夫に洗ってもらったパンツしか履かない

夫に洗ってもらったパンツしか履かない

昔、私は「良い仕事人」で「良い妻」で「良い友だち」になりたいと思っていました。 <良い人にならなければいけない>という思い込みの穴に、いつ落ちたのでしょうか? 学校の授業だったのか、親の子育てだったのか、読んだ本や漫画なのか、メディアの影響なのか。


夫に洗ってもらったパンツしか履かない

昔、私は「良い仕事人」で「良い妻」で「良い友だち」になりたいと思っていました。

<良い人にならなければいけない>という思い込みの穴に、いつ落ちたのでしょうか? 学校の授業だったのか、親の子育てだったのか、読んだ本や漫画なのか、メディアの影響なのか。思い出してもわからないのですが、頑張り屋だった私は、ずっと<良い人にならなければいけない>と思っていました。

夫と出会って一緒に住み始めた頃、ちょうど、夫が勤めていた会社を退社して独立した時期でもありました。10年1つの会社で一生懸命働いてきたので「せっかくだから少し休んだらいいんじゃない?」と提案し、夫は独立の準備と人生の夏休みという休暇を過ごしていました(このときはまだ彼氏ですが)。

その頃、私は仕事の締め切りが重なることが多く、かなり忙しかったです。ちょうど2人で忙しさが1人に偏ってしまった時期でした。私の忙しさを夫に相談したら、頼んだわけではないのですが、家事を率先してやってくれました。「そのぶん、仕事がんばってていいよ」と応援されました。

初めて「甘えちゃおう」と思えた

今まで<良い妻><良い彼女>でいなければいけないと思い込んでいた私は、仕事が忙しくても、無理して家事をしたり、恋人や夫の世話ばかりしたりして、いつも疲労困憊でした。本当に毎日毎日疲れ切っていました。家に長くいるからと気を遣ってしまって、がんばっていたと思います。今思うと、よく身体や心がもっていたなぁと思います。

夫は家事をすることに何も言いません。「ボクやるよ」とか全く言いません。静かにただ淡々とこなしていきます。私と出会う前から、ちゃんと家事をしていたのでしょう。こなれ感があります。その姿に「なんて自立してるんだろう」といつも思います。なので、いままでなら気を遣ってしまうことも、素直に「もう甘えちゃおう! 任せちゃおう!」と思うことができました。

一緒に住み始めて、洗濯物が山積みになることがなくなりました。玄関が靴で埋まることもなくなりました。着る物がなくなって困ることがなくなりました。家の中がいつもきれいに整頓されました。今まで仕事をしながらしていた家事を、夏休み中の夫がほとんどしてくれたので、仕事が立て込んだ季節を、私は仕事だけに集中できて、体調を崩すこともなく乗り切ることができました。

「パンツが足りない事件」はもう起きない

今まで何度も徹夜が続いて、「パンツが足りなくなる事件」が勃発し、ユニクロに駆け込む日がありました(笑)。
夫と暮らすようになったある日。ふらふらの徹夜明けにシャワーを浴びて箪笥の引き出しをあけると、きれいに小さく畳んだ私のパンツが並んで入っていました。正直、今までのどんな贈り物より嬉しかったのを覚えています。疲れて精神的・肉体的に追い込まれ、薄暗い一日の最後の最後に、誰かが洗ってくれたパンツが待っている。パンツを履くだけで、ものすごい元気が湧いてきました。

「一人じゃないんだ」
私は箪笥の引き出しで、初めて知りました。長く長く苦しかった<良い人>という呪縛から、このときやっと解放されました。今までの強がりよ、さようなら。パンツすごい!

洗ってもらったパンツを履く喜びがあまりにも衝撃的で、夫にお願いしました。
「私、一生、アナタの洗ったパンツしか履きたくない」と。
夫は笑って、じゃあ洗濯はするからいいよと言ってくれました。私の残りの人生は、夫の洗ってくれたパンツしか履かないでいようと思っています。生きることにも仕事にも、不思議と気合いが入ります。本当にこの3年。自分でパンツを洗ったことがありません。

「良い人」呪縛が自分を傷つける

気持ちに余裕が生まれた数ヶ月後。
忙しかった時期の家事というサポートの感謝を夫に話しました。初めて誰かに素直に甘えることができたこと。パンツという自分の一番ダサくて弱かった部分をゆだねてみたら、生きるのがとても楽になったこと。良い妻をやめて、普通の妻になりたくなったこと。人生は一人じゃがんばりきれないこと。「良い人」という思い込みが、自分を自分で傷つけていたこと。我慢していたこと。

自分の一番弱い部分やダサい部分、辛い部分を素直に全部見せることができた。このとき、私の中で「彼と家族になろう、一緒に生きていこう」と、腹が決まりました。

夫が夏休みを終えて、本格的に仕事に復帰してからは、私も家事をしています。夫の苦手な事務処理や経理などは私が率先してします。自分の得意なことを誰かのためにするのは良いことなのだと気付きました。得意なことをするのはチームにおいてコスパが良いということです。

夫が自分の努力を見てくれる喜び

一緒に働いて、一緒に暮らしていると、パートナーの家事をする姿も、働く姿も、毎日見ることができます。私にはそのことが何よりの心の栄養になります。

家族のために家事をする姿を見る・見せる。
誰かに自分が大切にされていることを知ります。

自分のために働く姿を見る・見せる。
相手を尊敬する気持ちがふんわり自然体で生まれます。
助け合いながら尊敬し続けることができます。ある意味では、お互いがお互いの作品のファンです。

家族の意味や、感謝、一人で生きているのではなく、生かされていると知ります。頭ではわかっているのですが、やはり毎日見ることができるのは、とても嬉しいです。自分の努力も夫だけは見ていてくれるので、どんなときも「大丈夫だ!」と小さな勇気が持てます。

良い妻を辞めました。良い人も辞めました。それでもなかなか良い人生です。
今日も夫の洗ったパンツを履いてこの記事を書いています。

兎村彩野さんの記事一覧

この記事のライター

Illustrator / Art Director

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウ...

