生涯未婚率上昇……ひとりで生きるなら「ソロで生きる力」を身につけよう

生涯未婚率上昇……ひとりで生きるなら「ソロで生きる力」を身につけよう

生涯未婚率とは、50歳時点における未婚者の割合を示す率。2015年の「国勢調査」によると、女性の生涯未婚率は14.1%。前回調査(5年前)と比べて3.4%上昇し、今後も生涯未婚率推移は上がる傾向にあると見られている。「ソロ社会」の到来に、私たちはどう備えると良いのか。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『超ソロ社会「独身大国・日本」の衝撃』。

■書籍情報


20年後、日本は人口の半分が独身者の国になる。未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。

高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されているが、このソロ社会化こそ、日本が世界に先駆けて直面する課題だ。

社会学者ベックやバウマンが提唱している社会の個人化も確実にやってくる。それは、家族や職場といった安心・安定した従来のコミュニティがなくなる未来でもある。

しかし、それは決して暗黒の未来ではない。農業革命や産業革命以来の大きな転換期にいる私たちに必要なのは、「ソロで生きる力」である。

それは、決して孤独に耐える力ではない。むしろ「人とつながる力」であり、それによって「新たな自分を生みだす力」である。独身者だけの問題ではない。配偶者に依存しがちな高齢夫婦にとっても欠かせない力だ。

物理的にひとりでいることよりも、心理的に孤立する方が問題なのだ。「ソロで生きる力」とは、自由とは何か? 自立とは何か? 自分とは何か? を問うことと同義でもある。

■こんな女性に読んでほしい

「いろいろがんばりすぎて疲れてしまった」「本当の自分がわからなくなってしまった」そんな未婚女性の方。

■著者からのメッセージ

幸せになるために、一所懸命勉強して、いい会社に就職して、仕事でも成果を出せば出すほど、そういった女性が結婚から遠のいていくという話をよく聞きます。何の罰ゲームでしょうか?

勉強も仕事もがんばってしまう女性ほど、婚活もがんばるし、なんでも達成しようとしてしまう傾向があります。がんばることは素敵なことですが、自分ががんばることだけに依存してしまってはいけないと思います。

本書では、精神的自立としての「ソロで生きる力」を提唱していますが、それは誰にも頼らず孤独に生きていく力のことではありません。「ソロで生きる力」とは、むしろ誰かとつながる力です。

誰かと関わることは、新しい自分を育むことにつながります。自立とは何者にも頼らないことではなく、依存することができる多くのモノや人に囲まれて、自分で選択や自己決定ができるということです。

多様性が叫ばれていますが、自分の中にある多様性にも目を向けてみてください。本当の自分という唯一無二のアイデンティティに縛られず、人と関わることでたくさんの自分を新しく生み出すことが大切です。

独身であるという物理的に一人な状態が孤独なのではありません。心理的に孤立してしまうことの方が問題です。

この本は、決して暗い未来を提示したいというものではありません。読者の皆さんが、ソロ社会の未来について理解を深め、未婚とか既婚とか、若者とか大人とか、男とか女とか、今まで自分に冠していたあらゆるレッテルや属性を一旦取っ払って、「自分」に向き合うきっかけとなれば幸いに思います。

■目次

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)


第1章 増えるソロで生きる人たち
第2章 ソロで生きる人々を許さない社会
第3章 男たちは嫌婚になったのか
第4章 結婚してもソロに戻る人たち
第5章 ソロたちの消費
第6章 ソロ社会の未来

■荒川和久さんのプロフィール

早稲田大学法学部卒業。博報堂入社後、自動車・飲料・ビール・食品・化粧品・映画・流通・通販・住宅など、幅広い業種の企業業務を担当。キャラクター開発やアンテナショップ、レストラン運営も手掛ける。独身生活者研究の第一人者として、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・Webメディア多数出演。著書に『超ソロ社会-独身大国日本の衝撃』(PHP新書)『結婚しない男たち-増え続ける未婚男性ソロ男のリアル』(ディスカヴァー携書)など。


この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


結婚 独身 ブックレビュー

関連する投稿


夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

少女時代、『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)を手に取ったことがある方は少なくないのでは。大人になった今、偶然読み返す機会がありました。気づけば8月も残り10日余り。読書感想文に気を重くしていたあの頃に懐かしさを感じます。夏の終わり、若い頃に読んだ本をもう一度読んでみては?


