デキる女の決断クローゼット #2 素爪×ストッキング×サンダルは「おばさん」度を上げる

デキる女の決断クローゼット #2 素爪×ストッキング×サンダルは「おばさん」度を上げる

素爪とストッキングとサンダル――この組み合わせは最恐です。どう見ても「夏によくいるおばさんファッション」でしかありません。では、どうすれば涼やかで、若々しい足元になる? 答えは「細部を磨くこと」にありました。


サンダルの履きかたで、おばさん度がわかります。つま先・指先は女としての現役感がハッキリと現れる場所。ドラッグストアのプチプラを賢く利用して「末端」を整え、女を磨いていきましょう。

■年齢に関係なく生息してる!「夏のサンダルおばさん」

サンダルの季節です。毎年この時期になると、気になってしかたがないことがあります。
それは「パンツの下にナチュラルストッキングを履いた、サンダル履きの女性」。
べたっとしたローヒールのサンダルから見えるつま先に、うすぼんやりとしたストッキングが暑苦しくかぶさっています。そしてたいてい、透けて見えるつま先は、ネイルが塗られていない「素爪」です。ふくらはぎの一番太いところで終わっている丈のパンツに、お尻の隠れる半端に長いカーディガンを羽織っていることも多く、電車の1車両につき3人ほどの割合で遭遇します。中には20代とおぼしき女性もちらほらいて、これをやる年齢層は幅広いのも特徴です。

「アナタ、それをやっちゃあ、おばさんよっ!」

電車の座席の正面に座った「夏のおばさん」の足元から目が離せなくなり、私はついそう話しかけたくなります。だいいちそれ、暑くないですか? パンツの下のストッキングのウエストゴム部分に、あせもができそう。サンダルというのは、足元を涼しげに装うためのアイテムのはず。なのに、せっかくのつま先をわざわざ暑苦しく覆ってしまうのは、「浴衣に足袋」と同じくらい野暮なこと。

「だって、靴ズレできるんだも〜ん」なんて反論が返ってきそうです。

確かに靴ズレはツラいですね。でしたら、たくさん歩く日は、いっそスニーカーを履いてはどうでしょうか。おおむね「おばさん化」というのは、「見ため」を無視して、「機能」や「楽チンさ」だけを優先してしまうことで起きるものです。

■つま先・指先は、女性らしさのリトマス試験紙

足のつま先と手の指先は、セックスに最も近い場所だと私は思っています。
デート中、そろそろ手をつなぎたいな……と思ったとき、

「◯◯ちゃんって、生命線長い?」とか「わあ、手、おっきいんだね〜」

なんて、相手の手をとったり、手のひらを重ね合わせたりするじゃないですか。
まあ、たいていの場合、いきなり押し倒すなんてことはせず、まずはこうして手のスキンシップで「この先アリ? ナシ?」を確認し合うわけです。
また、いざ!男性とそのような関係に……となったとき、女性のつま先が、思いのほか男性の顔の近くにくる体勢になるということも、大人の女性だったらご存じですよね。

ですから、つま先・指先に気を配っているかどうかは、女としての現役感を試されるリトマス試験紙のようなもの。実際セックスレスかどうかなどということは別として(笑)、「ストッキング+素爪」=「男の目線なんて気にしてません。女捨ててるし。ガハハ!」と公言しているようなものです。

ある程度年齢を重ねた女性は、「素のままできれい」がだんだんキツくなってきます。いつも靴に押し込められ、痛めつけられている足先ならなおさら、手をかけケアしてあげて、「女を整える」ことが大切なのではないでしょうか。つま先・指先がきれいだと、しぐさも女性らしくなりますよね。流行の服とメイクなのに素爪の人よりも、服は同じでも細部を整えている人の方が、洗練されて見えるのです。

なにも毎月ネイルサロンに通わなくても、それこそプチプラの出番です。ドラッグストアや100円ショップにだって、安価で可愛いマニキュアがたくさん売られています。指先ではちょっと冒険と思えるカラフルな色も、つま先ならチャレンジしやすいはず。職業柄ネイルNGなかたは、ヤスリできれいに形を整え、磨いた桜色の指先にするだけで、すいぶん気分が変わると思います。

ストッキングは脱いで、つま先・指先の底上げに小さな投資を。おばさん化は、足もとから忍び寄ることをお忘れなく!