関連するキーワード


夫婦 人間関係

関連する投稿


「私は正しい!」を手放せば、今より楽になれる? 【結婚は、本から学ぶ#4】

「私は正しい!」を手放せば、今より楽になれる? 【結婚は、本から学ぶ#4】

読書を通じて愛と結婚について考える連載。第4回目は、小池龍之介さんの『恋愛成就寺』。仏教のお坊さんである小池さんが、恋愛に悩む女性から寄せられた相談にお答えするという形式の本です。自我に苦しめられる恋愛において、どうすればもっと楽に幸せになれるのかというヒントが書かれています。


結婚が健康に及ぼす影響は?【結婚は、本から学ぶ#3】

結婚が健康に及ぼす影響は?【結婚は、本から学ぶ#3】

「結婚している人は寿命が長く、生活習慣病のリスクも低下する」といった研究結果があります。でも、本当にそうなのでしょうか? 今回は、80年にわたる長寿研究をまとめた『夫の存在が妻の寿命を縮めている』から見えてくる、結婚と寿命の関係について考えます。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用スーツの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用スーツの常識

男性のスーツは200年以上、基本的な構造や形が変わらない歴史のある衣服です。そして男性の装いの世界には、女性よりも厳格なドレスコードがあります。パートナーである女性とスーツ選びをする男性も多いです。スーツの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしいスーツ選びをふたりでしてみてはいかがですか。


離婚から始まる探求の旅【結婚は、本から学ぶ#2】

離婚から始まる探求の旅【結婚は、本から学ぶ#2】

読書を通じて愛と結婚について考える連載、第2回目の本は、エリザベス・ギルバートの出世作『食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書』。本書は愛について深く考えさせられる内容となっており、人生を楽しむ旅が好きな方ならイタリア編だけでも読む価値がある一冊です。


別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

自分から別れを選んだのに、いつまでも彼を憎む気持ちが消えない。彼にも嫌な思いをさせたいと思う自分を自覚するのは、とてもつらいことですね。ですが、それは言いたいことをすべて吐き出すことでいつか消えていきます。嫌な自分を認めてあげることが、彼を本当に忘れる第一歩です。


最新の投稿


【あなたと彼の関係は?】大人の恋愛心理テスト集

【あなたと彼の関係は?】大人の恋愛心理テスト集

心理テストで自分でも知らなかった自分の一面を知ることができたり、自分の性格を分析することができます。ここでは恋愛系や男女関係に関する心理テストをご紹介します。純粋な恋から、大人な内容までさまざまな心理テストがあるので、ぜひトライしてみて。


女度を上げる赤チェックネイルのやり方【マニキュアでセルフネイル】

女度を上げる赤チェックネイルのやり方【マニキュアでセルフネイル】

赤チェックネイルの簡単なやり方をご紹介します。マニキュアと化粧用パフで作れる赤チェックネイルは、大人っぽさとかわいらしさを兼ね備えたデザイン。指先から大人の艶っぽさも演出できます。秋冬ファッションに華やかさを添えてくれる赤チェックネイルのやり方を、豊富な画像で詳しく解説します。


ギフトにも自分用にも。クリスマスに買いたいランジェリーたち(3000円〜)

ギフトにも自分用にも。クリスマスに買いたいランジェリーたち(3000円〜)

今年のクリスマスプレゼントはもうお決まりですか? 男女間だけでなく、女性同士でもランジェリーのプレゼントはおすすめです。何枚あっても嬉しい、使い勝手が良くて、おしゃれ、しかもプチプラなランジェリーをプレゼントにしてみては。大人の女性に似合う、洗練されたヨーロッパのランジェリーをご紹介します。


GUハイウエストデニムなら誰でも脚長に、スタイルアップが叶います

GUハイウエストデニムなら誰でも脚長に、スタイルアップが叶います

GUのハイウエストデニムを用いたコーディネートをご紹介します。GUのハイウエストデニムは約2500円と超プチプライス。ストレートデニムに抵抗があった方でも気軽に試せる金額感です。新たにデニムを買うときもトレンドをほんの少し意識して、今旬なシルエットや色合いのものを選んでみてはいかがですか。


【マネー部】2018年は「貯まる」女になる!DRESSマネー部第1回部活開催

【マネー部】2018年は「貯まる」女になる!DRESSマネー部第1回部活開催

DRESS部活に「マネー部」が誕生しました。記念すべき第1回目は、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが「自分に合ったお金との付き合い方」をレクチャー。当日のセミナーの様子をレポートします。


おっぱい