも彼女と良い関係になれるとわかれば、元彼の気持ちは落ち着きます。ですが、自分の方から進んであなたを誘うことはまだできません。
それは、「別れた女を誘うのは図々しい」という思いが元彼にはあるからです。やはりプライドが邪魔をするのですね。

なので、先に進むのもこちらから。言葉だけのやり取りから会えるように誘うタイミングは、「すぐに済む用事を作れる」ときです。

元彼が観たい映画のDVDを自分が持っているとか、貸したい本があるとか、また返し忘れたものを持っていくなど、短時間で終わる用事を作れば、元彼も気楽に承諾できます。
食事は、時間がかかる上にその最中の会話に気を使ってしまいます。気が重くなるような約束は避けましょう。

渡すついでにカフェでお茶するのも良いのですが、そこは元彼の気持ちに任せて。もしためらうようなら、コンビニの駐車場で待ち合わせるなど「この後どうする?」という状況にならないようにしてください。

徹底して元彼の様子に合わせることで、かたくなだったプライドがほどけていきます。「別れても居心地の良い関係が作れる」という安心感を与えることができれば、自然と会う約束も増えていくでしょう。

■元彼が復縁したいと思うのは、あなたが幸せそうなとき

気持ちを抑えて元彼に合わせるのは、根気が要ります。ときには思いを伝えたくなることもあるでしょう。

ですが、男性は女性が思っている以上にカッコ悪い自分を嫌うものです。弱い自分、臆病な自分を人に知られるとプライドが折れてしまいます。

まして別れた彼女が相手だと、付き合っていた頃の「彼女を幸せにしていた自分」を思い出してしまい、余計に気持ちを伝えづらくなるもの、と思ってください。

元彼が復縁したいと思うのは、自分と一緒にいるあなたから幸せそうな様子が伝わるときです。

二人で過ごしているときに笑ったり、楽しんでいたり、会ったあとは必ずお礼のLINEがあったり、「自分はまた彼女を幸せにできる」という実感が元彼に勇気を与えます。

過去のことを蒸し返さず、「今の私はあなたといて楽しいよ」というサインを元彼に送り続けてください。どんな言葉で未練を伝えるより、あなたの笑顔が元彼にとって一番のメッセージになります。

「復縁」に焦りは禁物です。よりを戻した後、以前より良いお付き合いをするために、今から元彼の心を尊重する姿勢を持ってくださいね。

【プロのカウンセラーに相談】恋愛の電話相談

https://p-dress.jp/pages/onayami02

恋愛のお悩み電話相談室 [Excite×DRESS]のページです。恋愛、将来の不安、職場や仕事の悩み……。そんな誰にも話せないお悩み、カウンセラーに相談してみませんか。大人のお悩み電話相談室では、100人以上のプロのカウンセラーがあなたの問題解決をサポートします。

誰にも言えない悩み、相談してみませんか。もちろんお悩み内容は厳守いたします。電話相談は1分100円から、メール相談は一通800円から。24時間365日、好きな時に相談できます。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


元彼との復縁 恋愛

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

甘え方がわからないけれど、大好きな人に甘えたい! 話を聞いてほしい! ずっと一緒にいたい! けれど、ちっとも男性はその気持をわかろうとしてくれません。ここでは「そもそも甘えとは?」を学ぶことで、男女の恋愛観を考えます。大人らしく「賢く甘える」秘訣もご紹介します。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活