おしゃれな人は捨てている。少ない服を粋に着こなす3つの方法

おしゃれな人は捨てている。少ない服を粋に着こなす3つの方法

毎日違う服を着なければならない――女性誌で毎月のように、おしゃれな服として紹介される「トレンドアイテム」や、おしゃれな人の「1ヶ月着回しコーデ」などを見慣れている私たちは、そんな思い込みに囚われているのかもしれません。「服を買うなら、捨てなさい」持ち物を減らす、ブックレビューをお届けします。


おしゃれな人は捨てている。 少ない服を粋に着こなす3つの方法

毎日違う服を着なければならない――女性誌で毎月のように紹介されるトレンドアイテムや「1ヶ月着回しコーデ」を見慣れている私たちは、そんな思い込みに囚われているのかもしれません。結果、クローゼットには服が溢れ返り、頻繁に登場する「レギュラー」アイテムに、稀に出番のある「準レギュラー」アイテム、しばらく表に出る機会のない「補欠」アイテムとに分かれてはいませんか。

こうなってしまうのも、服を買い足すときに部屋にある「手持ちの服を捨てない」から。そのため、着ないものはクローゼットの奥や収納箱の下のほうへ移動し、日の目を見ることがなくなってしまうのです。さらに、着るものに迷ってしまったり、「昨日はお気に入りの◯◯を着たから、今日は△△を着ておこうか」と、自分にとって気分がアガらない準レギュラーや補欠をやむなく引っ張り出したり……。

たくさんの服に囲まれていることに大して意味はありません。厳選したお気に入りの服だけを持ち、それをまとって幸せな気持ちになることに価値があります。そのことは、トレンドに流されない自分のスタイルを持ち、素敵に服を着こなすことにつながる――こう教えてくれるのが『服を買うなら、捨てなさい』(地曳いく子著・宝島社刊)です。本書から私たちが今日からでも実践できる服との付き合い方を、いくつか選りすぐってご紹介します。



 



1.「いつもおしゃれな人」でいるために、イマイチな服を捨てる





いつもおしゃれにキメている人が、珍しくすこし残念な格好で現れたら、皆さんはどう感じますか? 「いつも素敵な人」といった印象は消えて、「意外とダサい人なのかも」といった感想を抱いてしまうのではないでしょうか。「毎日違う格好をしないといけない」という思い込みのデメリットは、コーデのバリエーションを増やそうとするあまり、自分にとって「賞味期限が切れた服」をワードローブに追加してしまうこと。

そんなリスクを冒してまで「同じものを繰り返し着てはいけない」と決めつけることにメリットはありません。「おしゃれな人」とは「ダサいものを着ない人」のこと――著者の地曳さんはこう言います。実はおしゃれ度を底上げする方法は簡単なのだとか。毎日違うコーデをする目的のためだけに持っていたイマイチ服を捨てるだけでOKです。おしゃれのテクニックを磨くよりも断然シンプルにできますよね。

余計な服を減らすことで、自分の好きなものがクリアになるのはもちろん、気分のアガる服しか目に入ってこないので、クローゼットの前でその日のコーデに悩む時間も削減できます。今の生活スタイルを見つめ直し、少数精鋭主義の愛すべきワードローブを目指したいもの。



 



2.ワンパターン万歳! 手持ち服に偏りを持たせる





「ワードローブに偏りがある」というと、あまり良くないことのように感じてしまう人がいるかもしれません。でも、これはむしろ素晴らしいこと。自分の「スタイル」ができあがっていることに他ならないからです。地曳さんはオードリー・ヘップバーンの名を挙げて、彼女のファッションやヘアスタイル、メークなどはすぐに頭に浮かんできませんか、と問いかけます。なるほど、確かにと思うのは、彼女の服や顔が良い意味でワンパターンだから。

スタイル=究極のワンパターンです。おしゃれな人を思い浮かべてみると「いつもボーダーアイテムを取り入れている」「いつもパンツスタイル」「いつも膝上丈のボディコンシャスなワンピを着ている」など、スタイルが固定化している人が多いのでは。当然、それらがしっかり似合っています。彼女たちは自分の好きなものや得意分野を極めているのです。

