婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活中の女性が「石鹸」の香りを放っていれば、成功して婚活を早く終えるという特徴がある。近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


■顔を見なくても「彼女は早く婚活が終わる」と直感する瞬間

婚活パーティの司会と受付をするようになって早7年。最近は、顔を見る前に「あ、今日はこの人成功するな(人気が出るな)」と嗅ぎ分けられるようになっている。

その一つが「香り」である。彼女が近づくと、心地よい石鹸の香りを放っているのが特徴的である。2〜3歩遠ざかるともう香りはしない。それくらい微かな香りをまとってパーティにやってきているのだ。

「どうしてこんないい香りがするんですか?」と彼女たちに聞いても、「え、何もしていないですよ」と言われてしまう。どうやら企業秘密のようだ。

パーティが終わってみると、「香る女」にオファーが集中する。まるで、ラーメン屋の秘伝のスープ目当てにお客さんが集まるかのごとくである。

■接近時にしか香らないテクニック

このテクニックについては、DRESSの連載「ちょい足しボタニカル」で人気の輪湖もなみさんが教えてくれた。

「体から少し離して香水(石鹸の香り)をワンプッシュしたら、すかさず体をくぐらせる」
ということだった。

ちなみに、輪湖さんいわく、「40代以降はローズの香りのほうが石鹸よりも好まれるので、ローズもおすすめ」とのこと。詳しくは、輪湖さんのコラムを参照ください。

しかし……。

そもそも、男性は香水そのものを嫌いな人が多いのに、石鹸やローズの香りだったら惹かれるのかしら。女性の体臭は石鹸やバラの香りがするなんて思ってもいないはずなのに。

それに、ミツバチでもあるまいし、香りフェロモンだけで男性を引き寄せるなんて現実的ではない。

一連の謎は、お見合いパーティから1ヶ月後に判明した。

■香る女が婚活に成功し、男性を魅了する理由

香る女性たちと交際するに至った男性たちから交際報告をもらった。その際に「女性のどこに惹かれたのか」ということを聞いてみた。

彼らは意外にもルックスでも香りでもなく、内面を理由に挙げてきた。

「意見の相違があったとしても、まずいったん話を聴いて、受け止めてくれる」というのだ。

香る女たちに共通していたのは、男性と意見が違っても「そういう考え方もあるんだねぇ」と対応すること。否定しないのだ。

別の言い方をすると、「男性をやさしく包み込む」のである。包み込まれた男性は、闘争本能を失う。それどころか、「俺も彼女を理解しなきゃ」と女性の言葉に耳を傾けるのである。

こうして、香る女は接近戦で意中の男性を包み込んでモノにする。

そもそも、彼女の香りはかなり戦略的。近づいた人間にしか香らない程度の香りでは香水特有の不快な臭さにはなりにくい。しかも石鹸である。石鹸の香りが嫌いな男はほぼいない。つまり、近づいた男性だけを良い香りで包み込むのである。 

精神的な包容力も、物理的に近い位置にいる人にしか発揮されない。

「俺は、いま個人的に彼女に受け止めてもらっている」という喜びを無意識に男性に与えて、身も心も優しく包み込んでいくのだ。

こうして、彼女たちは八方美人になることなく、意中の人に近づくだけであっという間に男性をとりこにする。香る女、おそるべし!

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


婚活 結婚相談所 香水

関連する投稿


初夏にぴったりなローズの香水「インフュージョン ドゥ プラダ ローズ」

初夏にぴったりなローズの香水「インフュージョン ドゥ プラダ ローズ」

インフュージョン ドゥ プラダ シリーズに初夏の風に漂うローズの香り「インフュージョン ドゥ プラダ ローズ」が加わりました。スパイシーで、蜂蜜のようであり、軽やかでシンプルな活き活きとしたフレッシュな香りが特徴です。


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


叶恭子さんプロデュース。ファビュラスな香りの練り香水

叶恭子さんプロデュース。ファビュラスな香りの練り香水

叶恭子さんプロデュースのファビュラスな練り香水が新登場。美のプロフェッショナルである叶恭子さんが、自らの香りをついに商品化した、唯一無二のアイテムです。ブルガリア産の上質なダマスクローズから抽出した天然のバラ花油を配合し、上品に漂う香りが魅力的な香水に仕上がっています。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

「婚内婚活」という馴染みのない言葉。今まで聞いたこともないような婚活の形に困惑する伊藤有紀……。胸の内にどこかモヤモヤしたものを抱えた有紀を気遣い、友人の瑛子が連れて行ってくれた場所は、銀座の高級サロンだった。婚活における瑛子の次なる戦略とは――? 連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第23話。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活