1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

Share

出会って間もない男性から届く「おはよう。今日はいい天気だね。一日がんばろうね」といった、なんて返せばいいの……と戸惑うつまらないLINE。でも、そのLINEを送ってきた意図を読み取り、的確に返さなければ、いい男をものにすることはできない。

【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

■気になる男性とLINE がスタート、しかし翌朝から悪夢

32歳OLのカオルさんは久々にウキウキしていた。
お見合いでカップルになった35歳イケメンサラリーマン、カズヤさんと意気投合、ディナーまでしてきた。こんなに盛り上がった出会いは初めてだった。


帰りの電車で最初にやることは一つだ。LINE、である。
アプリを起動させて、カズヤさんからもらったIDを入力。
さっそく、彼女はメッセージを打ち始めた。


「今日はありがとうございました。とても楽しかったです」
そして、かわいいクマさのスタンプをポンと押した。


すぐに既読になり、彼からすぐに返事が届いた。
「僕も楽しかったですよ。夜遅いので、気をつけて帰ってくださいね。おやすみなさい」

■朝いちばんの彼からのメッセージから状況が一転

翌朝月曜日。出勤途中にLINEがきた。カズヤさんからだった。
「おはようございます。今日はいい天気だね。一日がんばろうね」


え? なにこれ……なんて返したらいいの?
「そうですね、いいお天気ですね。って返すのが正解なの? それじゃ白々しすぎるし、次会話続かないよぉ…」
半泣きになりながら、カオルさんは、「いいお天気だと朝から元気でますよね、お仕事がんばってくださいね」とメッセージを送った。


本当はもっと彼と交流をしたい。でもまだ彼からの返事はない。
自分から何度もメッセージするのは気が引けるものだ。


夜9時頃。やっと彼からメッセージがきた。
「今日も無事に仕事が終わりました。お疲れ様です」
はぁぁぁ!? 一日待ってこんな程度のメッセージかっ!


カオルさんはモヤモヤとしながらも、「お仕事お疲れ様でした」と一言メッセージを送った。その後彼からのメッセージはなく、二人とも自然消滅をしていった。


■一見「しょうもないメッセージ」を送った背景

(メッセージの例)

驚くべきことに、カズヤさんはカオルさんに一目惚れをしていた。
では、なぜ彼はしょうもないメッセージを送ったのか。


カズヤさんはその理由を教えてくれた。
「仕事もけっこう忙しいのに、どうでもいい人にメッセージなんて送らない。カオルさんに惹かれたからメッセージを送ったのです」


じゃあ、なぜたいした内容もないメッセージだったのか。彼に聞いてみるとさらに答えが見えてきた。
「カオルさんのメッセージを見てください。ありがとう、楽しかった、お疲れ様です、だけですよね。そこで、どうやって深い話をしたらいいのかわかりかねます。共通の話題も共通の知人もいないので。それに忙しくてLINEを長時間する時間もありません。またお会いしたいと思いましたけど、LINEが盛り上がらなくて自然消滅というわけです」


つまり、カオルさんは自分が表面的な社交辞令的なメッセージを出している自覚はなかった。それを棚に上げて、相手の社交辞令的なメッセージに腹を立てている。
一方、彼の方はまたお会いしたいと思っている。メッセージでやりとりを楽しむというよりも、会う約束をLINEで取り付けたいと思っていたのである。だからどうでもいいメッセージでもいいから彼女とコンタクトを取ろうとしたのである。


■気になる男性と盛り上がった後、どうでもいいメッセージがきたとき……それは次のデートに誘いたい証拠

第一線で働く男性は忙しい。仕事はデキる人のところに集まるからだ。そんな時間がない中で、LINEがきているというわけ。内容よりもメッセージがあるということに着目することがポイントなのだ。


LINEと忙しい男性との相性は悪い。LINEの面白さはラリーにある。ラリーが煩わしい彼らにとって、LINEは苦痛以外の何者でもない。


できる男性と結婚したいと思うならば、まずそれに気が付かなければいけない。


ではどうでもいいメッセージがきたらどうしたらいいのか。
ラリーをするのではなく、ストライクにボールを投げるのだ。
「またお会いしたいです。私の候補日は◯◯です。(候補日は3つあげる)
 ご都合のつく日を教えてもらえませんか」と。


そんないきなり誘うなんてと思われるかもしれない。でも彼らはラリーができない。できないまま約束できなければ自然消滅してしまう。気になる女性とラリーしたくても時間もないし、技術もないからだ。


すると、彼らも候補日を教えてくれる。できる男性ならデート場所はちゃんと導いてくれるので、その場所の提案を待つ。これができれば、LINEのやりとりがイマイチで、どうでもいいメッセージしか届かなくてもリアルで楽しめる。


結婚はリアルだ。LINEのラリーでいちいち審査する必要はないのである。
LINEで盛り上がらないからこの出会いはボツ! と考えているならば、ぜひこの方法を試してみてほしい。






Share

大西 明美

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード

関連記事

Latest Article