きれいになりたいアラフォーよ、もっと図々しくなってもいい

きれいになりたいアラフォーよ、もっと図々しくなってもいい

きれいになりたい、という気持ちを「もうアラフォーだから」「私みたいなアラフィフのおばさんが」など年齢を言い訳にして、封印していませんか? きれいになりたい、と思うのは自然なこと。きれいになって誰かに迷惑をかけることなんてないのだから、大人の女性こそ、いい意味で図々しく、きれいになりたい自分を肯定して。


■アラフォーのきれいになりたい人たちへ

はじめまして。美容鍼灸師の木村瞳と申します。

きれいになりたいアラフォー前後の大人の女性向けに、東洋医学的な美容法やおすすめの美容アイテムなど、美に関するコラムをお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

自己紹介もかねて、私の話を少し。

私、普段は都内の美容鍼灸サロン「コスメティックミューズ」の代表兼美容鍼灸師としてお仕事をしております。

子供の頃からアトピーで、肌が非常に弱かったため、否が応にも美容やスキンケアに興味を持つことになり、コスメやエステ、リラクゼーションに美容クリニックなど、様々な美容法を試してきました。

20歳を過ぎたころにやっとアトピーは完治したものの、敏感肌であることに変わりはなく、ニキビができやすいからとピーリングに行けば、私の肌には刺激が強すぎて顔が赤く腫れたり、それを治すために皮膚科でステロイドを処方してもらえば、今度は顔が脂っぽくなり、ニキビが増えてしまったり。

かれこれ40年近く、この悩ましい敏感肌とおつきあいをし、ある意味体当たりで研究を重ねています。

■きれいになりたい――そんな思いでたどり着いた美容鍼の虜に

そんな私も、「あの、顔にいっぱい鍼を刺してる痛そうなやつでしょ?」と美容鍼灸にはなかなか手を出せずにいたのですが、あるとき、たまたま美容鍼灸のモニターに当選したことをきっかけに施術を受けることに。

「美に痛みはつきもの!」という気概で臨んだのですが、実際は痛みなんてほとんどなく、それどころか、頬のたるみ毛穴は小さくなるし、潰れそうなほど大きなニキビが翌朝になくなっていたというミラクルが起きて、すっかりその効果の虜に。

「美容鍼、すごかったよ!」と言い歩くだけでは飽き足らず、当時リラクゼーションサロンで働いていた私は、この技術を身につけるべく専門学校に通って、鍼灸師の国家資格を取り、現在に至ります。

■アラフォーで「きれいになりたい」気持ちを封印するのはもったいない

サロンのお仕事をしていて思うことは、アラサー、アラフォー……と年齢が上がるとともに、美容に関する興味・関心を「封印する」方が多い、ということ。

DRESS読者のみなさまは、美容に関心の高い方が多いと思いますので、あまり実感がわかないかもしれませんが、

「もうアラフォーでいい歳だから、いまさら美容に必死になっても……」
「私みたいなアラフィフのオバサンが受けてもたいして変わらない」
「鍼を受けるなら、年齢的に美容よりも肩こり・腰痛なのよね~」

と、年齢を理由に「きれいになりたい」という気持ちを押し込める方が非常に多いのです。

でも、美容という単語が出てきている時点で、興味や関心はあるはずなんです。本当に興味がない人は、そんな単語、頭に浮かんできませんから。

世間には、美魔女やアンチエイジングという言葉や、美容に関心が高いアラフォー前後の女性に対して、ポジティブなイメージを持たない方もいます。

そんな人たちに何か言われたらイヤ、という気持ちが、「歳だから」という言い訳につながっているのかな? と思うと残念でなりません。

いくつになってもきれいでいたいと思うのは自然なことだから、自分の気持ちにもっと素直になって「ずっときれいでいたい!」「もっときれいになりたい!」と言ってしまってもいいのに。

ネガティブな意見を言ってくる人だって、本音では「ただし美女ならOK!」と思っているに違いないのだから、自らにかけた年齢という封印を解いて、思いきって美女を目指してしまうのはいかがでしょう?

歳をとると、少なからず人は図々しくなるもの。であれば、外野の声なんて気にせずに、「前向きに図々しくなる」のもありではないかなと思います。

きれいになることで、誰かに迷惑をかけることなんてないのだから(むしろ喜ばれます)、大人の女性こそ、いい意味で図々しく、きれいになりたい自分を肯定しましょう。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・...

関連するキーワード


美容 きれい習慣

関連する投稿


美しい女性たちに聞く「淑女の心得」【猫川舐子】

美しい女性たちに聞く「淑女の心得」【猫川舐子】

私の考える「美しい女性」とは、人間らしさにあふれ、多様性に対する理解と寛容さがあること。これらの要素を持ち合わせる私の周りの素敵な女性たちに、美しくあるための「淑女の心得」について教えていただきました。彼女たちが理想の女性像を体現するために心の内に掲げるポリシーや、普段の生活で心がけていることをご紹介します。


入浴剤の代わりにおすすめ。キッチンにある3つのアイテムとは【百木ゆう子】

入浴剤の代わりにおすすめ。キッチンにある3つのアイテムとは【百木ゆう子】

市販の入浴剤の代わりにおすすめなアイテムを3つご紹介します。入浴剤選びは香りや色、使用感や効果などで購入される方が多いと思いますが、最も大切なのはどんな成分が含まれているか。リスクも知っておきましょう。今お使いの入浴剤があれば、成分表をチェックしてみてください。


美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

40代からの美しい腹筋はジムではなく食事から作られる! 欧米の最先端の栄養学を日本人向けにカスタマイズした、最短で痩せる究極の食事法を公開した『最少の努力でやせる 食事の科学』が発売となりました。


見せ方を工夫して、今より10倍キレイになる方法【長谷川朋美】

見せ方を工夫して、今より10倍キレイになる方法【長谷川朋美】

自分の見え方を知り、見せ方を工夫するだけで、今よりも10倍キレイになります。人に見られる仕事ではないから……などと言っていないで、自分が思っている自分と、人から見られている自分とのギャップを知って、理想の自分に近づく方法を詳しくご紹介します。


アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォーともなると、お肌の状態や体型のたるみなど、気になるところがたくさん! ただ美容に使えるお金には限りがあるため、「何をするか」は厳選しなくてはなりません。そこで今回はアラフォーの女性に聞いた、「お金をかけてよかった美容」をご紹介します。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい