働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


子どもがいながら働く母が誰しも感じること――それは、子どもに寂しい思いをさせているのではないかということではないだろうか。

周りの人から……特に家族から「そこまでして働かないといけないの?」と投げかけられ、改めて自分に問いかける。
「本当に働かなくてはいけないのだろうか?」

私には娘が一人いる。
子どもが4歳頃から仕事を始めた。
保育園以外に、両親や夫に子どもを預ける度に「働かなくてはいけないの?」と言われた。
特にお勤めでもなく、自分で事業をスタートさせただけに、周囲からは仕事と言いながらもどこかで「遊びじゃないの?」と思われていたような気がする。

子どもを預ける度に「本当に仕事?」と疑いの眼差しにムカッとすることもあったけれど(笑)、自分の仕事への想いを形にするためには、やり続けるしかなかった。

専業主婦のお母さんと比べると、学校から帰ってきてすぐにご飯が食べられる状態でもないし、外食も多かったし、学校のイベントに参加する回数も少なかった。家に持ち帰って仕事をするときなどは、一緒に遊ぶ時間も、勉強を見てあげられる時間も実質少なかったと思う。

そんなとき、子ども自身は寂しいと感じていたのだろうか?

■短くても密度の濃い時間を過ごせば、子どもに愛情をたっぷり注げる

子どもと一緒にいる時間の長さと愛情の大きさや深さは、決して比例するものじゃないと思う。
一緒にいる時間は形だけのもの。
短い時間でも内容が濃ければ問題なし!と思うのだけど。

たとえば、保育園に預けていて、親と離れているからその子が寂しい思いをしているのではと思うのは大人側の見解。
子どもは子ども同士で楽しく遊んでいるわけだし、喧嘩をしたとしてもそれは必要なこと。
大人ばかりの中で育つより、ずっといいと思う。

大人の方が勝手に偏った見方をしているのかもしれない。

幼いときは、ハグをしたり、「大好きだよ〜」と気持ちをストレートに伝えたりできるけれど、年頃になるとハグしようとすると「気持ち悪い〜!」と拒否反応が返ってくるだろう。
くっつきたくても、くっつかせてもらえなくなるし(笑)。

だから娘が幼い頃は、できるだけ一緒にお風呂に入ったり、一緒に食事をしたり、一緒に娘の興味のあるものを楽しんだりして、そのときどきの時間を大事にした。

そして、
「いつもママはあなたの味方。何があってもママだけはあなたの味方」
「いつもあなたを信じている」
ということだけは、ことあるごとに伝えるように心がけていた。

■子どもは母ががんばる姿を見て、ずっと記憶している

今、娘は20歳を過ぎた。
とはいえ、まだ子育てから完全に卒業できたわけではないので、
私自身子育てが上手くいったのかどうかなんてわからないし、そのジャッジを気にもしていない(笑)。

でも、娘が中学生になった頃の母の日に、
「いつもがんばって働いてくれてありがとう。仕事マンのママを尊敬しています。
私が大人になってもそんなふうにはなれないと思う」
というようなメッセージをくれた。

それまでは、どこかで寂しい思いをさせていたような負い目があったけれど、一生懸命に働く背中を見ていてくれたんだ! と思うととても嬉しかった。

母が一生懸命がんばっている姿を子どもに見せることは大事なんだ! とわかった瞬間だった。

仕事をしていても、していなくても、子どもに注ぐ愛情に変わりがなければ、自信を持って母の背中を見せてあげよう。

一生懸命生きる母の姿は幼い子どもにも伝わり、彼らが大人になったときにも、覚えていてくれるはずだから。

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


ワーキングマザー 働き方

関連する投稿


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画初回では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招き。前編に続き、後編をお届けします。


女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さん。なぜ医師という高収入な職業に就きながらも、収入を得るルートをいくつも構築しているのでしょうか。起業するまでに直面した大変な現実、起業後のリアルについて綴っていただきました。


会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

新しいキャリアに向けて何をしたらいいかわからない……。そんな悩みを持つ女性は少なくないはず。24歳で女性向けメディア『4MEEE』の立ち上げに参画、フリーランスの経験を経て、現在は同社COOの坂梨亜里咲さん。先のことがわからない時でも「行動力」で道を切り開いてきた彼女に、自分のやりたいことを実現する秘訣を伺いました。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。


おっぱい