大の人好きが仕事にも活きる - スペースマーケット広報 小池弘代さん【大人のキャリア】

大の人好きが仕事にも活きる - スペースマーケット広報 小池弘代さん【大人のキャリア】

スペースマーケット社(CEO重松大輔)で広報を担当する小池弘代さん。シェアリングエコノミーをビジネスモデルとするスペースマーケットは今注目の会社。家族第一主義をモットーとする働きやすい会社で、小池さんがどう働いているのか、今後何を目指すのか詳しく伺いました。


株式会社スペースマーケットで、社長室のPRを担当している小池さん。広報としての顔を持ちつつ、その活躍ぶりは肩書を超え、多岐に渡ります。

プライベートでは小学1年生の女の子のママとしての顔も持ち、仕事も家庭もパワフルにこなす毎日を送っています。そんな小池さんの仕事ヒストリーとは?

――現在の仕事内容は?

現在、株式会社スペースマーケットという会社で働いています。シェアリングエコノミーという、まだ新しい産業のサービスですが、簡単に言うと空きスペースの有効活用・利活用をサポートする会社。

企業の会議室を使われていない時間に有料で貸し出したり、地方に眠っている古民家を活用したり、あらゆる空間に関して「使いたい人」と「貸し出したい人」とをマッチングするマーケットプレイスを運営しています。

肩書は社長室PRということで主に広報を担当していますが、会社のブランディングを担う広報とプロダクトサービスの広報、社内広報と大きく分けると3つの広報業務があるかな、という感じです。さらに、昨年発足したシェアリングエコノミー協会の事務局も兼務しています。

■何気ない会話で気づかされた自分の思い

――現職に就いたきっかけは何でしたか?

前職の旅行比較サイトは約7年働いていました。当時、とくに強い転職願望があったわけでもなく、きっかけは本当にひょんなことから。

もともと弊社代表・重松の奥さまと知り合いで、ランチをしながら情報交換をする中で、これからの仕事に対してのやりがいみたいな話になって、「うちの旦那の会社がいいかもしれない!」と。そんな何気ないひと言から転職を考え始めました。

――仕事に不満があったわけでもない、ということですよね。

はい。でも、私のいた業界だと業界内におけるネットワーキングが最も重要で、あまり外の業界との接点がなかったんですね。ある程度やりきった感もあり、今まで1を10にすることはやってきましたが、0から1をやってみたいと思ったんです。

会社の立ち上げとか、まだない産業を作るとか、新しいことにチャレンジしたいという思いがあって。そんなことを考えていたとき、そのひと言が妙に腑に落ちてしまい、「そんな選択肢があったか!」と、ひらめきにつながりました。そこから転職を決意するまでは早かったです。

■「家族第一主義」がモットーの会社

――転職してみて、働き方の理想と現実はどうですか?

今の会社はフレキシブルなので、ワーキングマザーとしてはとても働きやすい環境です。会社は「家族第一主義」がモットーの文化。

3人の子供を持つ代表も、多忙ながらも父親としてきちんと子育てに参加しています。各家庭の事情によって臨機応変な理解を受け入れて、最近では私も週に1回在宅ワークを開始させてもらうことになったんです。

娘が小学1年生になって、時間の使い方や環境の変化による心のバランスをもう少しケアしてあげたいと夫婦で話し合い、代表にも相談をして、可能な範囲で在宅ワークを取り入れることにしました。

今の会社はそういった相談がオープンにできる環境なので、本当にありがたいですね。理想の働き方が何なのか、今まさに模索中ですが、それがやっと考え始められるようになってきたかな、って思います。

――在宅ワークのメリットを伺いたいです。

業務をより効率化できるようになったことでしょうか。アポイントや外出はできるだけ寄せたり、優先順位を意識しながらいつどうやってやれば、リモートワークの1日を作れるか計画したり、いろいろ考えるので。

結果的に、「お母さんが家で仕事している日」は特別なようで、娘はとてもうれしそうです。

■働き方は環境に合わせて変えていく

――自分らしい働き方を実現されている印象です。

子供がいながら働いている場合、大変な時期ってずっとじゃないと思うんですよ。子供は大きくなるし、長いキャリア人生を考えるとちょっとくらいゆるやかな時期があってもいいんじゃないかって思うんです。選択肢はひとつではない。

