小野アムスデン 道子 さんが 2016/04/27 に更新
オトナの美旅スタイル #3 ビーチだけじゃない。大人女子が満たされるセブ2泊3日旅

オトナの美旅スタイル #3 ビーチだけじゃない。大人女子が満たされるセブ2泊3日旅

フィリピン伝統のスパトリートメント“ヒロット”やマクタン島など、知っているようで知らない、セブの女子旅要素をご紹介します。

ビーチ セブ島

日本アセアンセンターのお招きでフィリピンのマニラとセブで「女子旅プランには何が必要か」について現地旅行社への講演会に登壇しました。セブといえば、空と溶け合うような青い海、アイランドホッピングなどビーチリゾートとしてすでに知られていますが、その他の女子旅要素が意外と知られていません。

■無料でオリジナルTシャツをクールにリメイク

もそも「セブの空の玄関口である国際空港があるのは、セブ島ではない」と聞いて驚く人が多いのでは? 実は、ここはマクタン島といって、セブの本島と橋でつながっている小さな島。セブ州ではあるものの、セブ島とは別もので、リゾートホテルも多く、ここで完結する旅がセブ島の旅と思われがちです。そこで、まずはセブ島に渡って、セブ・シティの見どころをチェック。

マゼランがフィリピン諸島に到着したのが1521年。マニラより早く西洋に開けたのがセブでした。ダウンタウンには、マゼランが当時のセブの女王に贈ったサント・ニーニョ(幼きイエス)像が納められたサント・ニーニョ教会があり、信心深いクリスチャンのフィリピンの人が教会に列を作ってお参りしています。
マゼランが建てた木製の十字架(マゼラン・クロス)も箱に収められて建っています。

教会のすぐ近くにあるセブで人気のTシャツ店「アイランドスーベニア(Islands Souvenirs)」では、オリジナルTシャツを作ってもらえるという裏技が。

かわいいTシャツが199.5ペソと500円もしないお値段。



さらにお願いすれば、写真の左側のようにバックフロントに切り込みを入れて、ワイルドでリゾートに合うTシャツに無料で加工してくれます。これ、ハサミだけで10分ほどでできてしまうんです!

■フィリピン伝統のスパトリートメント“ヒロット”を満喫

セブの人口の半分は中国系。そのため教会もあれば道教寺院もあります。セブ・シティの高級住宅地、その名もビバリーヒルズの高台にあって、見晴らしがよく、とてもきれいに手入れされています。中国式の占いもできるので運試しをしてみるもいいかも。

宿泊は丘の上の「マルコポーロ・プラザ・セブ(Marco Polo Plaza Cebu)」。5つ星ホテルでも客室料金で1.5万円ほどとお手頃なのがセブの魅力。


食事は「シルカ1900(Circa1900)」へ。ここは豪邸を改装した隠れ家レストランで、2015年のサミットでも食事会が催された場所だとか。アジアン・フュージョンのお料理も申し分なし。

夜は私の一押しのスパトリートメント、フィリピンで5世紀から伝わるという“ヒロット”へ。セブのホテル内スパやこうした独立型のスパは日本に比べるとリーズナブル。施設が整ってきれいで高級感のあるところに行くのがおすすめです。

私が行ったのは一軒家スパ「スパ・アット・セブ(Spa at Cebu)」。スチームと乾式のサウナに15分ずつ入った後、ヒロットの特徴である温めたバナナの葉をたっぷりと貼ってくれて、プルメリアのアロマオイルとバージンココナツオイルを使ったマッサージ。バナナの葉はデトックス効果もあるといわれ、丁寧な施術で疲れが取れます。たっぷり2時間で2,500ペソ。

■マクタン島、これぞ海のリゾート

もう1日は、これぞセブのイメージという青い海と空を味わいにマクタン島のリゾートへ。オーシャンフロントにコテージの並ぶ「ブルーウォーター・マリバゴ・ビーチ・リゾート&スパ(Bluewater Maribago Beach Resort & Spa)」で、ゆっくり過ごします。

ランチは焼きたてのいろいろなサテや、スイーツの充実度に目を見張るブッフェ。キッズ・フードコーナーも充実しています。

マクタン島で、フィリピンの思い出にもなるアクセサリーを作れるのが「Island Girl Bead Buffet(アイランド・ガール・ビード・ブッフェ)」

オーナーのお話では、ハワイで人気のプカシェル(貝殻)ジュエリーがフィリピンに伝わって、ココナッツや石なども使ったビーズアクセサリーに発展したとか。

作り方のビデオを見た後は早速ビーズ選び。どれもかわいいし、色もきれいで、選択にすごく迷ってしまいます。

フィニッシュはお手伝いをしてくれ、あっという間に自分だけのアクセサリーが。私もリゾート向けにネックレスを作りました。

 
セブと言えばビーチリゾートと思っていたら、こんなにもいろいろ。さらに南部に行けば、日本並に湯温が40度ほどある温泉などもあるそう。セブ女子旅もまだまだ探訪しがいがありそうです。

