1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 『東京タラレバ娘』第5話あらすじ – 疲れたときは「逃げ道」を選んだっていい

『東京タラレバ娘』第5話あらすじ – 疲れたときは「逃げ道」を選んだっていい

Share

『東京タラレバ娘』第5話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。いよいよ幸せな恋をつかみとった? 仕事と恋を失った5話の展開は――。

『東京タラレバ娘』第5話あらすじ – 疲れたときは「逃げ道」を選んだっていい

『東京タラレバ娘』第4話のレビュー・あらすじ

■『東京タラレバ娘』第5話のあらすじ(ネタバレあり)

倫子(吉高由里子)は恋どころか仕事までなくなった状態。すがるような気持ちで占い師の元へ訪れると「完全に手遅れ」「男運も金運も完全に切れてる」と言われてしまう。

絶望的な気持ちに陥っている中、スーパーで長身のイケメンバーテンダー・奥田(速水もこみち)と出会う。

奥田に誘われるままに彼が経営する映画バーへ。お互い映画とお酒が好きということで、すぐに意気投合。「またお店に来てほしい」「1人で来てくれたほうがうれしい」という奥田に、倫子は胸を躍らせた。

倫子の千載一遇のチャンスに大盛り上がりする香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)。「もしかして結婚するかも」とタラレバ話を繰り広げていたところに、KEY(坂口健太郎)が現れ「結婚は夢ではなく現実」と言い放つ。

次の日、倫子は早坂(鈴木亮平)から『恋するシーズン』の脚本家が倒れたと聞かされる。ピンチヒッターを探しているということで、倫子はコンペ形式にチャレンジすることに。

倫子はせっかくのチャンスを逃したくないと必死で執筆活動を再開した。

一方、香と小雪は占い師に打ちのめされたこともあり、男関係を清算すると決意した。香は元カレ・涼(平岡祐太)の連絡を未読スルーし、小雪は不倫相手・丸井(田中圭)と会わないように。

なんとか現状打破しようとする2人だったが……。

■『東京タラレバ娘』第5話の感想

来た。ついに来ました。倫子に春が。それも、超絶イケメン男性が!

KEYといい奥田といい、なぜ倫子はこんなにいい男と縁があるのでしょう。女子会ばかりのタラレバ独身女30歳、こんなに幸運なことはなかなかありません。

奥田は倫子からの「独身ですか?」という質問に対し、「独身ですよ! 結婚します? ……なんちゃって」というおちゃめな返答をしました。

イケメンがこんなキュートな答え方をしたら、心をわしづかみにされてしまうのもムリはありません。こんなに胸を貫く「なんちゃって」もそうそうないはず。今すぐ結婚してくださいと言いたくなります。

おまけにこのイケメン、告白の仕方もカッコイイ。「好きです」と言う前に「俺にチャンスをください」と言うのです。

なんて謙虚な態度。イケメンなのに控えめ。最高です。こんないい男はそうそういません。

もしかしたらこのまま、倫子は奥田と結婚して脱タラレバ女になれるかも!? そう願わずにはいられません。むしろそうなってほしいです。アラサー独身女性に夢を見させてほしい。

今回、恋愛については幸せいっぱいの倫子ですが、仕事面ではボロボロです。

脚本家のピンチヒッターとしてコンペ形式にチャレンジするも、結果は惨敗。必死で頑張った分、この結果は胸が張り裂けそうになります。

おまけに、結果を聞く前の倫子は原稿が終わった後の開放感と仕事への自信から、カフェでちょっとお高い「アフターヌーンティーセット」を注文しています。

そしてアフターヌーンティーセットを食べるころには結果を知ってしまう。せっかく奮発したアフターヌーンティーセットなのに、これではおいしく食べられません。

むしろ、数分前の浮かれた自分を見せつけられて惨めな気持ちになってしまいます。

奥田がいなければ、倫子は潰れてしまっていたかも。奥田という“逃げ道”があったからこそ、倫子はこうやって生きていけるのです。

物語の最後、倫子はKEYから「(仕事から)逃げるんだ」と言われてしまいます。それに対し、倫子は「どこにも逃げ道がなかったら生きていけないよ」と答えました。

まさにそう。逃げ道がなければどうにもなりません。逃げ道があるからこそ、その道に進むことでなんとかなるのです。希望を持てるんです。

倫子の“逃げ道”という言葉を聞いて、KEYは過去を思い出しました。それはKEYが結婚していた女性とのこと。病気で亡くなってしまった年上の女性です。

この女性とKEYは恋人同士ではありませんでしたが、間もなく亡くなってしまうであろう女性の「夢だったのになあ、お嫁さんになるの」という言葉を聞き、KEYは女性にプロポーズ。

女性は、現実から逃げるためにKEYを利用するようなことはしたくないと言いますが、KEYは「それでもいい」と言いました。「おれが、あなたの逃げ道になる」と。

KEYは自ら進んで、誰かにとっての逃げ道になったことがあったのです。

第5話では、KEYの過去を知ることができました。きっとこれから、もっと深くKEYの過去を知ることができるはず。

そして倫子は素敵な恋を手に入れました。このまま、倫子は奥田とハッピーエンドを迎えるのでしょうか。そろそろ物語の折り返し地点。KEYとの関係はどうなっていくの?

■『東京タラレバ娘』作品概要

女子会と称して居酒屋「呑んべえ」でお酒を飲みながら「あのとき、あーだっ“たら”」「もっと、こーして“れば”」とタラレバばかり言う30歳・独身・彼氏ナシの倫子と香と小雪。

「東京オリンピック開催までに結婚したい」と願う彼女たち「タラレバ娘」3人組を中心に、かつて倫子がフッた男・早坂や生意気なイケメンモデルのKEYなどを交えて、恋に仕事に、ひたすら幸せを求め続けるラブコメディ。

第5話 2月15日(水)22時〜放送分

■『東京タラレバ娘』キャスト

吉高由里子
榮倉奈々
大島優子
坂口健太郎
平岡祐太
石川恋
金田明夫
田中圭
鈴木亮平
ほか

『東京タラレバ娘』第6話あらすじ – 結婚がゴールの女は幸せにはなれない!?

https://p-dress.jp/articles/3162

『東京タラレバ娘』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。素敵な彼氏ができて幸せ絶好調。このまま結婚までいけるかも? 期待大の6話の展開は――。

Share

神之 れい

関西在住のフリーライター。1984年11月5日生まれ。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業で5年ほど勤めた後にライターへ転身。女性向けウェブメディアを中心に執筆。もやもやを抱える女性のヒントになるような記事執筆を目標に活...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article