ワインと美容の嬉しい関係

ワインと美容の嬉しい関係

ワインと美容には密接なつながりがあります。「アルコールは美容の大敵」といったイメージがあったのは一昔前の話。日常的にワインを飲む方が増えてきていると思いますが、肌に悪いのかな……などと思いながら飲むのはもったいない。今回はワインと美容の関係についてお話します。


■赤ワインと美容の気になる関係

ブドウの皮にたくさん含まれるポリフェノール。ブドウの皮ごと潰して造る赤ワインにポリフェノールが含まれていることはご存じの方も多いはず。

そのポリフェノールには、カテキンにフラボノイド、アントシアニン、タンニン、シンプルフェノール、レスベラトロールなど、いろいろありますが、これらのポリフェノールには活性酸素を抑える働き、つまり抗酸化作用があります。

活性酸素とは増え過ぎると、体の内側を酸化させ、ニキビやシミの原因、そして老化の原因となってしまうもの。それを除去する働きのあるポリフェノールがアンチエイジングにも必要なわけです。

また、ポリフェノールは、血液をサラサラにし、コレステロール値を下げて血栓や動脈硬化を防いでくれます。

さらに、仕事で1日中パソコンの目の前にいたり、ついスマホでSNSのチェックやネットサーフィンを長時間してしまったり……そんな目の疲れを癒やしてくれる効果も期待できます。

ストレスや紫外線、喫煙によっても増えてしまう活性酸素はがん細胞を発生させることもあると言われています。飲みすぎには注意ですが、数杯のワインを飲みながらストレス発散、さらにはストレスで増えてしまった活性酸素を除去するのに一役買ってくれそうです。

■白ワインと美容の気になる関係

白ワインの表現方法の一種に「ミネラル分の多い味」「ミネラリー」があります。

味わいでいうと、フレッシュで生き生きとしたワインや火打石の香りがするワインなどが、その表現で表されるワインの一つです。わりとポジティブな表現でミネラリーなワインは味わいに深みを増し、高級ワインに感じられることが多いです。

実際、白ワインはミネラル成分を多く含み、そのミネラル成分の中にはカリウムが含まれています。カリウムを豊富に含んだ白ワインには、体内に溜まっているナトリウムを排出する効果が期待でき、詰まっている老廃物を防いで新陳代謝を活性化してくれます。

新陳代謝が高まれば、体内にある余分な脂肪分を燃焼させて、むくみ防止と共にデトックス効果も期待できます。

また、白ワインにはオレイン酸やクエン酸、アミノ酸、リンゴ酸のなどの有機酸が多く含まれています。有機酸が含まれている白ワインを飲むと、大腸菌、サルモネラ菌などの活動を防ぎ、殺菌作用で腸内を守ってくれ、下痢や食中毒などの予防効果が期待できます。

さらに有機酸には、カルシウムの吸収を促す、血行や代謝を促進させる、アミノ酸の原料となる、疲労回復につながる、腎臓などの働きを活性化すなどの働きがあります。

■ワインの香りでリラックス

そして、ワインの香りにはリラックス効果が期待できます。適量を守り、1日の終わりにリラックスしながらワインを飲むことはとても良いこと。その際、香りも嗅いでいただきたいです。

ソムリエやどこかのワインマニアの方のように表現する必要はありません。良い香りだな、イチゴの香りだな、と香りを味わうだけで十分です。

赤ワイン、白ワイン、どちらにしても美容面でメリットがあるのは数杯飲んだときの話。もちろん、お酒が好きな方はたくさん飲む日があっても良いです。

私も数杯で終わらない日はけっこうあります。注意したいのは「美容に悪いかも」と思いながら飲むこと。それは心にも負担をかけてしまうことに。

ワインを飲んでちょっときれいになることを期待しながら、楽しいワインライフを。

この記事のライター

ソムリエ。ワイン輸入会社。日本の女性にもっとワインを飲んでもらいたくワイン会や執筆活動を行っています。女性全員が、アルコール含めて口に入れるものすべてを自分の意思で選べるような社会が目標。モットーはおいしく楽しく食べて幸せを...

関連するキーワード


ワイン 美容

関連する投稿


美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

40代からの美しい腹筋はジムではなく食事から作られる! 欧米の最先端の栄養学を日本人向けにカスタマイズした、最短で痩せる究極の食事法を公開した『最少の努力でやせる 食事の科学』が発売となりました。


アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォーともなると、お肌の状態や体型のたるみなど、気になるところがたくさん! ただ美容に使えるお金には限りがあるため、「何をするか」は厳選しなくてはなりません。そこで今回はアラフォーの女性に聞いた、「お金をかけてよかった美容」をご紹介します。


フランス産の正統派スパークリングワイン「ポール・ルイ」が新登場

フランス産の正統派スパークリングワイン「ポール・ルイ」が新登場

サッポロビールからスパークリングワイン「ポール・ルイ」が新発売に。ポップなイメージが海外で人気の1本です。本格的な味わいでパーティーシーズンを盛り上げます。


LUSHからお風呂をジェリー化させる入浴剤「ジェリーボム」が新登場

LUSHからお風呂をジェリー化させる入浴剤「ジェリーボム」が新登場

バスタイムをさらに進化させる新感触。お風呂をジェリー化させる「ジェリーボム」がラッシュより9月1日に発売開始に。ラッシュの代表的なアイテム「バスボム」同様、お湯の中で重曹とクエン酸がシュワシュワと溶けていくのと同時に、トロトロの柔らかなジェリーがお風呂のお湯一面に広がる入浴剤です。


もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

原因不明の嫌な症状、実はグルテン過敏症によるものかもしれません。マクロビやグルテンフリーを実践してきた筆者が、グルテン過敏症とは何かと、手軽にチェックする方法、グルテンフリーを実施する方法をご紹介します。


最新の投稿


ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

胸下まであったロングヘアをばっさり切ってボブヘアにしました。最初は単なる気分転換のつもりでしたが、思い返すと、5年前に経験したある出来事とリンクしていることに気づいたのです。当時の話を交えながら、ボブにしてみての所感などをお伝えします。


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


おっぱい