両立は無理そうだから仕事は辞めよう、ではなく、それぞれの価値観と環境に合わせてバランス調整をすればいい。そのとき居心地のいい働き方を年齢、環境に合わせて自分のペースで変えていけたらいいなと思っています。

――お母さんが自分らしく仕事をする姿を見て、娘さんも感じるものがありそうですね。

娘には自分のキャラ(個性)っていうのを持ってほしいなと思っています。個性がスキルになり、仕事に活かされていくと思うので、娘には自分のキャラづくりは意識してほしいなって。

キャラは人それぞれにあるもので、何が正解とかもない。自分は何が好きで、どんな人に憧れるのか。そして、そうなるためには何が必要なのか。そういったことを自分で考えられる人になってほしいですね。

■自分にプライスタグをつける働き方

――これから挑戦したいことはありますか?

会社のメンバーから「自分のプライスタグを持った方がいいよ」と言われたことがあったんです。「あなたは何ができますか? それはいくらでできますか?」と聞かれたとき、値付けするのは自分。

だから、自分がやっている業務やスキルに対して、今の私はどんなもんなんだ? ということを意識するようになりました。会社でのやるべきことをやりながら、個人としても何か支援ができるような取り組みをしたい。

最近、お会いする方々に、そんな思いをお話しするようにしています。自分にはこれまでのスキル・経験を活かしてどんな支援ができるのか、チャレンジしたい思いは秘めています。働き方の理想と現実を常に追求し、進化させていくのも大切な目標です。

――素敵ですね。お話を伺ってきて、小池さんの最大の魅力は、やはり「人好き」なところだなぁと感じました。

何が好きって、やっぱり人が好きなんだと思います(笑)。コミュニケーションは得意な方かもしれません。

誰かのために何かをしていく、というのが人生の中でも大きなテーマなのかも。80歳くらいまで外に出て働いていたいですね。

いろいろな人に会って、たくさんインプットして、それを整理してアウトプットとして伝えていく。それを生涯、仕事として繰り返していくんだと思います。

協力/株式会社スペースマーケット
https://spacemarket.com/

Text/Mediajo
http://mesher.jp/mediajo/

この記事のライター

ミーハーと私(ME)彼女(SHE・HER)を掛け合わせた造語で
ミーハーな女子ゴコロ=“女性の情報源”という意味を込めています

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。


女性が仕事をする意義は、次世代に生きる知恵を伝えることにある

女性が仕事をする意義は、次世代に生きる知恵を伝えることにある

女性が社会で仕事をする意義って何だろう――。ずっと働くつもりじゃないから仕事にそこまで真剣になれない。仕事は結婚するまでの腰掛けでいい。もしくは、仕事が好きだけど結婚・出産の可能性も捨て切れず、中途半端な気持ちで毎日を過ごしている。仕事と人生の狭間で悩む女性たちへ、私が見出した「社会で仕事をする意義」をお伝えします。


【ビジネス英語勉強法】英語が苦手だった私が海外企業で働くためにやったこと

【ビジネス英語勉強法】英語が苦手だった私が海外企業で働くためにやったこと

ビジネス英語を使えるようになりたい。でも、どう勉強すればいいの? 仕事上、英語を話せるに越したことはないとわかっちゃいるけれど、一体どうすればビジネス英語をものにできるのでしょうか。英語が苦手だった非帰国子女の筆者が、海外企業で働けるくらいの英語力を身につけた、独自のビジネス英語勉強法をお伝えします。


「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」。がんばって働いていても、ふと不安になるときがある。そんなときに心の中で「疲れた、仕事辞めたい」とつぶやくわたしがいる。わたしの仕事は、わたしの代わりに誰でもできるのでは。今のままでいいのかな。この仕事、辞めたいかも……そんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自信を持てるようになり、積極的に動けるようになります。つまり、自分らしく働きたい(生きたい)なら、自己肯定感を高めることが先決! そのためにまずは「自分を褒める」ことから始めてみませんか。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。