別れを切り出すLINE

「もう別れたいな……」そう思った時、どのように別れを切り出しますか? 別れは突然訪れることもあれば、予兆があって、別れに向かって走り出す場合もあります。今回は、別れを切り出すLINEについてご紹介します。

別れを切り出すLINE

■Case1:王道さよならLINE

別れを切り出すスタンダードなLINEといえばこれ。

「電話できる?」と、やや重々しい雰囲気漂うLINEです。

雰囲気的になんとなく別れの予兆を察することもできて、一番王道の別れの切り出し方といえるでしょう。「別れ話は会ってするもの」という人もいれば電話やLINEでカジュアルに済ませる人も増えました。

■Case2:急に敬語

急に「話したいです」という敬語が入るのも別れの切り出しLINEの特徴。

もしかしたら気付いているかもしれないけど……と言われると、相手もなにか、ただごとではない雰囲気を感じ取るはずですが……!? まさかの妊娠疑惑を持ち、勝手に暴走するあたりもとてもリアルですね。

でもこんなことを言ってしまう彼氏だとしたら……ますます別れたくなってしまいそう。

■Case3:クズ男撃退

彼氏のような彼氏じゃないような……そんなあいまいな関係の相手との関係を切りたいと感じつつ、切れない日々を送っている女性が切り出す別れLINEはこちら。

気まぐれに連絡してくるクズ男は、いつものように「泊まり」をもちかけますが、女性は別れを決めたら強いもの。ばっさりと切ってブロックしてしまうのも、あるあるな別れの切り出し方です。

■Case4:気づかない彼氏

相手の感情に疎く、気持ちの変化に気づかない彼氏と別れを切り出したい……! そう思いながらもずるずると関係を続けしまったこちらの女性は、「もう無理だよね」と思い切った別れの切り出し方をします。

さすがの彼も、焦って「最後」に電話を……と提案しますが、ここでも、相手の気持ちを無視し、ポジティブすぎる発言。
こうなってしまうともう、核心をつく言葉を言って、別れるしかなさそうです。

傷つけまいと、遠回しに別れを切り出しても通じない相手には、最初からストレートに別れを伝えたほうがよさそうですね。

■Case5:恋は盲目

誰がどう見ても、一方通行の恋に見えるこのやりとりですが、恋愛中は気づかないもの。

相手はイタリアンを予約して、楽しみにしているデートですが、「前から話したいこと」は、きっと別れ話です。「恋は盲目」とはよく言うもの。それが恋愛の楽しみではありますが、盲目すぎるが故、相手の気持ちに気づかないケースもありますね。

■Case6:好きなら別れて

不倫や結婚願望のない相手のとの同棲など、先のない恋愛にうんざりしつつ、別れられない苦しみを味わっている人もいる人かもしれません。

その苦しみから抜け出すために見つけた方法が「好きだから離れる」だとしたら、「私のこと好き?」と聞きつつも「好き」という相手の言葉を確かめて「じゃあ、連絡してこないで」というドラマチックな別れの切り出し方をすることも。

別れの予兆を感じさせずに、でもインパクトに残る別れ方ではありますね……。でもこの別れ方だと高確率で復縁してしまいそう。

■Case7:話せる?

最初の電話での別れの切り出しLINEからはじまり、さまざまなシチュエーションのLINEをご紹介しましたが、このLINEが世代問わず王道の別れの切り出し方ではないでしょうか。

電話やLINEでカジュアルに別れるケースももちろんありますが、一度でも好きになった相手なら、「ありがとう」も含め、しっかり面と向かって別れを告げたいもの。

別れの予兆を感じさせつつ、会って、しっかりと気持ちを伝えることは、今後のお互いの人生にとっても大切なことかもしれません。

■別れの予兆はLINEに

今回は、別れを切り出すLINEをご紹介しました。

LINEの頻度が減ったり、既読無視をされるようになったり……。別れの予兆はLINEにあらわれます。

「いつもとLINEの感じが違うな?」「頻度が減ったな」と思ったら、別れを切り出される前に、はやめに話し合うなど対策を練ったほうがいいかもしれません。

また、別れを切り出そうと思っている人は、LINEはあくまで別れの「きっかけ」にして。LINEを活用しつつ、別れ話はできれば会ってしたいですね。

毒島 サチコ

恋愛ライター。LINE記事を得意とし、自立した女性へ向けた恋愛記事を多数執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article