デキる女の決断クローゼット #2 素爪×ストッキング×サンダルは「おばさん」度を上げる

デキる女の決断クローゼット #2 素爪×ストッキング×サンダルは「おばさん」度を上げる

素爪とストッキングとサンダル――この組み合わせは最恐です。どう見ても「夏によくいるおばさんファッション」でしかありません。では、どうすれば涼やかで、若々しい足元になる? 答えは「細部を磨くこと」にありました。


サンダルの履きかたで、おばさん度がわかります。つま先・指先は女としての現役感がハッキリと現れる場所。ドラッグストアのプチプラを賢く利用して「末端」を整え、女を磨いていきましょう。

■年齢に関係なく生息してる!「夏のサンダルおばさん」

サンダルの季節です。毎年この時期になると、気になってしかたがないことがあります。
それは「パンツの下にナチュラルストッキングを履いた、サンダル履きの女性」。
べたっとしたローヒールのサンダルから見えるつま先に、うすぼんやりとしたストッキングが暑苦しくかぶさっています。そしてたいてい、透けて見えるつま先は、ネイルが塗られていない「素爪」です。ふくらはぎの一番太いところで終わっている丈のパンツに、お尻の隠れる半端に長いカーディガンを羽織っていることも多く、電車の1車両につき3人ほどの割合で遭遇します。中には20代とおぼしき女性もちらほらいて、これをやる年齢層は幅広いのも特徴です。

「アナタ、それをやっちゃあ、おばさんよっ!」

電車の座席の正面に座った「夏のおばさん」の足元から目が離せなくなり、私はついそう話しかけたくなります。だいいちそれ、暑くないですか? パンツの下のストッキングのウエストゴム部分に、あせもができそう。サンダルというのは、足元を涼しげに装うためのアイテムのはず。なのに、せっかくのつま先をわざわざ暑苦しく覆ってしまうのは、「浴衣に足袋」と同じくらい野暮なこと。

「だって、靴ズレできるんだも〜ん」なんて反論が返ってきそうです。

確かに靴ズレはツラいですね。でしたら、たくさん歩く日は、いっそスニーカーを履いてはどうでしょうか。おおむね「おばさん化」というのは、「見ため」を無視して、「機能」や「楽チンさ」だけを優先してしまうことで起きるものです。

■つま先・指先は、女性らしさのリトマス試験紙

足のつま先と手の指先は、セックスに最も近い場所だと私は思っています。
デート中、そろそろ手をつなぎたいな……と思ったとき、

「◯◯ちゃんって、生命線長い?」とか「わあ、手、おっきいんだね〜」

なんて、相手の手をとったり、手のひらを重ね合わせたりするじゃないですか。
まあ、たいていの場合、いきなり押し倒すなんてことはせず、まずはこうして手のスキンシップで「この先アリ? ナシ?」を確認し合うわけです。
また、いざ!男性とそのような関係に……となったとき、女性のつま先が、思いのほか男性の顔の近くにくる体勢になるということも、大人の女性だったらご存じですよね。

ですから、つま先・指先に気を配っているかどうかは、女としての現役感を試されるリトマス試験紙のようなもの。実際セックスレスかどうかなどということは別として(笑)、「ストッキング+素爪」=「男の目線なんて気にしてません。女捨ててるし。ガハハ!」と公言しているようなものです。

ある程度年齢を重ねた女性は、「素のままできれい」がだんだんキツくなってきます。いつも靴に押し込められ、痛めつけられている足先ならなおさら、手をかけケアしてあげて、「女を整える」ことが大切なのではないでしょうか。つま先・指先がきれいだと、しぐさも女性らしくなりますよね。流行の服とメイクなのに素爪の人よりも、服は同じでも細部を整えている人の方が、洗練されて見えるのです。

なにも毎月ネイルサロンに通わなくても、それこそプチプラの出番です。ドラッグストアや100円ショップにだって、安価で可愛いマニキュアがたくさん売られています。指先ではちょっと冒険と思えるカラフルな色も、つま先ならチャレンジしやすいはず。職業柄ネイルNGなかたは、ヤスリできれいに形を整え、磨いた桜色の指先にするだけで、すいぶん気分が変わると思います。

ストッキングは脱いで、つま先・指先の底上げに小さな投資を。おばさん化は、足もとから忍び寄ることをお忘れなく!

●まとめ
おしゃれは末端に宿るもの。つま先・指先を整えれば、新しいブラウスを1枚買うよりも、おしゃれな人に近づける。

デキる女の決断クローゼット #1 私、プチプラで幸せになれますか?


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


【おしゃれびとスナップ #10】粋に履きこなす、大人のスニーカー

【おしゃれびとスナップ #10】粋に履きこなす、大人のスニーカー

忙しく動き回る日だけでなく、近ごろはファッションアイテムとしても取り入れたいスニーカー。連載「おしゃれびとスナップ」2017年8月第2週は「大人のスニーカー」をテーマにお届けします。


1足で大人の余裕感。GUフットベッドサンダルできれい目カジュアルコーデ

1足で大人の余裕感。GUフットベッドサンダルできれい目カジュアルコーデ

フットベッドサンダルが昨今人気。きれい目カジュアルコーデをGUで見つけたフットベッドサンダルを取り入れて作ってみました。フットベッドサンダルがあれば、足元から大人の余裕が漂います。この夏、1足手に入れてみてはいかがですか。


インディヴィ秋の新作シューズはシャープなのに歩きやすく履きやすいローヒール

インディヴィ秋の新作シューズはシャープなのに歩きやすく履きやすいローヒール

キャリアブランド「インディヴィ」から秋の新作シューズが7月末から登場。はきやすく、歩きやすいシャープなローヒール「Color Flat Shoes Collection (カラー フラットシューズ コレクション)」は、店頭及びオンラインで発売となります。


スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーのように心地よく、ラクに歩けて美しい。働く女性のための新しいシューズブランド「SUGATA(スガタ)」が8月下旬にデビュー。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするおしゃれな靴が揃います。


とっておきの一足を揃えて、夏を待ち受ける!

とっておきの一足を揃えて、夏を待ち受ける!

夏の足元ファッションは悩ましい……。でも、久しぶりに夏、靴売り場に足を運ぶと、カラフルな靴が溢れ、見て回るだけでも楽しい。しかし、筆者があえて選んだのはカラフルな靴やサンダルではなく、上質なスエード製のベージュのチャンキーヒール・パンプス。手持ちのサンダルでやり過ごしてきたこれまでの夏と比べて、今夏はどんな変化が――。


最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい