オトナの美旅スタイル #5 期間限定の夜の美人顔!ビビッド・シドニーへ

オトナの美旅スタイル #5 期間限定の夜の美人顔!ビビッド・シドニーへ

「ビビッド・シドニー」をご存知ですか? シドニーが幻想的で光り輝く美しい表情を見せてくれる光と音楽とアイデアの祭典です。今年は6月18日まで開催! その模様を現地からレポートします。


 旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。シドニーは、アイコンの貝殻のようにもヨットの帆のようにも見えるシドニー・オペラ・ハウスやシドニー・ハーバー・ブリッジがちょっとおすまし顔な国際都市。そんなシドニーが幻想的で光り輝く美しい表情を見せてくれる光と音楽とアイデアの祭典が、毎年5〜6月に開催されているビビッド・シドニーです。街は幻想的な光に彩られ、その規模の大きさや美しさは、一度は見たい夜の絶景の一つ。

 今年は8回目で、5月27日(金)から6月18日(土)まで開催。午後6時、日が落ちると世界遺産でもあるシドニー・オペラ・ハウス全体がプロジェクション・マッピングで驚くような作品に変身します。今年はオーストラリア先住民のアーティストによる自然界や時空の結びつきを表現する大掛かりな作品。毎年、テーマや世界中から集まるクリエイターが変わって、人々を魅了しています。

 このシドニー・オペラ・ハウスを中心として、サーキュラキー、ダーリング・ハーバー、さらには市内までもが光の洪水であふれます。ダーリング・ハーバーでは、ウォーター・ジェット、噴水、フル・カラーのレーザー、ビデオの投影、海上の花火などでショーが繰り広げられます。おすすめの見物ポイントは、シドニー・ハーバー・ブリッジの上。ここから、燦然と輝くシドニー・オペラ・ハウスや街のライトアップを一望できます。

 いつもと違う幻想的な夜の植物園や動物園も見もの。今年200 周年を迎える王立植物園では、記念祝賀の一環として造られた数十万の白色LEDが飾る60メートルの光の大聖堂が展示されるそう。また100周年のタロンガ動物園もプロジェクション・マッピングが彩る入り口をくぐると、絶滅危惧種のカモノハシやアジアゾウなどのマルチメディア彫像のイルミネーションが園内中に。

 そんな光の祭典にあわせてロックからクラシックまでさまざまなジャンルの有名ミュージシャンも参加するビビッド・ミュージックという音楽やビビッド・アイデアというクリエイターが集結してのアイデアの祭典も開催され、この期間はあちこちでイベントが行なわれて盛り上がります。今回、ビビッド・ミュージアムに参加したビョークによる展覧会「ビョーク・デジタル」は、バーチャル・リアリティを使った画期的なもの。なんと歌うビヨークの体内に入っていく体験ができます。

 またシドニーと言えば、世界一の朝食で知られた日本でもおなじみの「ビルズ」や、オーストラリアのベスト50レストランなどの受賞歴に輝き、銀座に支店が進出したばかりのモダン・ギリシャ料理「ザ・アポロ」などを生んだ美食都市です。これらの本店はじめ、クリエイティブなレストランもいっぱい。

 「ザ・アポロ」は、前菜にイクラののったクリーミーなタラモサラタなど新鮮な魚介を使った料理やチーズ、メインでは驚くほど柔らかくて臭みが全くないラムなど、どれもヘルシーでハーブを活かした洗練されたギリシャ料理。食材を活かし、インターナショナルでひねりの効いているのがシドニー流です。

THE APOLLO http://theapollo.com.au

 インターナショナルだけどとてもフレンドリーなのがシドニーの魅力。ビビッド・シドニーは、光のイルミネーションでさらに街中が歓迎してくれるかのよう。2016年は6月18日(土)まで毎晩、いつもと違う夜のシドニーの美人顔を楽しめます。

ビビッド・シドニー(Vivid Sydney)http://www.vividsydney.com

取材協力/ニュー・サウス・ウェールズ州政府観光局 http://www.destinationnsw.com.au

Text=小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #15】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #15】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


写真展 “I am MUJI.” 2016秋冬が11月5日より開催中。#iammujiのハッシュタグで参加してみよう!

写真展 “I am MUJI.” 2016秋冬が11月5日より開催中。#iammujiのハッシュタグで参加してみよう!

無印良品有楽町店内Café&Meal MUJI有楽町で2016年11月5日より開催。 2016年秋冬版は、写真家JIMAが、 街中で見つけた「自分の好みやスタイルをつくる人たち」をモノクロームで撮影。


ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーで出会ったワイン醸造家のご夫婦と姉妹。素敵な4人にワイン造りに対する情熱や生きがいを伺いました。


ボルドーを知ればワインはもっとおいしく、楽しくなる。【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーを知ればワインはもっとおいしく、楽しくなる。【オトナの美旅スタイル #12】

フランスを代表するワインの産地といえばボルドー。今あらためて、ボルドーワインのこと、深く知ってみませんか?


オトナの美旅スタイル # 11「どこにいても潤い輝く肌を作るコツは?」平野宏枝さんに聞く

オトナの美旅スタイル # 11「どこにいても潤い輝く肌を作るコツは?」平野宏枝さんに聞く

旅行中はいつもと違う環境にいるせいか、乾燥肌になったり吹き出物ができたり……肌の調子が不安定になることも。日本とLAを往復しながら活躍するビューティコーディネーター平野宏枝さんに、どんなときでも潤いあふれる美肌を手に入れる秘訣を伺いました。


最新の投稿


いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。