1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 大人こそ、‘酵素食’を意識しよう!【藤原美智子 連載】

大人こそ、‘酵素食’を意識しよう!【藤原美智子 連載】

Share

ローフードで実感できるのは美肌効果です。美食イコール身体にいいことではないので、ローフードによって酵素を摂りましょう。

大人こそ、‘酵素食’を意識しよう!【藤原美智子 連載】

 昨年、‘ローフード’が流行りましたが、私もその波に乗った一人。「えっ?何なに、それ」という人に簡単に説明すると、ローフードというのは酵素が多く含まれている野菜や果物、発酵食品などを中心に、そして食物に熱を加えないで食べる食餌法のことです。食物は48℃以上の熱を加えると酵素が破壊されてしまうのですが、実は、この酵素、人間が生きていくためにも健康にも美容にもとても重要なものなんです。その効果が、すぐに肌に表れるということが流行った大きな理由でしょう。

 私もローフードを始めてすぐに実感したのは、この美肌効果。「食べる物や食べ方で、肌ってこんなにも変わるんだ!」とビックリしたし、美肌になるということは内臓から健康になるということなんだと改めて、つくづくと実感しました。何しろ、内臓の健康状態を表しているのが肌ですからね。

 若かった頃は、どんなにジャンクなものを食べても、身体に良い食べ物を食べても、そんなに健康にも見た目にも表れなかった。でも、だんだん歳を重ねてくると、その違いが如実に表れてくるんですね。だからこそ、面白い! それに何を食べても違いが出ないんだったら、好きなものだけを食べようと思うけれど、食事の仕方で「身体の調子が良くて、気分がいい!」とか「肌に透明感とハリが出た!」と結果に明らかな違いが出るんだったら、そっちにしよう! という気になるのも当然でしょ!?

 40代は舌が肥えてきて、自由になるお金も増えてくるから美食に走りがち。でも、一般的な美食と‘身体に良い’はイコールではないことが多い。今、口にしているものが、ただ舌と欲望を満たすためだけのものなのか、それとも自分の身体のためになるものなのか——。その違いが外見に表れてくる40代だからこそ意識したほうがいいと思うの。もちろん、私も今も欲望に任せて暴飲暴食に走ることは多々あるけれど、何が身体に良いのかを知ってからは、次の日には身体に良い物が欲しくなるし、そうしたものを口にするとホッとするようになってきた。食べ物の好みって根本は変わらないものかもしれないけれど、意識することによっても変わるもの。欲望に流されずに、意識力で良い習慣を増やしていきたいものです。

 ところで、私の定番的な一日の食事内容はこんな感じ。朝は果物をジュースやスムージーにしたり、そのまま食べたり。昼はなるべくサラダと玄米や全粒粉のパスタなどを。そして夜は最初に火を使ってないものを一品食べてから、あとは自由になんでも食べるという感じです。外食する時も、最初に口にするのは生のものを食べたいけれど、メニューに無ければ無いで普通に食べたいものを食べます。そして次の日には意識的に生のものを多く摂り入れるようにしています。私はもともと、サラダを2日間食べないとソワソワと落ち着かなくなるような性質なので、‘軸動修正期間は2日以内’が合っているようです。

 たまにローフードだと身体が冷えるということも聞きますが、調理する前に材料を冷蔵庫から出しておくとか、身体を温める作用がある生姜を加えるとか、キチンと運動をするとか。或いは一気に食餌法を変えずに、私のように加熱食も摂り入れて徐々にローフード率を高めるなど工夫してみてはどうでしょう? 体質は人それぞれですが、酵素を意識した食事は健康、引いては美容に効く! というのは誰にとっても合っているものだと思いますよ。

 そうそう、人が体内で作れる酵素量には限りがあります。食べ過ぎや、加熱食を多く摂りすぎていると消化・代謝に多くの酵素を使い過ぎてしまい、結果、端的に言うと老化が早く進んでしまうということに……! ねっ、こう聞くと、酵素の無駄使いのような食事はしたくしなくなるでしょう!?

Share

藤原 美智子

ラ・ドンナ主宰。雑誌の表紙やビューティーページ、広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品関連のアドバイザー、講演、TV出演等で幅広く活躍している。 近著「美しい朝で人生を変える」(幻冬舎) 他、著書多数。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article