●まとめ
おしゃれは末端に宿るもの。つま先・指先を整えれば、新しいブラウスを1枚買うよりも、おしゃれな人に近づける。

デキる女の決断クローゼット #1 私、プチプラで幸せになれますか?


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


ニューバランス「574」の「OFF ROAD」限定コレクション

ニューバランス「574」の「OFF ROAD」限定コレクション

ニューバランス定番モデルのひとつ「574」シリーズから、「OFF ROAD」をテーマとした限定コレクションが登場。定番の「574」を構造からトータルに見直し、現代のテクノロジーによって履き心地とフィット性、クッション性をグレードアップした「ML574」をはじめ、3つのスタイルのスニーカーを揃えました。


【おしゃれびとスナップ#31】上品なデニム×ブーツ

【おしゃれびとスナップ#31】上品なデニム×ブーツ

厚手のパンツとボアのブーツは、冬ファッションの強い味方。ラフになりがちなアイテムを、少しかわいめに着こなしてみましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第2週は「デニムとブーツ」をテーマにお届けします。


ZARAの白スニーカーが、旬のスタッズ付きで万能です

ZARAの白スニーカーが、旬のスタッズ付きで万能です

ZARAの白スニーカーが我が家の靴箱に加わりました。2018年、名だたるブランドがスタッズ付きのスニーカーを発表しているなか、ZARAでもスタッズ付きの白スニーカーを発売しています。シンプルなファッションに合わせると、足元に個性を出せる名アイテム。ヒョウ柄のスパイスも効いています。


UGG®からミニマルで洗練された新作「カリ スニーカー コレクション」が登場

UGG®からミニマルで洗練された新作「カリ スニーカー コレクション」が登場

UGGより、ファッション性を高めた2018春夏新作「カリ スニーカー コレクション(Cali Sneaker Collection)」が登場します。軽さと柔軟性を高めるため、脱構築的な要素を加え、流線形のミニマルなシルエットに仕上げた同コレクションは、デザインと機能性の両方でとても洗練されたスニーカーです。


UNIQLOヒートテックニットタイツなら、暖かさとおしゃれが両方手に入る

UNIQLOヒートテックニットタイツなら、暖かさとおしゃれが両方手に入る

UNIQLOのヒートテックニットタイツが超優秀なのをご存知でしょうか? ラメ入り、柄入りのものから、コーデに合わせた選び方、合わせ方をご紹介します。冬の足元ファッションは防寒性に寄りがちですが、暖かさとおしゃれは両立できます。


最新の投稿


相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

「顔を覚えてもらいにくい」「顔の印象が薄い」。そんな風に感じるなら、メイクの方向性にまとまりがないのが原因かもしれません。パーツ毎のメイクが、全体的に見たときにちぐはぐな印象にならないように、あらかじめゴールを決めて、仕上がりをイメージしながらメイクしてみて。


【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

もこもこのマフラーにばかり手が伸びてしまうけれど、すこし暖かい日はスカーフを巻いてみませんか。ぱっと顔周りが明るくなり、エレガントに決まります。連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第3週は「華やかなスカーフ」をテーマにお届けします。


栄養価が高くて低カロリー。「タロイモパンケーキ」をカフェ・カイラで

栄養価が高くて低カロリー。「タロイモパンケーキ」をカフェ・カイラで

高栄養価で低カロリーが嬉しい。人気ハワイアンカフェレストラン「カフェ・カイラ」が、ハワイの女性が愛する「タロイモ」を使用した「タロイモパンケーキ」を渋谷・舞浜の2店舗で発売開始!


新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

文化庁文化交流使にも選ばれた、墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、新しい趣味としての「書道」というテーマで執筆いただきました。


雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法をご紹介します。近頃、美容雑誌で目につく「雰囲気美人」という言葉。鼻が高い、目が大きいなど、「美人」の条件とも言えるパーツを持ち合わせていなくても、なんとなく「あの人、美人」と思わせてしまう不思議な魅力を持っている女性のことを言うようです。「雰囲気美人」を徹底研究した結果、わかったこととは――。


おっぱい