働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


子どもがいながら働く母が誰しも感じること――それは、子どもに寂しい思いをさせているのではないかということではないだろうか。

周りの人から……特に家族から「そこまでして働かないといけないの?」と投げかけられ、改めて自分に問いかける。
「本当に働かなくてはいけないのだろうか?」

私には娘が一人いる。
子どもが4歳頃から仕事を始めた。
保育園以外に、両親や夫に子どもを預ける度に「働かなくてはいけないの?」と言われた。
特にお勤めでもなく、自分で事業をスタートさせただけに、周囲からは仕事と言いながらもどこかで「遊びじゃないの?」と思われていたような気がする。

子どもを預ける度に「本当に仕事?」と疑いの眼差しにムカッとすることもあったけれど(笑)、自分の仕事への想いを形にするためには、やり続けるしかなかった。

専業主婦のお母さんと比べると、学校から帰ってきてすぐにご飯が食べられる状態でもないし、外食も多かったし、学校のイベントに参加する回数も少なかった。家に持ち帰って仕事をするときなどは、一緒に遊ぶ時間も、勉強を見てあげられる時間も実質少なかったと思う。

そんなとき、子ども自身は寂しいと感じていたのだろうか?

■短くても密度の濃い時間を過ごせば、子どもに愛情をたっぷり注げる

子どもと一緒にいる時間の長さと愛情の大きさや深さは、決して比例するものじゃないと思う。
一緒にいる時間は形だけのもの。
短い時間でも内容が濃ければ問題なし!と思うのだけど。

たとえば、保育園に預けていて、親と離れているからその子が寂しい思いをしているのではと思うのは大人側の見解。
子どもは子ども同士で楽しく遊んでいるわけだし、喧嘩をしたとしてもそれは必要なこと。
大人ばかりの中で育つより、ずっといいと思う。

大人の方が勝手に偏った見方をしているのかもしれない。

幼いときは、ハグをしたり、「大好きだよ〜」と気持ちをストレートに伝えたりできるけれど、年頃になるとハグしようとすると「気持ち悪い〜!」と拒否反応が返ってくるだろう。
くっつきたくても、くっつかせてもらえなくなるし(笑)。

だから娘が幼い頃は、できるだけ一緒にお風呂に入ったり、一緒に食事をしたり、一緒に娘の興味のあるものを楽しんだりして、そのときどきの時間を大事にした。

そして、
「いつもママはあなたの味方。何があってもママだけはあなたの味方」
「いつもあなたを信じている」
ということだけは、ことあるごとに伝えるように心がけていた。

■子どもは母ががんばる姿を見て、ずっと記憶している

今、娘は20歳を過ぎた。
とはいえ、まだ子育てから完全に卒業できたわけではないので、
私自身子育てが上手くいったのかどうかなんてわからないし、そのジャッジを気にもしていない(笑)。

でも、娘が中学生になった頃の母の日に、
「いつもがんばって働いてくれてありがとう。仕事マンのママを尊敬しています。
私が大人になってもそんなふうにはなれないと思う」
というようなメッセージをくれた。

それまでは、どこかで寂しい思いをさせていたような負い目があったけれど、一生懸命に働く背中を見ていてくれたんだ! と思うととても嬉しかった。

母が一生懸命がんばっている姿を子どもに見せることは大事なんだ! とわかった瞬間だった。

仕事をしていても、していなくても、子どもに注ぐ愛情に変わりがなければ、自信を持って母の背中を見せてあげよう。

一生懸命生きる母の姿は幼い子どもにも伝わり、彼らが大人になったときにも、覚えていてくれるはずだから。

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連する投稿


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

子供から大人まで幅広く愛される製品を数多く生み出し続けているカルビー株式会社。たくさんの人の笑顔を作り出すために奔走する同社コーポレートコミュニケーション本部 広報部 広報課 課長の野原 和歌さんにこれまでのキャリアとこれからの働き方について伺いました。


女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

チェコは女性の働き方に関して、周囲の理解が得られやすい国だと思います。そのためライフスタイルを無理に変えることなく、自分のワークスタイルをつくることができます。すべてを自分で抱え込むことなく、働き方を大切にできるチェコ文化の正体とは一体なんなのでしょうか。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。