【終了しました】池田園子編集長×兎村彩野さん『はたらく人の結婚しない生き方』出版記念トークイベントが開催決定!

【終了しました】池田園子編集長×兎村彩野さん『はたらく人の結婚しない生き方』出版記念トークイベントが開催決定!

婚活に悩む人、「早く結婚しなさい」に違和感を持つ人、そして結婚しない生き方を満喫中の人へ。書籍、軽食・ドリンクつきのイベントです。


※こちらのイベントの募集は終了しました。※

↓イベントレポートを公開しています。↓

結婚=幸せ? ひとり生活を楽しむのも選択肢のひとつ

https://p-dress.jp/articles/2526

Project DRESS 編集長 池田園子著『はたらく人の結婚しない生き方』の出版を記念したイベントが開催。DRESS連載でもおなじみ、兎村彩野さんをゲストにお迎えし、女性の生き方をテーマに語っていただきました。

「そろそろ婚活をしないと」……。でも、それって、経済的に自立した女性にとっても「しないと」いけないものなのでしょうか?

今回、そんな「結婚しない生き方」を提案する、DRESS 池田園子編集長による著書「はたらく人の結婚しない生き方」の出版を記念したトークイベントの開催が決定しました。
「結婚しない女性の生き方」をテーマに、Project DRESSで好評連載中の兎村彩野さんとトークを繰り広げます。

現在結婚生活を送っている方も、そうでない方にも必見のトークイベントです。
書籍付きのため、いち早く新刊を楽しめます。また、トークの後は懇親会として、軽食とドリンクをご用意。
リラックスした気持ちで、楽しいひと時を過ごしませんか。

池田園子編集長×兎村彩野さん『はたらく人の結婚しない生き方』出版記念トークイベント

日 時:11月15日(火)19:30(19:00会場)
場 所:東京都港区元麻布3-1-35 VORT元麻布 B2F ヒトメディア@PARK
参加費:2,500円(書籍、ドリンク・軽食付き)
定員:30名程度
主催:クロスメディア・パブリッシング&Project DRESS

はたらく人の結婚しない生き方
池田園子著 クロスメディアパブリッシング
本体価格:1,380+税
発売日:11月14日

登壇者プロフィール

池田 園子(いけだ そのこ)

DRESS Web 編集長。岡山県出身。中央大学法学部卒業。楽天、リアルワールドを経て、現在はフリー編集者/ライター。2015年より現職。書籍編集協力やニュースメディア/オウンドメディアでの編集・執筆も行う。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。著書に『はたらく人の結婚しない生き方』など。

兎村彩野(うさむら あやの)さん
イラストレーター・アートディレクター。一度の離婚を経て、現在は「奇跡の夫」と運命的な出会いを果たし再婚。夫婦2人の小さなデザイン事務所<TO2KAKU(トニカク)>で活動中。誰かの「作りたい」気持ちをカタチにするお手伝い。
http://to2kaku.com

ご応募はこちらから※終了しました

 

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


結婚 池田園子

関連する投稿


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。


DRESS部活