きれいになりたいアラフォーよ、もっと図々しくなってもいい

きれいになりたいアラフォーよ、もっと図々しくなってもいい

きれいになりたい、という気持ちを「もうアラフォーだから」「私みたいなアラフィフのおばさんが」など年齢を言い訳にして、封印していませんか? きれいになりたい、と思うのは自然なこと。きれいになって誰かに迷惑をかけることなんてないのだから、大人の女性こそ、いい意味で図々しく、きれいになりたい自分を肯定して。


■アラフォーのきれいになりたい人たちへ

はじめまして。美容鍼灸師の木村瞳と申します。

きれいになりたいアラフォー前後の大人の女性向けに、東洋医学的な美容法やおすすめの美容アイテムなど、美に関するコラムをお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

自己紹介もかねて、私の話を少し。

私、普段は都内の美容鍼灸サロン「コスメティックミューズ」の代表兼美容鍼灸師としてお仕事をしております。

子供の頃からアトピーで、肌が非常に弱かったため、否が応にも美容やスキンケアに興味を持つことになり、コスメやエステ、リラクゼーションに美容クリニックなど、様々な美容法を試してきました。

20歳を過ぎたころにやっとアトピーは完治したものの、敏感肌であることに変わりはなく、ニキビができやすいからとピーリングに行けば、私の肌には刺激が強すぎて顔が赤く腫れたり、それを治すために皮膚科でステロイドを処方してもらえば、今度は顔が脂っぽくなり、ニキビが増えてしまったり。

かれこれ40年近く、この悩ましい敏感肌とおつきあいをし、ある意味体当たりで研究を重ねています。

■きれいになりたい――そんな思いでたどり着いた美容鍼の虜に

そんな私も、「あの、顔にいっぱい鍼を刺してる痛そうなやつでしょ?」と美容鍼灸にはなかなか手を出せずにいたのですが、あるとき、たまたま美容鍼灸のモニターに当選したことをきっかけに施術を受けることに。

「美に痛みはつきもの!」という気概で臨んだのですが、実際は痛みなんてほとんどなく、それどころか、頬のたるみ毛穴は小さくなるし、潰れそうなほど大きなニキビが翌朝になくなっていたというミラクルが起きて、すっかりその効果の虜に。

「美容鍼、すごかったよ!」と言い歩くだけでは飽き足らず、当時リラクゼーションサロンで働いていた私は、この技術を身につけるべく専門学校に通って、鍼灸師の国家資格を取り、現在に至ります。

■アラフォーで「きれいになりたい」気持ちを封印するのはもったいない

サロンのお仕事をしていて思うことは、アラサー、アラフォー……と年齢が上がるとともに、美容に関する興味・関心を「封印する」方が多い、ということ。

DRESS読者のみなさまは、美容に関心の高い方が多いと思いますので、あまり実感がわかないかもしれませんが、

「もうアラフォーでいい歳だから、いまさら美容に必死になっても……」
「私みたいなアラフィフのオバサンが受けてもたいして変わらない」
「鍼を受けるなら、年齢的に美容よりも肩こり・腰痛なのよね~」

と、年齢を理由に「きれいになりたい」という気持ちを押し込める方が非常に多いのです。

でも、美容という単語が出てきている時点で、興味や関心はあるはずなんです。本当に興味がない人は、そんな単語、頭に浮かんできませんから。

世間には、美魔女やアンチエイジングという言葉や、美容に関心が高いアラフォー前後の女性に対して、ポジティブなイメージを持たない方もいます。

そんな人たちに何か言われたらイヤ、という気持ちが、「歳だから」という言い訳につながっているのかな? と思うと残念でなりません。

いくつになってもきれいでいたいと思うのは自然なことだから、自分の気持ちにもっと素直になって「ずっときれいでいたい!」「もっときれいになりたい!」と言ってしまってもいいのに。

ネガティブな意見を言ってくる人だって、本音では「ただし美女ならOK!」と思っているに違いないのだから、自らにかけた年齢という封印を解いて、思いきって美女を目指してしまうのはいかがでしょう?

歳をとると、少なからず人は図々しくなるもの。であれば、外野の声なんて気にせずに、「前向きに図々しくなる」のもありではないかなと思います。

きれいになることで、誰かに迷惑をかけることなんてないのだから(むしろ喜ばれます)、大人の女性こそ、いい意味で図々しく、きれいになりたい自分を肯定しましょう。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。1978年生まれ。長野県出身。 自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が・内面が・生き方が美しい人になる」をメイ...

関連するキーワード


美容 美人

関連する投稿


もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

原因不明の嫌な症状、実はグルテン過敏症によるものかもしれません。マクロビやグルテンフリーを実践してきた筆者が、グルテン過敏症とは何かと、手軽にチェックする方法、グルテンフリーを実施する方法をご紹介します。


『大人美容 始めること、やめること』に学ぶ大人のきれい習慣【積読を崩す夜#6】

『大人美容 始めること、やめること』に学ぶ大人のきれい習慣【積読を崩す夜#6】

連載【積読を崩す夜】6回目は、『大人美容 始めること、やめること』(著:地曳いく子、山本浩未)をご紹介します。40代から変わる、今の自分に合うきれいとは、一体どういうものなのか。大人のきれいはやったもの勝ち、でも何をどう始めて、何をやめればよいのでしょうか。大人のための美容習慣を学べる一冊です。


マジシャンが教える「手をキレイに見せる方法」- 指先に自信はありますか?

マジシャンが教える「手をキレイに見せる方法」- 指先に自信はありますか?

どうしてあの手はキレイに見えるんだろう? グラスをとる仕草、会話中の動き……綺麗な手には憧れますよね。スキンケアや爪磨きはもちろん、その秘訣は「指の動かし方」にあります。そこで今回は、指先の魔法使いであるマジシャンに「指先をキレイにみせる方法」を伝授していただきました。


マジシャンが教える「美しい姿勢の作り方」- たった1秒の矯正レッスン

マジシャンが教える「美しい姿勢の作り方」- たった1秒の矯正レッスン

特別な理由もないのに、あの人だけ、なぜステキに見えるんだろう? 実は、その秘密は「姿勢」にあります。姿勢に気をつけるだけで、上品な雰囲気を醸し出せる……といっても本当の方法を知らないと逆効果です。そこで今回は、舞台に立つプロマジシャンに「美しい姿勢の作り方」を伝授していただきました。


美しい素肌のために「クレンジングをしない」勇気

美しい素肌のために「クレンジングをしない」勇気

クレンジングをしない、という選択肢なんて、以前は考えられなかった私。メイクがごっそり落ちる感覚はとても気持ちいいものですが、意外と肌へのダメージになっているかも……。なるべく負担をかけないようにするには? と思い始め、行き着いた結果は、「クレンジングをやめる」ことでした。


最新の投稿


「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

日本未上陸の最新韓国コスメが到着。美白大国・韓国でトレンドのUVコスメは「直塗りスティックタイプ」!? ETUDE HOUSE、MISSHAなど、人気韓国ブランドが こぞって発売しているスティックコスメに注目です。


夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

少女時代、『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)を手に取ったことがある方は少なくないのでは。大人になった今、偶然読み返す機会がありました。気づけば8月も残り10日余り。読書感想文に気を重くしていたあの頃に懐かしさを感じます。夏の終わり、若い頃に読んだ本をもう一度読んでみては?


最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

ジバンシイファンはもちろん、ジバンシイ製品をまだ利用したことのない方でも、 ジバンシイの魅力と世界観を存分に体感できるイベントをジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。


『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第7話では司の父が突然上京してきて、小林家に滞在することになる。


料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

カルパッチョやサラダ、肉・魚料理にも。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料「塩とレモンとオリーブオイル」が8月21日より全国で新発売。かけるだけで美味しい一品に。