1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. フェミニンブラウスのコーデ3選。コツを押さえて大人かわいく

フェミニンブラウスのコーデ3選。コツを押さえて大人かわいく

Share

今年の春はフェミニンなブラウスが気分! いつもは辛口でマニッシュなシャツが好きな私だが、今年はフェミニンなブラウスを毎日のコーデに取り入れてみようと思う。甘くなりすぎないフェミニンなブラウスのコーデをご紹介。

フェミニンブラウスのコーデ3選。コツを押さえて大人かわいく

■やさしげなフェミニンブラウス

カリッとシャキッと立体的になるシャツも好きだけれど、この春は断然フェミニンブラウスが気になる。

素材やデザイン、色・柄もさまざまで、どういったものを選べば自分に似合うのか、どういうボトムスと合わせればいいのか試行錯誤。

これまでの経験からわかってきた「フェミニンブラウスのコーデのコツ」をまとめてみた。

ボウタイブラウスは、無地のものだとコンサバ感が強く出すぎてしまう。あえて柄物を選ぶのがおすすめ。ボウタイの形や大きさにもバリエーションがたくさん。

これ一枚でアレコレ重ね着やアクセサリーをする必要もないのが、忙しい朝にうれしい。

ボトムスはスカートでもパンツでも、無地のシンプルなものを合わせるとバランスを取りやすい。
ボウタイが大きい場合は、ロングのボリューミーなフレアスカートがぴったり。

鮮やかで生地に光沢があるブラウス。

立ち襟、たっぷりと膨らんだ袖、フリルの装飾。着るだけで一気に華やかさが出るのがフェミニンブラウスの特徴。

一枚着るだけで、気分がアガること間違いなし! コートを脱ぐ春のおしゃれにピッタリだと思う。

袖がふんわりしているとそれだけでフェミニンに。後ろ姿が女らしく見えるというメリットもある。

■フェミニンブラウス 春コーデ

同色のラップスカート、タイツ、靴と色を揃えてまとめる

光沢のあるドット柄のブラウンのブラウスは、同色のスカート、同色のタイツと合わせて全体を馴染ませて着る。ブラウスだけが浮かないので、気負わず着れる方法。

レースのスカートと合わせてレディライクに

あざやかなグリーンのブラウスは、襟元や袖口に控えめなフリルが施されている。このあざやかなグリーンのおかげで甘くなり過ぎず、シャキッと着こなせる。

敢えて白いレースのタイトスカートで甘口×甘口のコーデに。足元をグレーの柄タイツ、カーキ色のアンクルブーツ、クラッチバッグでとことん大人っぽい方向に寄せる方法もうまくいく。

フェミニンブラウスを「かわいい」ではなく「大人っぽく、女っぽく」に寄せる。
このテクニックも大人の女性こそ似合うと思うので、積極的にチャレンジしてみようと思っている。

カラーパンツを合わせて垢抜ける

白地に水玉+短めのボウタイと“かわいい”ディテールが3拍子揃っているZARAのブラウス。

これに今季流行のカラーパンツを合わせてみる。

普通に黒いパンツを合わせてしまうと、ブラウスの甘さだけが妙に浮いてしまう感じがしたので、敢えてカラーパンツを。
そして足元も黒い靴を避け、ニュアンスカラーのグレー寄りのラベンダー色のハイヒールを履いてみる。

甘いブラウスをカラーパンツで着る。

難しそうだけど意外とまとまりやすく、一気に春らしいコーデになる。

■春はフェミニンブラウスを着まわそう!

シンプルでミニマムな定番品だけを着まわすファッションに飽きたら、今年の春こそ、うんと女らしさを味わえるフェミニンなブラウスを手に取ってみてはどうだろうか?

色も素材もデザインも沢山ある。
自分に合う色や形や柄が必ずあるはず。

まずは、ワイドデニムやきりっとしたセンタープレスの白いパンツと合わせる方法がおすすめ。
普段から辛口服が多い方は、この方法がいつものコーデと乖離が少なく、違和感を感じにくいはず。

慣れてきたらどんどん手持ちのスカート類に合わせて着まわしてみる。
ヘアメイクをいつもと変えたり、靴もカラフルにしたり、アクセサリーを盛ったり。

意外なのだが、フェミニンブラウスはバランス次第でどうとでも雰囲気が変わる。

「似合わない」と決めつけずに色々やってみる。

そこに停滞から抜け出すオシャレのチャンスとヒントがある。
フェミニンなブラウスで春を楽しもう!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article