オトナの美旅スタイル #5 期間限定の夜の美人顔!ビビッド・シドニーへ

オトナの美旅スタイル #5 期間限定の夜の美人顔!ビビッド・シドニーへ

「ビビッド・シドニー」をご存知ですか? シドニーが幻想的で光り輝く美しい表情を見せてくれる光と音楽とアイデアの祭典です。今年は6月18日まで開催! その模様を現地からレポートします。


 旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。シドニーは、アイコンの貝殻のようにもヨットの帆のようにも見えるシドニー・オペラ・ハウスやシドニー・ハーバー・ブリッジがちょっとおすまし顔な国際都市。そんなシドニーが幻想的で光り輝く美しい表情を見せてくれる光と音楽とアイデアの祭典が、毎年5〜6月に開催されているビビッド・シドニーです。街は幻想的な光に彩られ、その規模の大きさや美しさは、一度は見たい夜の絶景の一つ。

 今年は8回目で、5月27日(金)から6月18日(土)まで開催。午後6時、日が落ちると世界遺産でもあるシドニー・オペラ・ハウス全体がプロジェクション・マッピングで驚くような作品に変身します。今年はオーストラリア先住民のアーティストによる自然界や時空の結びつきを表現する大掛かりな作品。毎年、テーマや世界中から集まるクリエイターが変わって、人々を魅了しています。

 このシドニー・オペラ・ハウスを中心として、サーキュラキー、ダーリング・ハーバー、さらには市内までもが光の洪水であふれます。ダーリング・ハーバーでは、ウォーター・ジェット、噴水、フル・カラーのレーザー、ビデオの投影、海上の花火などでショーが繰り広げられます。おすすめの見物ポイントは、シドニー・ハーバー・ブリッジの上。ここから、燦然と輝くシドニー・オペラ・ハウスや街のライトアップを一望できます。

 いつもと違う幻想的な夜の植物園や動物園も見もの。今年200 周年を迎える王立植物園では、記念祝賀の一環として造られた数十万の白色LEDが飾る60メートルの光の大聖堂が展示されるそう。また100周年のタロンガ動物園もプロジェクション・マッピングが彩る入り口をくぐると、絶滅危惧種のカモノハシやアジアゾウなどのマルチメディア彫像のイルミネーションが園内中に。

 そんな光の祭典にあわせてロックからクラシックまでさまざまなジャンルの有名ミュージシャンも参加するビビッド・ミュージックという音楽やビビッド・アイデアというクリエイターが集結してのアイデアの祭典も開催され、この期間はあちこちでイベントが行なわれて盛り上がります。今回、ビビッド・ミュージアムに参加したビョークによる展覧会「ビョーク・デジタル」は、バーチャル・リアリティを使った画期的なもの。なんと歌うビヨークの体内に入っていく体験ができます。

 またシドニーと言えば、世界一の朝食で知られた日本でもおなじみの「ビルズ」や、オーストラリアのベスト50レストランなどの受賞歴に輝き、銀座に支店が進出したばかりのモダン・ギリシャ料理「ザ・アポロ」などを生んだ美食都市です。これらの本店はじめ、クリエイティブなレストランもいっぱい。

 「ザ・アポロ」は、前菜にイクラののったクリーミーなタラモサラタなど新鮮な魚介を使った料理やチーズ、メインでは驚くほど柔らかくて臭みが全くないラムなど、どれもヘルシーでハーブを活かした洗練されたギリシャ料理。食材を活かし、インターナショナルでひねりの効いているのがシドニー流です。

THE APOLLO http://theapollo.com.au

 インターナショナルだけどとてもフレンドリーなのがシドニーの魅力。ビビッド・シドニーは、光のイルミネーションでさらに街中が歓迎してくれるかのよう。2016年は6月18日(土)まで毎晩、いつもと違う夜のシドニーの美人顔を楽しめます。

ビビッド・シドニー(Vivid Sydney)http://www.vividsydney.com

取材協力/ニュー・サウス・ウェールズ州政府観光局 http://www.destinationnsw.com.au

Text=小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

シアトルに行ったら必ず訪れたいスタバの店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」ほか、コーヒーの首都ともいわれるシアトルならではのコーヒーショップをご紹介。


ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


りんごを18個使ったアップルパイが衝撃の美味しさ【オトナの美旅スタイル #15】

りんごを18個使ったアップルパイが衝撃の美味しさ【オトナの美旅スタイル #15】

砂糖で似たりんごを詰めて、オーブンで焼くアップルパイ。東京にも美味しいアップルパイのお店は数あれど、今回は米ミズーリ州の「ザ・ブルー・オウル・レストラン&ベーカリー」で食べられる、18個分のりんごを使って作るアップルパイ。カロリーは気になりますがとても美味しそう!


メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコのお料理教室で、びっくりするくらい美味しくなる、ディップの作り方を教わりました。詳しいレシピ、ご紹介しています。


最新の投稿


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?


AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

メイクアップアーティストのピカ子さん×AMPHIが、メイクとランジェリーの融合をテーマにしたコラボランジェリーを4月1日に発売。


いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」が春限定のミックスベリーの甘酒「糀・木苺」を新発売。


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。