1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 昭和生まれが「懐かしい」と思う夏の風物詩あるある

昭和生まれが「懐かしい」と思う夏の風物詩あるある

Share

暑い夏、プールに行って、サイダーを飲んで、扇風機で涼みながら畳の上で昼寝する。昭和生まれが懐かしいと感じる暮らしの風景あるあるです。

昭和生まれが「懐かしい」と思う夏の風物詩あるある

■ラジオ体操

夏休みの日課といえば、朝にラジオ体操。

子どもだけじゃなくて、近所の人たちも参加していた。

「アッパッパ」を着たおばあさんや、「ステテコ」を穿いたおじいさんとか。

ラジオ体操、今もやってる?

■扇風機

扇風機は今もあるけど、昭和の涼とりといえば、これしかなかった。

あるいはウチワ。

扇風機に向かって、妹たちと「アーッ!」って声出しながら遊んでた。

■肝試し

夏休みになると、近所の神社で催される肝試しが町内会の恒例行事。

脅かす人がみんな知ってるおじさんで、あんまりコワくないだけど、それなりに楽しんだ。

■ラムネ

ビー玉を押し入れて飲む、ガラス瓶入りの炭酸飲料のこと。

名称は「レモネード」の音が変化したもの。

最近、めっきり見かけなくなった。

■虫取り

私が子どもの頃は、タンクトップ(当時はランニングって呼んでた)&短パン姿に麦わら帽子をかぶり、肩から虫かごをかけて網を手に持った、アニメに出てくるような男子がまだ結構いた。

■ムヒと赤チンが必須

蚊に刺されたら、「ムヒ」。

転んで怪我したら、「赤チン」。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article