履くだけでいつもと違う私に変身! 女をあげる3つのブランド靴

履くだけでいつもと違う私に変身! 女をあげる3つのブランド靴

セルジオ・ロッシにサルヴァトーレ・フェラガモ、クリスチャン・ルブタン……元GUCCIカリスマ販売スタッフ・横田真由子さんが、特別なときに履きたい靴を3足、その特徴や魅力とともにご紹介します。


「ハイヒールを履くとどんな女性もシンデレラになれる」
「ブーツとタイツの正しいマナーを身につけて。年末年始も靴で女の品格を上げる!」
「靴磨きの方法をマスターしよう! 3つのステップで美しい靴を保って運気アップ」と、これまで3回にわたって、靴の履き替えで気持ちを切り替える方法、靴の手入れ法をお伝えしてきましたが、最終回の今回は、元GUCCIカリスマ販売スタッフ・横田真由子のおすすめ靴をご紹介したいと思います。

■凛としたキャリアウーマンになれる仕事用自立パンプス

まず最初に、カッコいいキャリアウーマンになりたいのなら、「セルジオ・ロッシ」のパンプスがおすすめです。

立ち仕事や歩く仕事だと、3~5cmヒールでないと無理だと思いがちですが、この靴は、その概念を変えてくれます。「山にも登れるパンプス」というあだ名があるくらい、履きやすい靴です。

ヒールの踵部分、1点に体重が乗る感覚があるので、安定感があります。7~9cmのヒールでも走れるし、階段も楽に上り下りができます。靴が身体の一部のようだと感じられるでしょう。

脚が長く、スタイルが良く見えるヒールの高さは、やはり7〜9cmです。この高さの靴は、ほど良い緊張感を与えてくれますので、プレゼンテーションで人前に立つ場面などで履くと、自信と存在感が増すのです。

■幸せな淑女になれるエレガンスの定番靴

自立心のある女性でも、たった一人のプリンセスとして、誰かから大切に扱われたいという気持ちは必ずどこかに持っている気がします。

そんな幸せな淑女になりたいときは、サルヴァトーレ・フェラガモの定番「ヴァラ」を履いてみましょう。

1978年の発売以来、100万足以上も売れたと言われるこの究極の王道靴は、コンサバでありながら、キュートなリボンのデザインで、時代が変わっても女性のハートをがっちりつかむアイテムです。

フェラガモのリボンのデザインは、大人の女性のかわいらしさを強調するだけでなく、清楚さを醸し出す効果があり、男性受けも良いようです。丸みのあるつま先や、低めのヒールは安心感があり、エレガントです。

あまりにも流行の最先端という尖ったアイテムよりも、コンサバティブな部分が残るアイテムの方が、多くの人の支持を得るのです。女性に売れるアイテムは、実は男性のハートもつかんでいるということではないでしょうか。

■女性としての高揚感に浸れる小悪魔の靴

日本人の女性は、仕事に懸命になっているときや、誰かのためにがんばっているとき、「女性らしさ」を置き去りにしてしまいがちだと感じます。

日常生活で女性としての高揚感に浸ることは、絶世の美女を除いては、そうあることではありません。けれども、この靴だけは特別です。そう、「クリスチャン・ルブタン」です。

靴底が赤いこの靴は、どんな方でも一度は目にしたことがあるはず。他人には見せない足裏が赤く彩られていることは、何だか秘密めいていて、決して本心を見せず男心を翻弄する小悪魔のような靴なのです。

この赤い色は、デザイナーが女性のペディキュアからインスパイアされたと言われています。

歩いたときに、ちらりと覗く赤色は、後ろ姿を魅力的に見せてくれます。実は他者から見られている姿は、正面よりも後ろ姿が多いのです。

マリリン・モンローばりに歩けてしまうこの靴を履くとき、どんな女性にも魔法がかかります。女性として自信が持てないとき、この靴はとっておきの効果を発揮してくれるでしょう。

