ワインと美容の嬉しい関係

ワインと美容の嬉しい関係

ワインと美容には密接なつながりがあります。「アルコールは美容の大敵」といったイメージがあったのは一昔前の話。日常的にワインを飲む方が増えてきていると思いますが、肌に悪いのかな……などと思いながら飲むのはもったいない。今回はワインと美容の関係についてお話します。


■赤ワインと美容の気になる関係

ブドウの皮にたくさん含まれるポリフェノール。ブドウの皮ごと潰して造る赤ワインにポリフェノールが含まれていることはご存じの方も多いはず。

そのポリフェノールには、カテキンにフラボノイド、アントシアニン、タンニン、シンプルフェノール、レスベラトロールなど、いろいろありますが、これらのポリフェノールには活性酸素を抑える働き、つまり抗酸化作用があります。

活性酸素とは増え過ぎると、体の内側を酸化させ、ニキビやシミの原因、そして老化の原因となってしまうもの。それを除去する働きのあるポリフェノールがアンチエイジングにも必要なわけです。

また、ポリフェノールは、血液をサラサラにし、コレステロール値を下げて血栓や動脈硬化を防いでくれます。

さらに、仕事で1日中パソコンの目の前にいたり、ついスマホでSNSのチェックやネットサーフィンを長時間してしまったり……そんな目の疲れを癒やしてくれる効果も期待できます。

ストレスや紫外線、喫煙によっても増えてしまう活性酸素はがん細胞を発生させることもあると言われています。飲みすぎには注意ですが、数杯のワインを飲みながらストレス発散、さらにはストレスで増えてしまった活性酸素を除去するのに一役買ってくれそうです。

■白ワインと美容の気になる関係

白ワインの表現方法の一種に「ミネラル分の多い味」「ミネラリー」があります。

味わいでいうと、フレッシュで生き生きとしたワインや火打石の香りがするワインなどが、その表現で表されるワインの一つです。わりとポジティブな表現でミネラリーなワインは味わいに深みを増し、高級ワインに感じられることが多いです。

実際、白ワインはミネラル成分を多く含み、そのミネラル成分の中にはカリウムが含まれています。カリウムを豊富に含んだ白ワインには、体内に溜まっているナトリウムを排出する効果が期待でき、詰まっている老廃物を防いで新陳代謝を活性化してくれます。

新陳代謝が高まれば、体内にある余分な脂肪分を燃焼させて、むくみ防止と共にデトックス効果も期待できます。

また、白ワインにはオレイン酸やクエン酸、アミノ酸、リンゴ酸のなどの有機酸が多く含まれています。有機酸が含まれている白ワインを飲むと、大腸菌、サルモネラ菌などの活動を防ぎ、殺菌作用で腸内を守ってくれ、下痢や食中毒などの予防効果が期待できます。

さらに有機酸には、カルシウムの吸収を促す、血行や代謝を促進させる、アミノ酸の原料となる、疲労回復につながる、腎臓などの働きを活性化すなどの働きがあります。

■ワインの香りでリラックス

そして、ワインの香りにはリラックス効果が期待できます。適量を守り、1日の終わりにリラックスしながらワインを飲むことはとても良いこと。その際、香りも嗅いでいただきたいです。

ソムリエやどこかのワインマニアの方のように表現する必要はありません。良い香りだな、イチゴの香りだな、と香りを味わうだけで十分です。

赤ワイン、白ワイン、どちらにしても美容面でメリットがあるのは数杯飲んだときの話。もちろん、お酒が好きな方はたくさん飲む日があっても良いです。

私も数杯で終わらない日はけっこうあります。注意したいのは「美容に悪いかも」と思いながら飲むこと。それは心にも負担をかけてしまうことに。

ワインを飲んでちょっときれいになることを期待しながら、楽しいワインライフを。

この記事のライター

ソムリエ。ワイン輸入会社。日本の女性にもっとワインを飲んでもらいたくワイン会や執筆活動を行っています。女性全員が、アルコール含めて口に入れるものすべてを自分の意思で選べるような社会が目標。モットーはおいしく楽しく食べて幸せを...

関連する投稿


わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

【読むだけでモテる恋愛実験小説】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が〝愛される女〟をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた〝パンケーキ女〟に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


リンゴ6個分のポリフェノール! リンゴの摘果を使った「TEKIKAKA シードル」

リンゴ6個分のポリフェノール! リンゴの摘果を使った「TEKIKAKA シードル」

世界初、リンゴの摘果(テキカ)を使ったシードル「TEKIKAKA CIDRE(テキカカ シードル)が2月1日より発売開始となりました。摘果で摘まれる未熟りんごには、リンゴポリフェノールが成熟果の約10倍と高濃度に含まれ、本商品1本あたり、りんご6個分のリンゴポリフェノールが含まれています。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


美味しいワインと気軽なおつまみがあればいい。フランス流「アペロ・ディナトワール」のすすめ

美味しいワインと気軽なおつまみがあればいい。フランス流「アペロ・ディナトワール」のすすめ

フランス人が大好きなアぺリティフ(通称アぺロ)。食事の前のひとときとはいえ、ワインを片手に弾むおしゃべりは一体いつまで続くのかと思うほど。だけどそれは彼らのかけがえのない時間。また、ざっくばらんに楽しめる「アぺロ・ディナトワール」も人気。何気ない集まりも華やかになる、フランス流の楽しみ方をご紹介します。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。


おっぱい