1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 大人のプチプラショップ巡りで出逢った! AMERICAN HOLICのボーダーTが40代コーデに◎

大人のプチプラショップ巡りで出逢った! AMERICAN HOLICのボーダーTが40代コーデに◎

Share

毎週日曜日は、ファッションのお悩み解決スタイリスト・すえおかりみこさんが担当。大人女性の悩みを解決するべく、着こなしポイントを指南します。今回は、AMERICAN HOLIC(アメリカンホリック)のトップスを使った大人見えコーデのポイントを伝授!

大人のプチプラショップ巡りで出逢った! AMERICAN HOLICのボーダーTが40代コーデに◎

ようやく梅雨も終わりが見えてきました。本格的にノースリーブ、ストローハット、籠バッグの出番が到来です。今年の梅雨は長かった!

そんな今週のお悩みは、大人のボーダーコーデについて。

Q.子どもの頃からボーダーは着ていますが、正直ずっとコーデが変わっていない気がしています。大人っぽい、40代(アラフォー)のボーダーコーデのポイントは何ですか?

ということで、今回は、今の時期から残暑の秋まで着られるボーダーコーデのご紹介。ボーダーの中でも、太いピッチのカジュアル感が強いものを今回は選んでみました。

「AMERICAN HOLIC(アメリカンホリック)」で購入した1枚です。他のライターさんが行っていたお店なので、私も真似っこしてみました。なんとなく、アメリカの衣料ブランドっぽい感じがしていましたが、「アースミュージック&エコロジー」などと同列の比較的新しい日本ブランドです。価格帯は2000円から5000円台がメイン。店内見渡す限り、30代から40代の子育て世代をターゲットにしたお洋服ブランドだと思いました。

私が 手に取ったのは「ノースリーブボーダーカットプルオーバー」税込1419円(ネットでは40%オフの851円*)です。私は店頭でなぜか定価で買ってしまいました(悲)。どうぞお気をつけください(涙)。

細いピッチのボーダーはよく見かけますが、太いピッチのボーダーは意外となく、探さないと見つかりません。細めピッチの方がきれいめに着られるのですが、ボーダーのトップスはありふれたアイテムなので、そのぶん普通っぽさ、ママっぽさ、無難、という印象を拭えません。もちろん他にコーデの主役があるときはいつもの細いピッチを選びますが、ボーダーを主役にしたいときは、太いピッチの方が断然存在感があります。とはいうものの、太ボーダーとはいえ今回はノースリーブなので、長袖のそれよりも存在感は強くないと思います。


* 2020年8月2日時点

■マキシスカートで大人っぽいコーデに

まずはスカートのコーディネートを。以前にもこちらでご紹介させていただいた「meri(ミーリー)」のフレアマキシスカートとのコーディネートです。

トップスが思いきりカジュアルなので、ボトムスには大人っぽさが出るアイテムを合わせました。大人っぽく仕上げたいときはロングスカートよりも断然、足首が見えないマキシスカートがおすすめ。「ロングもマキシも大差ない」と思われそうですが、足首が見えるか見えない印象の差はとても大きいと私は思います。

とはいえ、せっかくのカジュアル感。太ボーダーの軽快な雰囲気を壊さないように、バッグにはサコッシュを合わせました

肌寒い時期になってきたらカーキのミリタリーシャツを。カーキを重ねるとどんなコーデも一気に大人見えします。ノースリーブではありますが、真夏から秋まで着られるアイテムです。

■パンツを合わせるならツヤを足すのがポイント

黒にカーキを重ねると大人っぽい雰囲気が増すので、カーキパンツにも合わせてみました。ボトムスはロールアップすると、ボーダーのカジュアル感となじみます。大人っぽさを足したいときはツヤのあるネックレスを。

このトップスの丈は比較的長めですが、タイトなシルエットなので、ボリュームが適度にあるボトムスの方がバランスよく見えると思います。

今はAラインシルエットのノースリーブがよく出ていますが、太めボーダーなどの“パンチ”がある柄の場合は、ボリュームを抑えたシルエットの方がおすすめ。柄の主張が強くなりすぎません。肩もしっかりとカバーされているので、二の腕が強調されず、大人のボーダーカジュアルを楽しめると思います。

■夏本番。秋まで着られるお洋服が狙い目!

いかがでしょうか。

ようやく夏本番ですが、これからのお買い物は、ぜひ引き続き、秋まで着られるものを選んでくださいね!

Share

すえおか りみこ

ファッションお悩み解決人。骨格診断・色彩をもとに同行ショッピングやクローゼットチェックでファッションのお悩みを解決へと導きます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article