ブーツとタイツの正しいマナーを身につけて。年末年始も靴で女の品格を上げる!

https://p-dress.jp/articles/2706

ブーツやタイツは冬の必須アイテム。でもこの二つ、フォーマルなファッションではなく、防寒具だとご存じですか? 履いてもいいけれど「履き替え」を提案するのは、『すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる』著者、横田真由子さん。靴で品格を上げる方法をご紹介します。

靴磨きの方法をマスターしよう! 3つのステップで美しい靴を保って運気アップ

https://p-dress.jp/articles/2707

靴磨きを習慣化してみませんか? 靴を磨くことで足元から良い運気が舞い込んできます。『すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる』著者の横田真由子さんが、靴磨きの方法や頻度、道具など、明日からできる靴磨きの手順をご紹介します。

Text/横田 真由子(よこた まゆこ)
GUCCI JAPAN(現 株式会社ケリングジャパン)販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。顧客獲得数NO.1となる。VIP客の物選びに女性としての優雅な生き方を学び、独自の「大人エレガンス」を実践。2004年研修講師として独立。「行動力が人生を変える」との思いから、英語の「do」と同義のイタリア語「fare」を 屋号に、「オフィスファーレ」設立。キャリアカウンセラーとして女性のキャリア支援を行い満足度、リピート率は97%。著書に『すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる』、『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

本体価格:1380円+税 ISBN:978-4295400363
発行:株式会社クロスメディア・パブリッシング

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんといえば、インスタグラムで育児日記をアップしたら、フォロワー10万人と大人気になり、ついに書籍化に至った、あの「なつきママ」。なつきママが子育て絵日記本『#ピヨトト家〜うちのアホかわ男子たち〜』で描く3歳と1歳のふたりの男の子は、アホでかわいくて、子育て中のママ&パパなら、誰もが思わず笑っちゃうはず。


夏のお出かけサンダル「DECK SHOES」に新色

夏のお出かけサンダル「DECK SHOES」に新色

素足で出かけたくなる季節。素足が喜ぶ、素足のための「DECK SHOES」が、2017年バージョンの新色で登場。水に強く汚れも気になりづらいデッキシューズで、今夏いろいろな場所へ出かけよう。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


好きな場所で幸せに働く 図書館司書の本棚【本棚百景#6】

好きな場所で幸せに働く 図書館司書の本棚【本棚百景#6】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】6回目は、東京都在住ユイさん(仮名)の本棚をご紹介します。


「好きだけど似合わない色」は足元で取り入れる

「好きだけど似合わない色」は足元で取り入れる

好きだけど似合わない色、ってありませんか? わたしの場合、濃いグリーンや濃いブルーは顔映りが悪くなってしまうため、トップスには選ばないことにしています。でも、ファッションに好きだけど似合わない色を素敵に取り入れたいなら、ボトムスやシューズだと思いっきり楽しめます。


最新の投稿


【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

世界初のマニキュア(ネイルポリッシュ)専用に作られたブラシ「CURE BRUSH(キュアブラシ)」が7月下旬より販売開始に。爪の大きな人向け、爪の小さな人向けそれぞれに対応したブラシをご用意。セルフネイル=マニキュアが塗りづらい、というお悩みから解放されそうです。


元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

コルセットダイエットをご存知ですか? そもそもコルセットとは、肋骨の開きを引き締めてくびれを作ることで、骨格から変えていくアイテム。それを利用したコルセットダイエットという方法がネット上で話題になっています。私もコルセットを購入して始めてみました。始めたばかりですが、どうやって取り組むのか、具体的にご紹介します。


祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

亡き祖母は、若かりし頃にジュエリーデザイナーをしていました。祖母の想いが込められたジュエリーは、宝飾品という概念を超え、かけがえのない宝物として、祖母から母へ、母から私へと受け継がれています。ジュエリーを用いたファッションやジュエリーのメンテナンス、収納方法などをお伝えします。


40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


DRESS部活