ZARAアイテムちょい足しで、こなれパーティースタイルに【デキる女の決断クローゼット #14】

ZARAアイテムちょい足しで、こなれパーティースタイルに【デキる女の決断クローゼット #14】

ZARA(ザラ)といえば私たちの定番ブランドのひとつ。リーズナブルでありながら、あまり人とはかぶらない、おしゃれなトレンドアイテムが揃います。ZARAの小物を合わせて、こなれたパーティースタイルを作るアイデアをご紹介します。


忘年会、新年会の季節。いつもの雰囲気とはかけ離れたパーティドレスを選んでしまい「私、がんばりすぎ?」と不安になることも。かといって、黒や白の服を着ただけでは若干地味目で、パーティーらしい華やかさに欠けます。

今回、手持ちの服にZARAのアイテムをプラスし、こなれて見えるパーティースタイルを考えてみました。

■NGなのは「真っ白」と「真っ黒」

フォーマルの装いとして、選びたくなるのが「真っ白」と「真っ黒」。この2色、定番なだけにパーティーでは人とかぶりまくります!

この2色の服を選んだ方はとくに、服を着ただけでコーデを終わらるのではなく、「ちょっと華やかすぎる?」と思えるくらいの小物を足しましょう。

ZARAで探した「盛り小物」その1 ファイクファーストール、キラキラチョーカー

黒いワンピースに、普段使いの細いアクセサリーやシンプルなシューズでは迫力不足。毛足の長いフェイクファーのストールと大ぶりのアクセサリー、そしてキラキラのビジューのついたサンダルを足しました。光小物は照明が暗い室内で見栄えがします。「ちょっと派手?」くらいのアイテムを合わせるのがコツ。

■いつものデニムに、パーティーらしい華やか小物をプラス

日頃、パンツやデニムが多い方だと、パーティーだからと急にスカートになるのも居心地が悪いもの。華やかなアイテムと、普段のカジュアルなアイテムを組み合わせることで、こなれたパーティーカジュアルに挑戦してみましょう。

ZARAで探した「盛り小物」その2 金ぴかブラウス、ミニバッグ

いつものデニムに、パーティー気分が盛り上がる金ぴかブラウスを合わせてみました。トップスでゴールドを取り入れる場合は、少し暗めなブラックゴールドを選ぶと、顔から浮きません。ストールをふわっと肩がけして、顔まわりに華やかさを出しましょう。いきなりの金ぴかに抵抗があるかたは、上にジャケットを重ねても◎。

ただし、このコーデに大きなブランドバッグを持ってしまうと、一気におばちゃんっぽくなってしまいますのでご注意を。パンチがある、遊び心のある小さめバッグで、さらにこなれた感じを出しましょう。

■まとめ:手持ち服でもZARAの小物を足すだけで、一気に華やかスタイルに

手持ちの服にZARAのインパクト小物を足せば、いつもの自分らしさを保ちながらも、こなれたパーティースタイルに変身。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人が持っているのは、唯一無二の存在感、つまりはその人らしさ。おしゃれとは差別化のこと、といっても過言ではありません。真におしゃれな人が持っている要素は、「人とは違う自分らしさ」ではないかと思うのです。


ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。


初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織ものといえば、ロングカーディガンタイプのものが定番でした。でも、今年になって大きな変化が! 旬はシャキッと感のあるロングシャツ。羽織もののニューフェースとなったロングシャツはとても優秀。どれだけ「使える」のか詳しくご紹介します。


ファッションでなりたい自分になる方法【デキる女の決断クローゼット #19】

ファッションでなりたい自分になる方法【デキる女の決断クローゼット #19】

選ぶ服は自分が思っている以上に自分を現すもの。だからこそ、なりたい自分になるには、ファッションを通じて理想のイメージに近づけることもできるわけです。ファッションでなりたい自分になる方法をご紹介します。


UNIQLOのUVカットカーディガンでウエスト位置を作る上品コーデ

UNIQLOのUVカットカーディガンでウエスト位置を作る上品コーデ

UNIQLOのUVカットカーディガンは1990円とリーズナブルなのに優秀。ボトムスにインして上品に着こなすのにぴったり。とくに最近のお気に入りはボタンを閉めて、ニットのように着ること。体に沿ってくれるのでトップスのラインがすっきりします。カーディガンを取り入れて「ゆるボトムス」を上品に着こなすアイデアをご紹介します。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活