乾燥肌の私がおすすめするオールインワンゲルで潤い肌と時短が叶う

乾燥肌の私がおすすめするオールインワンゲルで潤い肌と時短が叶う

オールインワンゲルは時短コスメの代表格。忙しい女性にもおすすめです。一方で「これ1本でスキンケア完了」と謳うわりには、乾燥が気になったり、他の化粧品との相性が悪くてうまくなじまなかったり、使い勝手が悪いというイメージはありませんか? そんな問題をクリアしているおすすめのオールインワンゲルをご紹介します。


私事ですが、今週、六本木に美容鍼のサロンをオープンし、今までよりもお部屋がだいぶ広くなりました。ゆったりした空間なのはいいのですが、もう3月も中旬だというのに、広いぶん寒さが堪えます。

お客様に寒い思いをさせてはいけないので、そこは惜しみなくエアコンを稼働させているのですが、そうすると今度浮上するのは、エアコンの風による乾燥問題。会社員でもサロンオーナーでも、職場の乾燥が悩みなのは同じだなぁと苦笑いしています。

しかも大人になればなるほど、体の水分量は減っていって乾燥しやすくなる一方。年齢を重ねるにつれて、顔も体もカサカサしやすくなった、とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

■セラミドはこのオールインワンゲル1本で補える

さて、そんな乾燥を防いでくれるものの1つに、みなさんもよく目にしているであろうセラミドがあります。セラミドとは、肌の水分を保持してくれる乾燥対策に欠かせない物質です。化粧品の成分でよく見かけますよね。

実際、セラミドを補うと乾燥が和らぐのが体感としてわかるので、私は3種類のセラミドが配合されたオールインワンゲル、ナチュラルエレメンツの「バランシングゲル」でセラミド補充をしています。

昔からかなりの乾燥肌のため、オールインワンについては「これ1本でスキンケア完了って……乾燥しちゃって全然物足りないんだけど!」と、煮え湯を飲まされることばかりでした。しかし、このオールインワンは、本当に1本で済むほどの保湿力。

普段なら、頬のあたりが乾燥して、いえ、それどころか乾燥しすぎてヒリヒリ痛くなり、赤い顔をしながら「だまされた!」と悔しがってしまうのに、このオールインワンゲルなら1日中乾かないんです。

体感的に乾燥が気にならないのはもちろん、エステで肌診断をしたら、寝不足で不調なときにもかかわらず、セラミド量は高い数値をたたき出していたほど。数値で見ても、乾燥を防いでくれていることが実証されていました。

さらに、このゲルのすごいところは、オールインワンゲル特有の、消しゴムのカスのような“モロモロ”が出ないこと。

オールインワンゲルを使ったことがある方ならおわかりかと思いますが、ゲルを塗ったあとに日焼け止めや化粧下地をつけようとなじませると、なじむどころか自分の顔から消しゴムのカス(のようなもの)が出てきて収拾がつかなくなり、もれなく洗顔からやり直しになる、あの“モロモロ”。

後に塗る化粧品との相性によって出たり出なかったりするので、普段使いの化粧品と合わなかったときは悲惨です。

しかし、このオールインワンゲルは、何を使っても“モロモロ”が出ることがなかったので、「“モロモロ”問題をクリアしているオールインワンなんて、今までなかった!」と、最初に使ったときは、いたく感動しました。

“モロモロ”が出ないことは、オールインワンゲルユーザーにとってはそれほど画期的なことですから。ちなみに、これを使っていて唯一“モロモロ”が出たときは、長いことピーリングをしていなかったときだけでした。

■オールインワンゲルで乾燥も時間のムダも防ぐのがおすすめ

せっかくの時短アイテムであるオールインワンも、保湿力のなさと“モロモロ”という問題のせいで
いまいち使い勝手の良くないアイテムとお思いの方もいることでしょう。しかし、この2大問題をクリアしているのであれば、使わない手はありません。

帰ってすぐに寝たいくらいに疲れているときに、これ1本でスキンケアを終わらせることもできれば、すごく乾燥が気になるときに美容液代わりに使ったり、化粧水のあとに乳液やクリーム代わりに使ったりするのもおすすめです。

忙しい大人の女性は、1本常備しておけば、乾燥も時間のムダも防げるのではないでしょうか。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・...

関連するキーワード


保湿 スキンケア

関連する投稿


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


脱・乾燥肌! 化粧水の使い方がキモになる「正しい保湿」をおさらい

脱・乾燥肌! 化粧水の使い方がキモになる「正しい保湿」をおさらい

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はスキンケアの超重要なプロセス「保湿」を見直します。大人肌を健康に輝かせる、正しい保湿法とは。


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


クレンジングをやめて美肌に。「石けんでメイクオフ」する選択【積読を崩す夜 #21】

クレンジングをやめて美肌に。「石けんでメイクオフ」する選択【積読を崩す夜 #21】

【積読を崩す夜】21回目では、『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(著:北島寿)をご紹介します。女優・安達祐実さんがメイクモデルに初挑戦したことで話題の本。科学者として10年以上ナチュラルコスメを開発してきた著者が、クレンジングをやめることで、肌がきれいになっていく様子を語ります。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい