1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 昭和の小学生あるある

昭和の小学生あるある

Share

いつの時代も“子ども”は“子ども”。そう思っていたら大間違い。現代っ子と昭和の子では、ちょっとところがあるんです。昭和の小学生あるある。

昭和の小学生あるある

■うかつ

ランドセルの錠前が開いていて、不意に前かがみになったときに、中身を丸ごと落っことしてしまう。

最近はそういう光景をあまり見かけなくなった。

■半袖&半ズボン

冬もずっと半袖と半ズボンで通す子がいた。

衣替えするタイミングを逸したのか、ただの強がりなのか……。

冷気にさらされた素肌が真っ赤になっていて、見ていてちょっと痛々しいケースもあった。

■多用途な下敷き

うちわとして使ったり、静電気を起こして遊んだり。

本来の目的とは違う使い方で下敷きを酷使してしまう。

下敷きとしてほとんど使っている様子がないのに、ボロボロ。

■やたらと命をかけたがる

口からでまかせを言ったり、できるはずもないことをできると言ったりしたあとに、「命かけるか?」「おお、命かける」と
いうやりとりがよく聞かれた。

言うほうも言うほうだけど、聞くほうも聞くほう。

実際にかけるわけないんだし。

■何月何日何曜日何時何分何秒?

発言を問い正されたとき。

「誰がいつそんなこと言った? 何月何日何曜日何時何分何秒?」と切り返す子が多かった。

「地球が何回まわった時?」と付け加えるバージョンもあったね。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article