秋旅にいかが?旅とアートの融合に感動する「大地の芸術祭」の里がすごかった

秋旅にいかが?旅とアートの融合に感動する「大地の芸術祭」の里がすごかった

広大な自然と景色のなかでは、集落ごとに数々のアートが存在していた。3年に1回「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が開催される、新潟県の越後妻有を訪れた。開催年以外の年でも、1年中アート作品が楽しめるのだ。


東京から新幹線で約2時間ほどの場所にそれはある。「人間は自然に内包される」との理念にもとづき、過疎高齢化が進むなか、地域が持つ美しい里山を舞台に地域再生を築くことを目標とした芸術祭。

開催にあたっては、芸術家が地域の人に歩み寄るところから始まる。地域活性化とはいっても、見ず知らずの人々がいきなり「現代アート」という得体の知れないものを作ることについて、当初は住人の反対が強かったという。

それでも説明に説明を重ね、時間をじっくりかけ、共同作業を行いながらようやく2000年にスタートした大地の芸術祭。3年に一度のトリエンナーレでは国際的な芸術祭となる。そうした説明を聞きながら集落ごとの作品を楽しむ。
その間、嬉しそうに話しかけてくださる地元の方々との出会いもあった。笑顔がとても印象的。アートはもちろん、地元の方々との貴重な交流も楽しめる旅だった。

以下に、私の心に強く残った作品をいくつかご紹介しよう。

〇Kiss&Goodbye 
両親を亡くした日から、ずいぶんたくさんの昔の思い出を忘れてしまった少年シュウ。田舎に向けて走り出した列車に乗って彼は何を思うのか。大地いっぱいにある美しい景色や夢を見ながら強く生きていく勇気や奇跡。台湾絵本作家ジミー・リャオが醸し出す世界。

色の美しさに惹かれ、お土産にとこの絵本を買ったのだが、自宅で読み直すとうっかり涙が出てしまった。

〇絵本と木の実の美術館
自分の母校ではないはずなのに、どこか懐かしく、小学生に戻って同級生に会えるような気すらしてしまう高揚感! 「廊下は走らない!」と先生に怒られそうだけど、つい足取りが軽やかに、いくつもの教室を覗く。「絵本と木の実の美術館」は現在閉校している小学校をすべてアートにしたもの。「学校は空っぽにならない」をテーマに8年前の最後の卒業生3人がストーリーとなりアートを繰り広げる。明治時代から続いた学校には当時のまま年表も残っており、今でも元気な子どもたちの息遣いが聞こえるようだ。ヤギのユキも入学していたという。

〇三省ハウス
廃校になった木造校舎の宿に宿泊した。客室は以前教室だった空間に二段ベッド。
夕食は三省ハウスのグラウンドが秋限定でアート&キャンプ場に。ラーメンで初めてミシュランに輝いた森住康二シェフの豪華なディナーを楽しんだ。生ライブやキャンプファイヤーに寒さを忘れ、テンションが上がる。

〇ダウンヒル
せっかくなら体を使って自然を堪能するのも面白い。概ね下りメインのコースを爽快にダウンヒル。途中、美人林では自転車を止めてゆっくり散歩を楽しんだ。

他にも車移動の途中でも数々のアート作品が満載。11月以降もイベント盛りだくさんの「大地の芸術祭」の里へ出かけてみては。

越後妻有 大地の芸術祭の里
http://www.echigo-tsumari.jp/

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・女恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味は高校・大学野球・アクリル画、銭湯。

関連するキーワード


アート 新潟

関連する投稿


チェコで人気な日本文化――離れた場所から見る日本は愛おしい

チェコで人気な日本文化――離れた場所から見る日本は愛おしい

日本から遠いチェコでの暮らしの中で、より日本の文化を感じることができる今日この頃。離れたからこそわかる日本の良さや、美しさ。


【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

北欧諸国であるデンマークは、世界に誇るデザイン大国です。日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念した展覧会が、9月9日(土)より、静岡市美術館で開催します。こちらの招待券を5組10名様にプレゼント。


アーティスト舘鼻則孝「リ・シンク展」

アーティスト舘鼻則孝「リ・シンク展」

「日本文化の温故知新」を体感できるスポットが8月12日より表参道に登場。アーティスト舘鼻則孝が最大規模となる個展「舘鼻則孝 リ・シンク展」を開催します。


青山でイラストレーター緒方環さんの個展開催。8月27日まで

青山でイラストレーター緒方環さんの個展開催。8月27日まで

酵素パックのスキンケアライン「AUSE(オウセ)」のテーマイラストを担当する、緒方環さんの個展を青山・JEANPAULKNOTT AOYAMAにて開催。8月4日〜27日まで。


理屈抜きの楽しさ! 参加型エンターテインメント「ドラムストラック」

理屈抜きの楽しさ! 参加型エンターテインメント「ドラムストラック」

アフリカの伝統的な打楽器を使ったパフォーミング・アート「ドラムストラック」。何といってもその楽しさは、観客一人ひとりが演者になれることです。客席に用意された「ジェンべ」というアフリカンドラムを叩くうち、理屈も悩みも吹き飛んで、さわやかな満足感に包まれること間違いなし。一度は体験したい、夏のエンターテインメントです。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい