オトナの美旅スタイル #3 ビーチだけじゃない。大人女子が満たされるセブ2泊3日旅

オトナの美旅スタイル #3 ビーチだけじゃない。大人女子が満たされるセブ2泊3日旅

フィリピン伝統のスパトリートメント“ヒロット”やマクタン島など、知っているようで知らない、セブの女子旅要素をご紹介します。


日本アセアンセンターのお招きでフィリピンのマニラとセブで「女子旅プランには何が必要か」について現地旅行社への講演会に登壇しました。セブといえば、空と溶け合うような青い海、アイランドホッピングなどビーチリゾートとしてすでに知られていますが、その他の女子旅要素が意外と知られていません。

■無料でオリジナルTシャツをクールにリメイク

もそも「セブの空の玄関口である国際空港があるのは、セブ島ではない」と聞いて驚く人が多いのでは? 実は、ここはマクタン島といって、セブの本島と橋でつながっている小さな島。セブ州ではあるものの、セブ島とは別もので、リゾートホテルも多く、ここで完結する旅がセブ島の旅と思われがちです。そこで、まずはセブ島に渡って、セブ・シティの見どころをチェック。

マゼランがフィリピン諸島に到着したのが1521年。マニラより早く西洋に開けたのがセブでした。ダウンタウンには、マゼランが当時のセブの女王に贈ったサント・ニーニョ(幼きイエス)像が納められたサント・ニーニョ教会があり、信心深いクリスチャンのフィリピンの人が教会に列を作ってお参りしています。
マゼランが建てた木製の十字架(マゼラン・クロス)も箱に収められて建っています。

教会のすぐ近くにあるセブで人気のTシャツ店「アイランドスーベニア(Islands Souvenirs)」では、オリジナルTシャツを作ってもらえるという裏技が。

かわいいTシャツが199.5ペソと500円もしないお値段。



さらにお願いすれば、写真の左側のようにバックフロントに切り込みを入れて、ワイルドでリゾートに合うTシャツに無料で加工してくれます。これ、ハサミだけで10分ほどでできてしまうんです!

■フィリピン伝統のスパトリートメント“ヒロット”を満喫

セブの人口の半分は中国系。そのため教会もあれば道教寺院もあります。セブ・シティの高級住宅地、その名もビバリーヒルズの高台にあって、見晴らしがよく、とてもきれいに手入れされています。中国式の占いもできるので運試しをしてみるもいいかも。

宿泊は丘の上の「マルコポーロ・プラザ・セブ(Marco Polo Plaza Cebu)」。5つ星ホテルでも客室料金で1.5万円ほどとお手頃なのがセブの魅力。


食事は「シルカ1900(Circa1900)」へ。ここは豪邸を改装した隠れ家レストランで、2015年のサミットでも食事会が催された場所だとか。アジアン・フュージョンのお料理も申し分なし。

夜は私の一押しのスパトリートメント、フィリピンで5世紀から伝わるという“ヒロット”へ。セブのホテル内スパやこうした独立型のスパは日本に比べるとリーズナブル。施設が整ってきれいで高級感のあるところに行くのがおすすめです。

私が行ったのは一軒家スパ「スパ・アット・セブ(Spa at Cebu)」。スチームと乾式のサウナに15分ずつ入った後、ヒロットの特徴である温めたバナナの葉をたっぷりと貼ってくれて、プルメリアのアロマオイルとバージンココナツオイルを使ったマッサージ。バナナの葉はデトックス効果もあるといわれ、丁寧な施術で疲れが取れます。たっぷり2時間で2,500ペソ。

■マクタン島、これぞ海のリゾート

もう1日は、これぞセブのイメージという青い海と空を味わいにマクタン島のリゾートへ。オーシャンフロントにコテージの並ぶ「ブルーウォーター・マリバゴ・ビーチ・リゾート&スパ(Bluewater Maribago Beach Resort & Spa)」で、ゆっくり過ごします。

ランチは焼きたてのいろいろなサテや、スイーツの充実度に目を見張るブッフェ。キッズ・フードコーナーも充実しています。

マクタン島で、フィリピンの思い出にもなるアクセサリーを作れるのが「Island Girl Bead Buffet(アイランド・ガール・ビード・ブッフェ)」


オーナーのお話では、ハワイで人気のプカシェル(貝殻)ジュエリーがフィリピンに伝わって、ココナッツや石なども使ったビーズアクセサリーに発展したとか。

作り方のビデオを見た後は早速ビーズ選び。どれもかわいいし、色もきれいで、選択にすごく迷ってしまいます。

フィニッシュはお手伝いをしてくれ、あっという間に自分だけのアクセサリーが。私もリゾート向けにネックレスを作りました。

 
セブと言えばビーチリゾートと思っていたら、こんなにもいろいろ。さらに南部に行けば、日本並に湯温が40度ほどある温泉などもあるそう。セブ女子旅もまだまだ探訪しがいがありそうです。

取材協力/日本アセアンセンター www.asean.or.jp
フィリピン政府観光省http://www.premium-philippines.com

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

シアトルに行ったら必ず訪れたいスタバの店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」ほか、コーヒーの首都ともいわれるシアトルならではのコーヒーショップをご紹介。


アクアブルーな海に感動、鹿児島県最南端の島「与論島」へいっておいでよ。

アクアブルーな海に感動、鹿児島県最南端の島「与論島」へいっておいでよ。

まるで海外リゾート地のような青くて透明すぎる海。実は日本にもあったのです。青すぎる海の待つ島・与論島へ、ひとり時間を楽しみに行ってみませんか? 何もすべきことのない場所でただただ美しい景色に癒されておいで。


ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


りんごを18個使ったアップルパイが衝撃の美味しさ【オトナの美旅スタイル #15】

りんごを18個使ったアップルパイが衝撃の美味しさ【オトナの美旅スタイル #15】

砂糖で似たりんごを詰めて、オーブンで焼くアップルパイ。東京にも美味しいアップルパイのお店は数あれど、今回は米ミズーリ州の「ザ・ブルー・オウル・レストラン&ベーカリー」で食べられる、18個分のりんごを使って作るアップルパイ。カロリーは気になりますがとても美味しそう!


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。