婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活中の女性が「石鹸」の香りを放っていれば、成功して婚活を早く終えるという特徴がある。近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


■顔を見なくても「彼女は早く婚活が終わる」と直感する瞬間

婚活パーティの司会と受付をするようになって早7年。最近は、顔を見る前に「あ、今日はこの人成功するな(人気が出るな)」と嗅ぎ分けられるようになっている。

その一つが「香り」である。彼女が近づくと、心地よい石鹸の香りを放っているのが特徴的である。2〜3歩遠ざかるともう香りはしない。それくらい微かな香りをまとってパーティにやってきているのだ。

「どうしてこんないい香りがするんですか?」と彼女たちに聞いても、「え、何もしていないですよ」と言われてしまう。どうやら企業秘密のようだ。

パーティが終わってみると、「香る女」にオファーが集中する。まるで、ラーメン屋の秘伝のスープ目当てにお客さんが集まるかのごとくである。

■接近時にしか香らないテクニック

このテクニックについては、DRESSの連載「ちょい足しボタニカル」で人気の輪湖もなみさんが教えてくれた。

「体から少し離して香水(石鹸の香り)をワンプッシュしたら、すかさず体をくぐらせる」
ということだった。

ちなみに、輪湖さんいわく、「40代以降はローズの香りのほうが石鹸よりも好まれるので、ローズもおすすめ」とのこと。詳しくは、輪湖さんのコラムを参照ください。

しかし……。

そもそも、男性は香水そのものを嫌いな人が多いのに、石鹸やローズの香りだったら惹かれるのかしら。女性の体臭は石鹸やバラの香りがするなんて思ってもいないはずなのに。

それに、ミツバチでもあるまいし、香りフェロモンだけで男性を引き寄せるなんて現実的ではない。

一連の謎は、お見合いパーティから1ヶ月後に判明した。

■香る女が婚活に成功し、男性を魅了する理由

香る女性たちと交際するに至った男性たちから交際報告をもらった。その際に「女性のどこに惹かれたのか」ということを聞いてみた。

彼らは意外にもルックスでも香りでもなく、内面を理由に挙げてきた。

「意見の相違があったとしても、まずいったん話を聴いて、受け止めてくれる」というのだ。

香る女たちに共通していたのは、男性と意見が違っても「そういう考え方もあるんだねぇ」と対応すること。否定しないのだ。

別の言い方をすると、「男性をやさしく包み込む」のである。包み込まれた男性は、闘争本能を失う。それどころか、「俺も彼女を理解しなきゃ」と女性の言葉に耳を傾けるのである。

こうして、香る女は接近戦で意中の男性を包み込んでモノにする。

そもそも、彼女の香りはかなり戦略的。近づいた人間にしか香らない程度の香りでは香水特有の不快な臭さにはなりにくい。しかも石鹸である。石鹸の香りが嫌いな男はほぼいない。つまり、近づいた男性だけを良い香りで包み込むのである。 

精神的な包容力も、物理的に近い位置にいる人にしか発揮されない。

「俺は、いま個人的に彼女に受け止めてもらっている」という喜びを無意識に男性に与えて、身も心も優しく包み込んでいくのだ。

こうして、彼女たちは八方美人になることなく、意中の人に近づくだけであっという間に男性をとりこにする。香る女、おそるべし!

この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連するキーワード


婚活 結婚相談所 香水

関連する投稿


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


男捨離はなぜ女の運命を底上げするのか?

男捨離はなぜ女の運命を底上げするのか?

部屋を片づけると運気が上がるとはよく言われますが、男捨離(男関係を整理整頓)も同様に運気を上げる、と感じている女性は少なくないよう。どこかわかるような気のせいなようなジンクスですが、実はこのジンクスは女性特有のものかもしれません。その理由を探っていくと、女の恋愛に対する意外な価値観が見えてきました。


彼が婚内婚活をする理由【ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ #22】

彼が婚内婚活をする理由【ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ #22】

婚内婚活(コンナイコンカツ)をご存じだろうか。言葉通り、結婚した状態で婚活をすることを指す。再会した曽我真之が、婚内婚活を始めた理由を前に、主人公の伊藤有紀は何を思うのか――。連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第22話。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

伊藤有紀、フリーライター。10年前に夫を交通事故で亡くしてから、ひとりで息子を育ててきた。50歳も目前になって、急遽婚活を開始することに。「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話をお届けします。


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。