夫に洗ってもらったパンツしか履かない

夫に洗ってもらったパンツしか履かない

昔、私は「良い仕事人」で「良い妻」で「良い友だち」になりたいと思っていました。 <良い人にならなければいけない>という思い込みの穴に、いつ落ちたのでしょうか? 学校の授業だったのか、親の子育てだったのか、読んだ本や漫画なのか、メディアの影響なのか。


夫に洗ってもらったパンツしか履かない

昔、私は「良い仕事人」で「良い妻」で「良い友だち」になりたいと思っていました。

<良い人にならなければいけない>という思い込みの穴に、いつ落ちたのでしょうか? 学校の授業だったのか、親の子育てだったのか、読んだ本や漫画なのか、メディアの影響なのか。思い出してもわからないのですが、頑張り屋だった私は、ずっと<良い人にならなければいけない>と思っていました。

夫と出会って一緒に住み始めた頃、ちょうど、夫が勤めていた会社を退社して独立した時期でもありました。10年1つの会社で一生懸命働いてきたので「せっかくだから少し休んだらいいんじゃない?」と提案し、夫は独立の準備と人生の夏休みという休暇を過ごしていました(このときはまだ彼氏ですが)。

その頃、私は仕事の締め切りが重なることが多く、かなり忙しかったです。ちょうど2人で忙しさが1人に偏ってしまった時期でした。私の忙しさを夫に相談したら、頼んだわけではないのですが、家事を率先してやってくれました。「そのぶん、仕事がんばってていいよ」と応援されました。

初めて「甘えちゃおう」と思えた

今まで<良い妻><良い彼女>でいなければいけないと思い込んでいた私は、仕事が忙しくても、無理して家事をしたり、恋人や夫の世話ばかりしたりして、いつも疲労困憊でした。本当に毎日毎日疲れ切っていました。家に長くいるからと気を遣ってしまって、がんばっていたと思います。今思うと、よく身体や心がもっていたなぁと思います。

夫は家事をすることに何も言いません。「ボクやるよ」とか全く言いません。静かにただ淡々とこなしていきます。私と出会う前から、ちゃんと家事をしていたのでしょう。こなれ感があります。その姿に「なんて自立してるんだろう」といつも思います。なので、いままでなら気を遣ってしまうことも、素直に「もう甘えちゃおう! 任せちゃおう!」と思うことができました。

一緒に住み始めて、洗濯物が山積みになることがなくなりました。玄関が靴で埋まることもなくなりました。着る物がなくなって困ることがなくなりました。家の中がいつもきれいに整頓されました。今まで仕事をしながらしていた家事を、夏休み中の夫がほとんどしてくれたので、仕事が立て込んだ季節を、私は仕事だけに集中できて、体調を崩すこともなく乗り切ることができました。

「パンツが足りない事件」はもう起きない

今まで何度も徹夜が続いて、「パンツが足りなくなる事件」が勃発し、ユニクロに駆け込む日がありました(笑)。
夫と暮らすようになったある日。ふらふらの徹夜明けにシャワーを浴びて箪笥の引き出しをあけると、きれいに小さく畳んだ私のパンツが並んで入っていました。正直、今までのどんな贈り物より嬉しかったのを覚えています。疲れて精神的・肉体的に追い込まれ、薄暗い一日の最後の最後に、誰かが洗ってくれたパンツが待っている。パンツを履くだけで、ものすごい元気が湧いてきました。

「一人じゃないんだ」
私は箪笥の引き出しで、初めて知りました。長く長く苦しかった<良い人>という呪縛から、このときやっと解放されました。今までの強がりよ、さようなら。パンツすごい!

洗ってもらったパンツを履く喜びがあまりにも衝撃的で、夫にお願いしました。
「私、一生、アナタの洗ったパンツしか履きたくない」と。
夫は笑って、じゃあ洗濯はするからいいよと言ってくれました。私の残りの人生は、夫の洗ってくれたパンツしか履かないでいようと思っています。生きることにも仕事にも、不思議と気合いが入ります。本当にこの3年。自分でパンツを洗ったことがありません。

「良い人」呪縛が自分を傷つける

気持ちに余裕が生まれた数ヶ月後。
忙しかった時期の家事というサポートの感謝を夫に話しました。初めて誰かに素直に甘えることができたこと。パンツという自分の一番ダサくて弱かった部分をゆだねてみたら、生きるのがとても楽になったこと。良い妻をやめて、普通の妻になりたくなったこと。人生は一人じゃがんばりきれないこと。「良い人」という思い込みが、自分を自分で傷つけていたこと。我慢していたこと。

自分の一番弱い部分やダサい部分、辛い部分を素直に全部見せることができた。このとき、私の中で「彼と家族になろう、一緒に生きていこう」と、腹が決まりました。

夫が夏休みを終えて、本格的に仕事に復帰してからは、私も家事をしています。夫の苦手な事務処理や経理などは私が率先してします。自分の得意なことを誰かのためにするのは良いことなのだと気付きました。得意なことをするのはチームにおいてコスパが良いということです。

夫が自分の努力を見てくれる喜び

一緒に働いて、一緒に暮らしていると、パートナーの家事をする姿も、働く姿も、毎日見ることができます。私にはそのことが何よりの心の栄養になります。

家族のために家事をする姿を見る・見せる。
誰かに自分が大切にされていることを知ります。

自分のために働く姿を見る・見せる。
相手を尊敬する気持ちがふんわり自然体で生まれます。
助け合いながら尊敬し続けることができます。ある意味では、お互いがお互いの作品のファンです。

家族の意味や、感謝、一人で生きているのではなく、生かされていると知ります。頭ではわかっているのですが、やはり毎日見ることができるのは、とても嬉しいです。自分の努力も夫だけは見ていてくれるので、どんなときも「大丈夫だ!」と小さな勇気が持てます。

良い妻を辞めました。良い人も辞めました。それでもなかなか良い人生です。
今日も夫の洗ったパンツを履いてこの記事を書いています。

兎村彩野さんの記事一覧

この記事のライター

Illustrator / Art Director

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウ...

関連するキーワード


夫婦 人間関係

関連する投稿


夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼と別れたくなったとき、どんな言葉を選べば良いか悩む女性も多いでしょう。きれいな別れ方を望むなら、「先はない」つもりで接する潔さが必要です。最後なら、しっかり感謝の気持ちを伝えて「いい女」で終わらせたいもの。覚悟が見えれば男性も別れを正面からとらえることができます。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活