「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

国籍が違う。それでも愛せますか? 宗教が違う。それでも愛せますか? 子供が産めないかもしれない、体が不自由である、何か障害を持っている、家族に問題がある……それでも愛せますか? 結婚って、それらを試すものなのかもしれません。誰にでもある“結婚の試練”について、いい女.botさんが綴ります。


湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

老化の兆しがくっきりと現れ、気の滅入ることが増えるアラフォー世代。そんなアラフォー世代を楽しく乗り切るヒントが、湯山玲子さんの著書『四十路越え』の中にあります。


やっぱりこの世は愛よりお金? 収入だけじゃない結婚後のお金事情

やっぱりこの世は愛よりお金? 収入だけじゃない結婚後のお金事情

婚活中の女性と話していると話題になるテーマは相手の条件。「お金? 愛?」または「お金? 性格?」。結婚相手に求める条件は人それぞれで、どんな条件の人と結婚すれば幸せになれるかはわかりません。それでも結婚の条件の中で「お金」は優先順位が高い。そこで、お金の専門家視点から年収以外にも知っておきたいお金の話をお伝えします。


1日3杯の緑茶で美くびれに!? 和食でアンチエイジングを説いた本【積読を崩す夜 #7】

1日3杯の緑茶で美くびれに!? 和食でアンチエイジングを説いた本【積読を崩す夜 #7】

連載【積読を崩す夜】7回目は、『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなる』(著:エリカ・アンギャル)をご紹介します。ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントとして一躍注目を集めたエリカ・アンギャルの最新刊。日本の和食がテーマとなっています。


最新の投稿


どんな自分も愛してほしい。ダメな自分もさらけ出せるパートナーの見つけ方

どんな自分も愛してほしい。ダメな自分もさらけ出せるパートナーの見つけ方

パートナーの前で、ダメな自分やカッコ悪い自分をさらけ出せますか? 長く同棲する、結婚するとなれば、常に良いところばかり見せるなんて、まず無理。どんな状態の自分も安心して受け入れてくれる人を見つける方法、考えてみませんか。


【札幌DRESS部】 マクラメ紐とチャームで作る秋のアクセサリー作り

【札幌DRESS部】 マクラメ紐とチャームで作る秋のアクセサリー作り

さまざまな色のマクラメ紐と、パールネックレスか天然石ブレスレットなどのジュエリーから好きな素材を選んで自分だけの一点物のアクセサリーを作りましょう。


「楽しく痩せたい」ワガママな女性の願いを叶えるフォトジェニックな美味しい飲み物

「楽しく痩せたい」ワガママな女性の願いを叶えるフォトジェニックな美味しい飲み物

夏といえば、ワクワクが詰まった魅力的な季節。せっかくなら、最後までめいっぱい楽しみたいですよね。でもその前に、夏を楽しむ準備、ちゃんとできていますか? 今回は、ダイエット中にもいただける、フォトジェニックなドリンクやスイーツをご紹介します。


牛ヒレ肉が主役のレシピ3品。ダイエット中にぴったり

牛ヒレ肉が主役のレシピ3品。ダイエット中にぴったり

牛ヒレ肉のレシピを3品ご紹介します。肉こそダイエットに向いた食材のひとつ。なかでも牛ヒレ肉はとてもヘルシーで、ダイエット中の方にも積極的に食べていただきたいです。Diet Geniusのシェフが絶妙な火入れをした、とびきり美味しそうな写真でご覧ください。


12星座ファッション占い~2017年下半期の恋愛・仕事・マネー運はどうなる?

12星座ファッション占い~2017年下半期の恋愛・仕事・マネー運はどうなる?

認定心理士でもあり、Ameba公式No.1占い師としても活躍する脇田尚揮さん。今回は、下半期の恋愛・仕事・マネー運を、12星座ごとにファッション占いで紹介。ファッション・カラー・アイテムなどチェックすべきポイントがもりだくさんな内容に。


DRESS部活