取材協力/日本アセアンセンター www.asean.or.jp
フィリピン政府観光省http://www.premium-philippines.com

関連する投稿


香港の「隠れリゾート地」ランタオ島へ行こう

香港の「隠れリゾート地」ランタオ島へ行こう

香港のビーチリゾート「ランタオ島」をご存知でしょうか。香港島よりも巨大な島のランタオ島は、美しいビーチに恵まれた、週末に気軽にリゾート気分を味わいに行ける場所なんです。


一度は泊まりたい。バレンシア地方のコダワリホテル3選

一度は泊まりたい。バレンシア地方のコダワリホテル3選

スペインの東海岸沿いに位置するバレンシア地方。年中を通し温暖な気候に恵まれ、美しいビーチは勿論のこと、美味しい食べ物にも恵まれたリゾートエリアとしても国内外から多くの観光客で人気を集めています。今回はそんな素敵なバレンシア地方で、一度は泊まってみたいこだわりホテル3選をご紹介させて頂きます!


9月22日は「ヨガの日」!鎌倉材木座のビーチヨガに参加しました

9月22日は「ヨガの日」!鎌倉材木座のビーチヨガに参加しました

9月22日は「ヨガの日」でした。 ヨガ部の皆さん、ヨガが好きな皆さん、ヨガに興味がある皆さんはヨガされましたか?


みんなのビキニ

みんなのビキニ

一家でオーストラリアのパースに引っ越してちょうど1年経ったのだが、南半球は今は真夏。オーストラリアでは基本的に海沿いに人が住む。内陸部は強烈に乾燥しているので、都市部はみな海沿いにあり、住宅地は延々と海沿いに延びる。私の住んでいる家も、車で5分走ると綺麗なビーチだ。


NEW!NEWS!NEW!SNAP!海外セレブの最新スタイルチェック

NEW!NEWS!NEW!SNAP!海外セレブの最新スタイルチェック

ボディラインに自信がないからしばらく水着を着ていないとか、いつもの休日と同じような格好でリゾートに出かけるとか。それだと、せっかくのバカンスが台無しに!!この夏こそ、リッチでこなれたセレブのビーチスタ…


最新の投稿


きれいに生きる6つの習慣【岡本静香 連載 #5】

きれいに生きる6つの習慣【岡本静香 連載 #5】

美容家・岡本静香さんが実践する、運気を上げる習慣を5つご紹介します。今回はビューティから掃除まで「きれいに生きる」を実践する習慣です。


渋谷のレトロな5つの喫茶店で昭和気分に浸ろう

渋谷のレトロな5つの喫茶店で昭和気分に浸ろう

渋谷と言えば、人が多い、若者の街、というイメージを持つ人が多いのでは。中には、渋谷はもう遊び尽くしたなんていう読者の方もいるかもしれません。渋谷にはチェーン展開をしている外資系のカフェばかりで、喫茶店はないのではと思っていませんか。騒がしい街渋谷にありながら、大人の雰囲気で落ち着くレトロな「喫茶店」をご紹介します。


「大切にしたいこと」妻となり、母となり、手放すことで気づいた価値観

「大切にしたいこと」妻となり、母となり、手放すことで気づいた価値観

大切にしたいことは何か。結婚、妊娠、出産、子育て……女性たちに押し付けられた「こうあるべき」を手放すことで、自身の価値観がクリアになった――そう語るのは染矢明日香さん。母となり3ヶ月が経った今、本当に大切にしたいこと、というテーマで思うことを寄稿いただきました。


少ない服でおしゃれな人になる、は可能か?

少ない服でおしゃれな人になる、は可能か?

おしゃれな人になるのに、クローゼットからあふれんばかりの大量の洋服は必要なのか? 少数精鋭、少ないアイテムをフル活用して、アラフォー世代の女性が、今の自分に似合うおしゃれを楽しむ方法、自分の個性を生かしたおしゃれな人になる方法をご紹介します。


トミーバハマからコラボデザート「ハワイアンリリコイリングシュー」が1月20日(金)より新登場

トミーバハマからコラボデザート「ハワイアンリリコイリングシュー」が1月20日(金)より新登場

トミーバハマ銀座レストランにて、ハワイ土産で大人気のホノルルクッキー×トミーバハマのコラボレーションデザート「ハワイアンリリコイリングシュー」が1月20日(金)より新登場。