古い母親像にとらわれない。それが女性の自由への道。

古い母親像にとらわれない。それが女性の自由への道。

 「大きくなったら、ママより大きな会社の社長になる」。最近の娘の口癖だ。


「大きくなったら、ママより大きな会社の社長になる」。最近の娘の口癖だ。

3回の出産は毎回産む直前まで働いて、産後もすぐに復帰。母親の隣のマンションに引越し、ベビーシッターも雇い、保育園の目の前に居を構えた。ありとあらゆる手段をつかって、仕事と育児の両立をさせてきた。専業主婦の母親に時間も愛情もたっぷりかけてもらった私が、「小さい時から預けて仕事する罪悪感」がゼロではなかったかと問われれば、答えにくい。でも、女性のライフスタイルもここ数年で大きく変化した。育児スタイルが変わるのは必然の流れだと思う。

日本はかつてない少子高齢化社会に突入した。ますます増加が予想される社会保障費。そんな時代なのに国の借金は1000兆円を超えた。国民1人当たりの借金はなんと約830万円に。社会を担う世代は誰か。そう考えた時、男性だけが働き手ではもう間に合わない。

先進国の中でもっとも女性の大学進学率が高い日本。高学歴で優秀な日本の女性達は、出産を機に7割も仕事を辞めてしまう。そう、まだ日本は育児と仕事の両立がしにくい国。女性リーダーが少なくて問題視されているのに、これじゃ女性リーダーが増えっこない。誰が本気になって女性が働きやすい社会を創るのだろうか。もはや待ったなしの現状なのに。

子供が寂しがって泣く、専業主婦の親と比べられる、義母にしつけが甘いと怒られる、そもそも忙しすぎる、子供の熱が出て会社に迷惑かける、まことしやかにささやかれる3歳児神話。でも、そもそも、なんで私はこんなに躍起になってるの? このままでいいの?働くママなら誰しもぶつかる「ワーママの罪悪感」。押しつぶされそうになる育児と仕事の責任、両立の忙しさとストレス。

自分のためだけに働いている訳でもないのに、理解されにくい現状。ハーバード ビジネス スクールの研究結果によると、働く母親に育てられた女の子は、職場で重要なポジションに就き、自身もワーキングマザーになり、収入も高い傾向がある。同様に、男の子は、家事貢献度が高い傾向という結果に。見事じゃないか、理想の未来だ。ワーママの娘はワーママに、息子はイクメンになるなんて。

そう、日本はこれから、諸外国のように男性も女性もパートナーシップによる共働き世帯が中心となる。時代の転換期にいる今のワーママは狭間で悩み、職場でもまだ珍しい、扱いづらい存在かもしれない。でも、間違いなく時代の流れを変える先駆者、未来の家族のあり方を創るマザーなのだ。

私はいろいろな事情があって専業主婦にはなれなかった。子供にすべての愛情をそそぐ彼女達の生き方は女としていつも憧れだ。でも、社会を変えたくて、起業家として生きて、困難を笑い飛ばしながら、子供を産み続けた。真剣に働く私の背中を見て育った娘。もちろん彼女も寂しい事もあるだろう。最近携帯を与えたら連絡が頻繁だ。それでも「ママが大好き、ママが憧れ、だからママを超える女性になる」、それが口癖の娘を見ると心から嬉しいと思う。

時代は変わった。昭和は終わった。忙しければ育児を外注しよう、昔の育児スタイルに固執するのをやめよう。昭和スタイルを脱してもいい。育児も自分らしくコーディネートしよう。女性が家事労働を長時間担っているのは先進国の中で日本だけ。辛くなったら、育児や家事のプロに任せよう。沢山の子供と向き合ってきたベビーシッターはワーキングマザーの力強い味方だ。ママのストレスを解消するばかりではなく、子供の感性を引き出すノウハウももっている。

私はそのために、1時間1000円から即日利用できるベビーシッターサービスをたち上げた。ママ達に笑顔になって欲しい。ママは家族の太陽だ。心に余裕をもって、旦那さんと子供に思いっきりの愛情を注いで欲しい。ママのあり方が未来を創るのだ。罪悪感なんていらない。プロを味方に付けて、新しい育児を取り入れ、自分らしい育児スタイルをみつけよう。笑顔でいる事にもっと欲張って、今日も胸をはって凛と立ち向かおう。

古い母親像にとらわれない。
それが女性の自由への道。


経沢香保子

Text / Kahoko Tsunezawa
DRESS 2015 8月号 P.190 掲載

経沢香保子(つねざわ かほこ)
桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円~即日手配可能な 安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営中。オンラインサロン「女性起業家サロン」も人気。

Kahoko Tsunezawa Facebook
Kahoko Tsunezawa Twitter
コラム集「経沢香保子の本音の裏側」

この記事のライター

桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びキッズラインを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社...

関連するキーワード


子育て

関連する投稿


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第5話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。「悲しすぎる」「つらすぎる」と視聴者の大反響を巻き起こしたエピソードですが……。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもの成長とともに、改めて考え始める「育児方針」。作家の大泉りかさんは、自分が親から受けてきた教育をそのまま引き継ぐ気にはなれなかった、と語ります。我が子を思うからこそ、打ち立てた彼女の「育児方針」とはなんだったのか。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ZARAのオンラインショッピングをしてみました。自宅で試着でき、さらに、あらかじめ考えておいたコーデを自宅で実際に着られるという、買い物の新しいスタイル。手持ち服×新しいアイテムでコーディネートを3パターン以上考えられたら即決OK、と決めています。皆さんも新しい買い物の形を試してみては。


【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

占い師・ホロスコ先生による「女神のための星占い」で1/17-1/30にかけての運勢を知ろう。


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


おっぱい