年齢という概念など捨てよう。それが女性の自由への近道。

年齢という概念など捨てよう。それが女性の自由への近道。

4月に42歳を迎えた。自分でも驚くほどの年齢だけど、年を重ねる度に「若い頃より、今の自分のほうが好き」と心から感じていることに気付く。その理由をひも解くと、自らに対する信頼が日に日に湧いている事が大きい。自分は自身の人生における唯一のパートナーだ。一歳ずつ年を重ねるにつけ自分と上手く付き合えるようになった。


4月に42歳を迎えた。自分でも驚くほどの年齢だけど、年を重ねる度に「若い頃より、今の自分のほうが好き」と心から感じていることに気付く。 

その理由をひも解くと、自らに対する信頼が日に日に湧いている事が大きい。自分は自身の人生における唯一のパートナーだ。一歳ずつ年を重ねるにつけ自分と上手く付き合えるようになった。自分の思うように自分をコントロールできるようになり、上手く連れて行きたい場所に運べるようになってきたというか。そんな実感を持ってから、人生が楽しくなった。 

もちろん、私も女性だ。年をとるのがうれしくない時期もあった。いつまでも若くいたい、きれいでいたい。若さが美しさであり、人生の可能性だと年齢に執着していた時期もあったと思う。そんな時期は、自分を持て余したり、自分を上手に取り扱えない時期でもあった。若さはあったけど、人生がままならなかった。 

一般的に女性にとって節目の年ともいわれる30歳になる前は、正直なところすこし怖かった。でも、赤信号みんなでわたれば怖くないの気持ちでなんとなく乗り越えたように思う。 

次に本当の恐怖心が芽生えたのは35歳頃。妊娠していたのに、離婚してシングルマザーになった時。会社も人生も転換期だった。何もかも上手くいかない。体もつかれやすくて、精神的にも不安定になった。もしかしたらどん底にいたのかもしれない。女性としても岐路に立たされ、ビジネスマンとして試練の頃だった。まるで第2の思春期のような日々。 

でも、人生は続いていくのだ。パートナーを失っても、若さを失っても、仕事で失敗しても、時間は誰にとっても平等に重ねられていく。 

私は人生から逃げたかった。苦しかったから誰かのせいにしたかった。置かれた状況を呪いたかった。けれど、そこには何の生産性もない事に気づいた。逃げたい気持ちをぐっとこらえ自分の足で踏ん張る事に決めた。 

背負うものが大きくて逃げられない、というのもあったかもしれないけれど、まず、やったぶんだけ裏切らない「仕事」に愛情と情熱を傾けることにした。人が恐怖や不安などの負の感情を抱くのは自然な現象だから、そのエネルギーを全部、心身ともに自立に向けた。 

とにかくしっかり生きようと心に決めて、体のトレーニングも再開した。苦しくても未来に少しでも可能性をみつけるように思考を転換した。いつでも無理にでも笑顔をつくった。

美容面でのケアにも気を遣った。美容皮膚科にかよって、肌のお手入れも怠らなかった。悪あがきかもしれないけど、納得できる自分でいられるように自らの気持ちと人生に真っ正面から向き合った。 

そんなとき、サイバーの藤田社長に「苦労した人のほうが魅力的だよ」といわれて目が覚めた。そうだ、人生は経験から成り立つのだ、後戻りなんてしなくていいんだ、若さに魅力があるのでもない、人の魅力とは経験の積み重ねから醸し出される雰囲気なのだと気付いた。だったら苦労も歓迎しよう、毎日、美しい積み重ねをしよう、そう決めた。 

自分が脚本家となって、自分を主人公とした人生という舞台を演出しよう。人生は自分で創り上げる1冊の小説であり、最高の作品なのだ。だからこそ「自分はこういう人生を生きたい」という強い思いこそが大事なのだ。誰かが標準化した生き方の真似をする必要はない。 

そんな風に意識をかえてから、毎日積極的に生きた。人生は必ずよくなると信じ、好転していくシナリオを考えて演じ続けた。すると、時間さえあればすべてがよい経験に昇華されていった。時を重ねるにつれて、実りの多い生き方ができるようになった。 

誕生日にあけてもらった私と同じ年齢のワインは、稀少でびっくりするほどの価値を生み出しているのだ。そんな生き方をしよう。年重ねれば重ねるほど価値を出す豊潤な女になろう。 

そしていっそ年齢という重荷は下ろしてしまおう。そう、年齢なんて所詮、記号にすぎないのだから。

年齢という概念など捨てよう。

年齢という概念など捨てよう。
それが女性の自由への近道。


経沢香保子

Text / Kahoko Tsunezawa
DRESS 2015 7月号 P.194 掲載

経沢香保子(つねざわ かほこ)
桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円~即日手配可能な 安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営中。オンラインサロン「女性起業家サロン」も人気。

Kahoko Tsunezawa Facebook
Kahoko Tsunezawa Twitter
コラム集「経沢香保子の本音の裏側」
Podcast「経沢香保子の起業も人生も味わい尽くす」

この記事のライター

桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びキッズラインを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社...

関連するキーワード


美容

関連する投稿


入浴剤の代わりにおすすめ。キッチンにある3つのアイテムとは【百木ゆう子】

入浴剤の代わりにおすすめ。キッチンにある3つのアイテムとは【百木ゆう子】

市販の入浴剤の代わりにおすすめなアイテムを3つご紹介します。入浴剤選びは香りや色、使用感や効果などで購入される方が多いと思いますが、最も大切なのはどんな成分が含まれているか。リスクも知っておきましょう。今お使いの入浴剤があれば、成分表をチェックしてみてください。


美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

40代からの美しい腹筋はジムではなく食事から作られる! 欧米の最先端の栄養学を日本人向けにカスタマイズした、最短で痩せる究極の食事法を公開した『最少の努力でやせる 食事の科学』が発売となりました。


アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォーともなると、お肌の状態や体型のたるみなど、気になるところがたくさん! ただ美容に使えるお金には限りがあるため、「何をするか」は厳選しなくてはなりません。そこで今回はアラフォーの女性に聞いた、「お金をかけてよかった美容」をご紹介します。


LUSHからお風呂をジェリー化させる入浴剤「ジェリーボム」が新登場

LUSHからお風呂をジェリー化させる入浴剤「ジェリーボム」が新登場

バスタイムをさらに進化させる新感触。お風呂をジェリー化させる「ジェリーボム」がラッシュより9月1日に発売開始に。ラッシュの代表的なアイテム「バスボム」同様、お湯の中で重曹とクエン酸がシュワシュワと溶けていくのと同時に、トロトロの柔らかなジェリーがお風呂のお湯一面に広がる入浴剤です。


もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

原因不明の嫌な症状、実はグルテン過敏症によるものかもしれません。マクロビやグルテンフリーを実践してきた筆者が、グルテン過敏症とは何かと、手軽にチェックする方法、グルテンフリーを実施する方法をご紹介します。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。