【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

出会って間もない男性から届く「おはよう。今日はいい天気だね。一日がんばろうね」といった、なんて返せばいいの……と戸惑うつまらないLINE。でも、そのLINEを送ってきた意図を読み取り、的確に返さなければ、いい男をものにすることはできない。


■気になる男性とLINE がスタート、しかし翌朝から悪夢

32歳OLのカオルさんは久々にウキウキしていた。
お見合いでカップルになった35歳イケメンサラリーマン、カズヤさんと意気投合、ディナーまでしてきた。こんなに盛り上がった出会いは初めてだった。


帰りの電車で最初にやることは一つだ。LINE、である。
アプリを起動させて、カズヤさんからもらったIDを入力。
さっそく、彼女はメッセージを打ち始めた。


「今日はありがとうございました。とても楽しかったです」
そして、かわいいクマさのスタンプをポンと押した。


すぐに既読になり、彼からすぐに返事が届いた。
「僕も楽しかったですよ。夜遅いので、気をつけて帰ってくださいね。おやすみなさい」

■朝いちばんの彼からのメッセージから状況が一転

翌朝月曜日。出勤途中にLINEがきた。カズヤさんからだった。
「おはようございます。今日はいい天気だね。一日がんばろうね」


え? なにこれ……なんて返したらいいの?
「そうですね、いいお天気ですね。って返すのが正解なの? それじゃ白々しすぎるし、次会話続かないよぉ…」
半泣きになりながら、カオルさんは、「いいお天気だと朝から元気でますよね、お仕事がんばってくださいね」とメッセージを送った。


本当はもっと彼と交流をしたい。でもまだ彼からの返事はない。
自分から何度もメッセージするのは気が引けるものだ。


夜9時頃。やっと彼からメッセージがきた。
「今日も無事に仕事が終わりました。お疲れ様です」
はぁぁぁ!? 一日待ってこんな程度のメッセージかっ!


カオルさんはモヤモヤとしながらも、「お仕事お疲れ様でした」と一言メッセージを送った。その後彼からのメッセージはなく、二人とも自然消滅をしていった。


■一見「しょうもないメッセージ」を送った背景

(メッセージの例)

驚くべきことに、カズヤさんはカオルさんに一目惚れをしていた。
では、なぜ彼はしょうもないメッセージを送ったのか。


カズヤさんはその理由を教えてくれた。
「仕事もけっこう忙しいのに、どうでもいい人にメッセージなんて送らない。カオルさんに惹かれたからメッセージを送ったのです」


じゃあ、なぜたいした内容もないメッセージだったのか。彼に聞いてみるとさらに答えが見えてきた。
「カオルさんのメッセージを見てください。ありがとう、楽しかった、お疲れ様です、だけですよね。そこで、どうやって深い話をしたらいいのかわかりかねます。共通の話題も共通の知人もいないので。それに忙しくてLINEを長時間する時間もありません。またお会いしたいと思いましたけど、LINEが盛り上がらなくて自然消滅というわけです」


つまり、カオルさんは自分が表面的な社交辞令的なメッセージを出している自覚はなかった。それを棚に上げて、相手の社交辞令的なメッセージに腹を立てている。
一方、彼の方はまたお会いしたいと思っている。メッセージでやりとりを楽しむというよりも、会う約束をLINEで取り付けたいと思っていたのである。だからどうでもいいメッセージでもいいから彼女とコンタクトを取ろうとしたのである。


■気になる男性と盛り上がった後、どうでもいいメッセージがきたとき……それは次のデートに誘いたい証拠

第一線で働く男性は忙しい。仕事はデキる人のところに集まるからだ。そんな時間がない中で、LINEがきているというわけ。内容よりもメッセージがあるということに着目することがポイントなのだ。


LINEと忙しい男性との相性は悪い。LINEの面白さはラリーにある。ラリーが煩わしい彼らにとって、LINEは苦痛以外の何者でもない。


できる男性と結婚したいと思うならば、まずそれに気が付かなければいけない。


ではどうでもいいメッセージがきたらどうしたらいいのか。
ラリーをするのではなく、ストライクにボールを投げるのだ。
「またお会いしたいです。私の候補日は◯◯です。(候補日は3つあげる)
 ご都合のつく日を教えてもらえませんか」と。


そんないきなり誘うなんてと思われるかもしれない。でも彼らはラリーができない。できないまま約束できなければ自然消滅してしまう。気になる女性とラリーしたくても時間もないし、技術もないからだ。


すると、彼らも候補日を教えてくれる。できる男性ならデート場所はちゃんと導いてくれるので、その場所の提案を待つ。これができれば、LINEのやりとりがイマイチで、どうでもいいメッセージしか届かなくてもリアルで楽しめる。


結婚はリアルだ。LINEのラリーでいちいち審査する必要はないのである。
LINEで盛り上がらないからこの出会いはボツ! と考えているならば、ぜひこの方法を試してみてほしい。






この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連する投稿


恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

異性が愛おしいと思う、LINE(ライン)のやりとりとは一体どんなものか? 今回は、LINEを使った大人の恋愛テクニックについて、コミュニケーションコンサルティング会社を経営する西澤 史子さんにお話を聞いてみました。男性と恋愛に発展する上でかかせないポイントは「素直な気持ち」です。


別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

伊藤有紀、フリーライター。10年前に夫を交通事故で亡くしてから、ひとりで息子を育ててきた。50歳も目前になって、急遽婚活を開始することに。「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話をお届けします。


女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達とは、何かを共有していれば、共感していれば、ずっと仲良くやっていけると思っていた。でも、年齢を重ねるにつれ「それは違うんじゃない?」と思う部分が出てくる。慣れたはずのやりとりを忘れてしまう瞬間とは。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


最新の投稿


いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。