働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


子どもがいながら働く母が誰しも感じること――それは、子どもに寂しい思いをさせているのではないかということではないだろうか。

周りの人から……特に家族から「そこまでして働かないといけないの?」と投げかけられ、改めて自分に問いかける。
「本当に働かなくてはいけないのだろうか?」

私には娘が一人いる。
子どもが4歳頃から仕事を始めた。
保育園以外に、両親や夫に子どもを預ける度に「働かなくてはいけないの?」と言われた。
特にお勤めでもなく、自分で事業をスタートさせただけに、周囲からは仕事と言いながらもどこかで「遊びじゃないの?」と思われていたような気がする。

子どもを預ける度に「本当に仕事?」と疑いの眼差しにムカッとすることもあったけれど(笑)、自分の仕事への想いを形にするためには、やり続けるしかなかった。

専業主婦のお母さんと比べると、学校から帰ってきてすぐにご飯が食べられる状態でもないし、外食も多かったし、学校のイベントに参加する回数も少なかった。家に持ち帰って仕事をするときなどは、一緒に遊ぶ時間も、勉強を見てあげられる時間も実質少なかったと思う。

そんなとき、子ども自身は寂しいと感じていたのだろうか?

■短くても密度の濃い時間を過ごせば、子どもに愛情をたっぷり注げる

子どもと一緒にいる時間の長さと愛情の大きさや深さは、決して比例するものじゃないと思う。
一緒にいる時間は形だけのもの。
短い時間でも内容が濃ければ問題なし!と思うのだけど。

たとえば、保育園に預けていて、親と離れているからその子が寂しい思いをしているのではと思うのは大人側の見解。
子どもは子ども同士で楽しく遊んでいるわけだし、喧嘩をしたとしてもそれは必要なこと。
大人ばかりの中で育つより、ずっといいと思う。

大人の方が勝手に偏った見方をしているのかもしれない。

幼いときは、ハグをしたり、「大好きだよ〜」と気持ちをストレートに伝えたりできるけれど、年頃になるとハグしようとすると「気持ち悪い〜!」と拒否反応が返ってくるだろう。
くっつきたくても、くっつかせてもらえなくなるし(笑)。

だから娘が幼い頃は、できるだけ一緒にお風呂に入ったり、一緒に食事をしたり、一緒に娘の興味のあるものを楽しんだりして、そのときどきの時間を大事にした。

そして、
「いつもママはあなたの味方。何があってもママだけはあなたの味方」
「いつもあなたを信じている」
ということだけは、ことあるごとに伝えるように心がけていた。

■子どもは母ががんばる姿を見て、ずっと記憶している

今、娘は20歳を過ぎた。
とはいえ、まだ子育てから完全に卒業できたわけではないので、
私自身子育てが上手くいったのかどうかなんてわからないし、そのジャッジを気にもしていない(笑)。

でも、娘が中学生になった頃の母の日に、
「いつもがんばって働いてくれてありがとう。仕事マンのママを尊敬しています。
私が大人になってもそんなふうにはなれないと思う」
というようなメッセージをくれた。

それまでは、どこかで寂しい思いをさせていたような負い目があったけれど、一生懸命に働く背中を見ていてくれたんだ! と思うととても嬉しかった。

母が一生懸命がんばっている姿を子どもに見せることは大事なんだ! とわかった瞬間だった。

仕事をしていても、していなくても、子どもに注ぐ愛情に変わりがなければ、自信を持って母の背中を見せてあげよう。

一生懸命生きる母の姿は幼い子どもにも伝わり、彼らが大人になったときにも、覚えていてくれるはずだから。

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連する投稿


収入アップを実現する3つの方法。コツは「いくらほしいか」具体化すること

収入アップを実現する3つの方法。コツは「いくらほしいか」具体化すること

収入アップしたい……そう思う人のほうが多いのではないでしょうか。毎年4月に定期昇給のある会社は多いですが、今年の昇給はいかがでしたか? 「もっと昇給するはずだったのに……」とがっかりした人は、具体的に「どれくらいアップすれば満足なのか?」から考えてみましょう。


メイドに家事を頼むメリットはたくさん。海外で働く妻の「家事問題」を考える

メイドに家事を頼むメリットはたくさん。海外で働く妻の「家事問題」を考える

メイドを雇って家事をお願いしてきた私(独身時代から)。フィリピンでは日本円で1日あたり1200円〜と、リーズナブルな金額でメイドを雇うことができます。夫婦共働きの現在もメイドに家事を担ってもらい、その分生まれた時間を夫婦のコミュニケーションに充てることができ、良好な夫婦関係を保てていると感じています。


「女性」を言い訳にしない。性別を超えて活躍できる時代だから大切にしたいこと

「女性」を言い訳にしない。性別を超えて活躍できる時代だから大切にしたいこと

29歳という若さでジョン・デュワーズ&サンズのグローバルモルトアンバサダーを務めるジョージィ・ベルさん。今回DRESSでは、ウイスキー業界で輝かしいキャリアを歩む彼女に今の時代を生き抜くための秘訣を伺った。性別を超えて活躍できるチャンスがあるからこそ、大切にしたいこととは――。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<出産編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<出産編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーである筆者が、フリーランスの収入に続き、「フリーランスの出産まわりの費用」について解説します。


多動力を身に付ければ、二兎を追って二兎とも得ることができる

多動力を身に付ければ、二兎を追って二兎とも得ることができる

最近よく耳にする「多動力」という言葉をご存知ですか? 今回は「多動力」を生かすと、どのようなメリットがあるのか、キャリアアドバイザーの視点からご紹介します!


最新の投稿


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


DRESS部活