ファッションをスポーツに置き換えると、好きなものや得意なもの=確実に点を取れるであろう得意競技といえます。そのフィールドで勝負すれば、必ず得点できるので、結果的におしゃれな人として評価されるのです。逆に「パンツスタイルが続いたから、久しぶりにスカートでも履いてみようか」など、あまり好きではないアイテムや苦手なアイテムを仕方なくまとうと、負ける確率(イマイチだと思われる)が高まるだけ。






 




3. 今の気分とライフスタイルにマッチした大好きな服だけを買う





ワードローブとは、パズルのようなもの――地曳さんはこう話します。クローゼット内のイマイチ服を減らしたら「足りないピース」を探す旅(買い物)に出よう、と。このときに注意したいのは手持ちのピースを確かめて、何が必要なのかを把握してから出かけること。そうでないとすでに足りているものが増えてしまったり、結局足りないピースを埋められなかったり、と買い物に行く意味がなくなります。

さて、実際に買って良いのは「今すぐ必要な服」。最長でも「1週間以内に必ず着る服」でないと、今の気分や生活スタイルにのっていないので、結局袖を通すことにはならない、と地曳さんは指摘します。旅先で直感的に良いなと思って買ったワンピース、セールで来シーズン着るつもりで買ったスカートがクローゼットの奥で忘れ去られている……なんて心あたりはありませんか? 時間が経過するにつれ、トレンドも自分自身の気分も変わっていくのですから。

今着ると気分がアガり、自分を良く見せてくれる大好きな服――そう思えるアイテムは買って正解です。自分のスタイルに基づいた「定番品」をアップデートさせる買い物も◎。デコルテの開き具合や身幅のゆとり、着丈の長短、袖口のデザインなど、ディティールのわずかな変化を2〜3年に一度見直し、更新することは「今の空気」をまとう上で欠かせません。賢い買い物を目指しましょう。

捨てることは、選ぶこと。スタイルを持つことは、多くのバリエーションから自分を素敵に見せるものを選び抜くこと。おしゃれの道は捨てることから始まるのです。



 

Text / Sonoko Ikeda

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


「半農半X」という生き方は実現できる?リアルな体験記を読んでみた

「半農半X」という生き方は実現できる?リアルな体験記を読んでみた

半農半Xという生き方が注目を集めています。半農半Xのライフスタイルを描いたコミックエッセイ『田んぼ、はじめました。』は、半農半Xを実戦したい人はもちろん、農業に多少なりとも興味のある人にとって、とても面白い1冊となっているのでご紹介します。


WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

バッグのメゾン「WAKA TAKAHASHI(ワカ タカハシ)」を立ち上げた新進気鋭の若手デザイナー、高橋和伽さんをインタビュー。憧れの職、デザイナーになるまでの道のりやWAKA TAKAHASHIのバッグに込めた想いを伺いました。


幸せってなんだっけ?シンプルなことこそ贅沢で、幸せにつながっている

幸せってなんだっけ?シンプルなことこそ贅沢で、幸せにつながっている

幸せってなんだっけ? 日々忙しく動き回っていると、ふと立ち止まることもありますよね。そんなときに、手にとってほしい本『幸せってなんだっけ?世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年』をご紹介します。


スウォッチのクールな新作、薄型11モデル「SKIN COLLECTION 2017」

スウォッチのクールな新作、薄型11モデル「SKIN COLLECTION 2017」

スウォッチ(swatch)から、新時代の薄型11モデル “SKIN COLLECTION 2017”が3月23日より登場。


クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

服でいっぱいのクローゼット、開けると気が滅入りませんか? 理想はシンプルな、お気に入り服しか入っていない、美しいクローゼットではないでしょうか。『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』から、クローゼットをシンプルにして、美しく暮らす方法を3つご紹介します。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。