デキる女の決断クローゼット #2 素爪×ストッキング×サンダルは「おばさん」度を上げる

デキる女の決断クローゼット #2 素爪×ストッキング×サンダルは「おばさん」度を上げる

素爪とストッキングとサンダル――この組み合わせは最恐です。どう見ても「夏によくいるおばさんファッション」でしかありません。では、どうすれば涼やかで、若々しい足元になる? 答えは「細部を磨くこと」にありました。


サンダルの履きかたで、おばさん度がわかります。つま先・指先は女としての現役感がハッキリと現れる場所。ドラッグストアのプチプラを賢く利用して「末端」を整え、女を磨いていきましょう。

■年齢に関係なく生息してる!「夏のサンダルおばさん」

サンダルの季節です。毎年この時期になると、気になってしかたがないことがあります。
それは「パンツの下にナチュラルストッキングを履いた、サンダル履きの女性」。
べたっとしたローヒールのサンダルから見えるつま先に、うすぼんやりとしたストッキングが暑苦しくかぶさっています。そしてたいてい、透けて見えるつま先は、ネイルが塗られていない「素爪」です。ふくらはぎの一番太いところで終わっている丈のパンツに、お尻の隠れる半端に長いカーディガンを羽織っていることも多く、電車の1車両につき3人ほどの割合で遭遇します。中には20代とおぼしき女性もちらほらいて、これをやる年齢層は幅広いのも特徴です。

「アナタ、それをやっちゃあ、おばさんよっ!」

電車の座席の正面に座った「夏のおばさん」の足元から目が離せなくなり、私はついそう話しかけたくなります。だいいちそれ、暑くないですか? パンツの下のストッキングのウエストゴム部分に、あせもができそう。サンダルというのは、足元を涼しげに装うためのアイテムのはず。なのに、せっかくのつま先をわざわざ暑苦しく覆ってしまうのは、「浴衣に足袋」と同じくらい野暮なこと。

「だって、靴ズレできるんだも〜ん」なんて反論が返ってきそうです。

確かに靴ズレはツラいですね。でしたら、たくさん歩く日は、いっそスニーカーを履いてはどうでしょうか。おおむね「おばさん化」というのは、「見ため」を無視して、「機能」や「楽チンさ」だけを優先してしまうことで起きるものです。

■つま先・指先は、女性らしさのリトマス試験紙

足のつま先と手の指先は、セックスに最も近い場所だと私は思っています。
デート中、そろそろ手をつなぎたいな……と思ったとき、

「◯◯ちゃんって、生命線長い?」とか「わあ、手、おっきいんだね〜」

なんて、相手の手をとったり、手のひらを重ね合わせたりするじゃないですか。
まあ、たいていの場合、いきなり押し倒すなんてことはせず、まずはこうして手のスキンシップで「この先アリ? ナシ?」を確認し合うわけです。
また、いざ!男性とそのような関係に……となったとき、女性のつま先が、思いのほか男性の顔の近くにくる体勢になるということも、大人の女性だったらご存じですよね。

ですから、つま先・指先に気を配っているかどうかは、女としての現役感を試されるリトマス試験紙のようなもの。実際セックスレスかどうかなどということは別として(笑)、「ストッキング+素爪」=「男の目線なんて気にしてません。女捨ててるし。ガハハ!」と公言しているようなものです。

ある程度年齢を重ねた女性は、「素のままできれい」がだんだんキツくなってきます。いつも靴に押し込められ、痛めつけられている足先ならなおさら、手をかけケアしてあげて、「女を整える」ことが大切なのではないでしょうか。つま先・指先がきれいだと、しぐさも女性らしくなりますよね。流行の服とメイクなのに素爪の人よりも、服は同じでも細部を整えている人の方が、洗練されて見えるのです。

なにも毎月ネイルサロンに通わなくても、それこそプチプラの出番です。ドラッグストアや100円ショップにだって、安価で可愛いマニキュアがたくさん売られています。指先ではちょっと冒険と思えるカラフルな色も、つま先ならチャレンジしやすいはず。職業柄ネイルNGなかたは、ヤスリできれいに形を整え、磨いた桜色の指先にするだけで、すいぶん気分が変わると思います。

ストッキングは脱いで、つま先・指先の底上げに小さな投資を。おばさん化は、足もとから忍び寄ることをお忘れなく!

●まとめ
おしゃれは末端に宿るもの。つま先・指先を整えれば、新しいブラウスを1枚買うよりも、おしゃれな人に近づける。

デキる女の決断クローゼット #1 私、プチプラで幸せになれますか?


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


デキる女の決断クローゼット

関連する投稿


カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

モード系のファッションに切り替えたいけれど、どんなブランドがおすすめ? カワイイを卒業し、大人の辛口・シンプル・かっこいいファッションに移行したい人向けに、輪湖もなみさんが簡単に大人のモード系に仕上がるブランドをご紹介します。


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

海外のおばあちゃん、いやマダムのファッションスナップや、それを集めた写真集が人気を集めています。彼女たちはおばあちゃん、ではない。では、おばあちゃんとマダム、それぞれのファッションの違いは何なのか。おばあちゃんの原宿、といわれる巣鴨とげぬき地蔵商店街へ足を運んで考えてみました。


アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

福袋を買ったことがなかった輪湖もなみさん。一度くらいはと思い、2017年は渋谷109で福袋を購入してみたところ、思わぬ発見がありました。


ZARAアイテムちょい足しで、こなれパーティースタイルに【デキる女の決断クローゼット #14】

ZARAアイテムちょい足しで、こなれパーティースタイルに【デキる女の決断クローゼット #14】

ZARA(ザラ)といえば私たちの定番ブランドのひとつ。リーズナブルでありながら、あまり人とはかぶらない、おしゃれなトレンドアイテムが揃います。ZARAの小物を合わせて、こなれたパーティースタイルを作るアイデアをご紹介します。


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。