1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. プリンセスのエシカル ファッション。

プリンセスのエシカル ファッション。

Share

プリンセスのエシカル ファッション。

プリンセスのエシカル ファッション。

今年6月、スウェーデンのプリンセス、ヴィクトリア王女が、弟のフィリッブ王子と元モデルのソフィア・ヘルグビストさんの結婚式に参列した時の写真。素敵なドレスですよね。



スウェーデン王室の王位継承権第一位であるヴィクトリア王女のこのドレス、なんと、今年4月に限定ストアとオンラインで発売された、H&Mの「Conscious Exclusive/コンシャス・エクスクリーシヴ」コレクションをベースに特注された、数万円のドレスだった、と話題になりました。

「Conscious Exclusive/コンシャス・エクスクリーシヴ」コレクションは、H&Mのコレクションの中で、最もエレガントで環境に優しいコレクション。ビーズやスパンコールからレザーやシルクに至るまで、すべてがリサイクル、またはオーガニックのサステナブルな素材を使用。

ビーズ細工や刺繍などディテールに凝った、ラグジュアリーなラインです。

出典:http://fashion.hellomagazine.com/fashion-news/

プリンセスが自国のブランドを愛し、自ら世界に向けて広告塔となられている姿勢

7年ほど前、スウェーデン大使館の招待でスウェーデンのストックホルム・ファッションウィークに出席しました。その際、スウェーデンのエシカル・ファッション事情も取材するため、まだ日本に進出していなかったH&M本社を訪れました。H&Mのクリエイティブ・ディレクターに、当時スタートしたばかりのオーガニックコットンのコレクションについて、また、サプライチェーンにおける労働慣行や環境を監査するために、サプライヤーを定期的に訪問していることなど、説明を受けた記憶があります。

以来個人的に、H&Mの全てのコットンがオーガニックになってほしいと願いながら、H&Mのオーガニックコットンアイテムを購入し、長く愛用しています。

ちょっと余談ですが、ストックホルム・ファッションウィークで、たくさんのブランドのランウェイショーも見たのですが、ショー会場に、女性だけでなく男性も小さな子ども連れで来ていたのは、とても驚きました。赤ちゃんを抱いたママや子連れパパがフロントロウに座る姿もしばしば。


さすがスウェーデンは、今、日本が目指している“男女共同参画社会”のお手本のような国。
あれから7年経ちますが、日本は、たくさんの女性が働くファッション業界の展示会でさえ、子連れNGだったりしますし、“イクメン”という言葉が広まっても、まだまだ職場に子供を連れて行く男性は少ないと思います。


もちろん、その分きちんと子供のしつけをして、大人が働く場所に迷惑をかけないという大前提はありますが、“子連れ”を許容するスウェーデン社会の寛容さやオープンさに感動しました。


(写真出典:H&M オフィシャルサイト)

話をプリンセスのドレスに戻しますが、H&Mのイブニング・ドレスをロイヤル・ウェデイングでお召しになっていたことも、寛容で、オープンなスウェーデンの国民性が現れているような気がします。また、プリンセスの自国のブランドを愛し、自ら世界に向けて、愛国ブランドの広告塔となられている姿勢にとても共感しました。

デンマークのプリンセス、メアリー皇太子妃

プリンセスのエシカル・ファッションで、もう一人ご紹介したいと思います。デンマークのプリンセス、メアリー皇太子妃。去年、3度目となった「コペンハーゲン・ファッション・サミット」で基調講演をした時の写真。


「コペンハーゲン・ファッション・サミット」は、2009年に、「COP15国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議」が、コペンハーゲンで開かれた際に行われた、サステナブル・ファッションの世界初、そして最大級の国際会議。その後、2012年、2014年と開催され、来年2016年にも開催予定のこの会議をメアリー皇太子妃は後援されています。



2014の会議では、前述のH&Mのグローバル・サステナビリティ責任者、ヘレナ・ヘルマーソン氏や、ボゥテガ・ヴェネタのCEO, ニューヨークタイムズのファッション・ディレクターであるヴァッネッサ・フリードマン、ファッション・フォトグラファー、マリオ・テスティーノ、イギリスのエシカル・ファツションを牽引する女優であり、環境コンサルティグ会社Eco Ageも運営する、俳優コリン・ファースの妻、リヴィア・ファ−スなどが登壇。

ちなみに、この会議の時にメアリー皇太子妃が着ていたトップスとスカートは、オランダを代表するファッションブランド、Designers Remixが、サステナブル・ファブリックを使用したアイテム。

最近日本のみならず、海外メディアでも注目される日本のプリンセス、秋篠宮佳子様。
ぜひ佳子様にも、積極的に日本のエシカル・ファッションブランドをお召いただきたいですね。

*H&M「Conscious Exclusive/コンシャス・エクスクリーシヴ」コレクション
http://www.hm.com/jp/life/culture/h-m-inside/2015/04/conscious-exclusive--the-story-behind-it

*Designers Remix (デザイナーズ・リミックス)
http://www.designersremix.com/eu/

*H&M「Conscious Exclusive/コンシャス・エクスクリーシヴ」コレクション
http://www.hm.com/jp/life/culture/h-m-inside/2015/04/conscious-exclusive--the-story-behind-it

*Designers Remix (デザイナーズ・リミックス)
http://www.designersremix.com/eu/

Share

林 民子

NPOソーシャル コンシェルジュ主宰。ジャンルを超え、社会貢献度の高いヒト、モノ、サービスをより魅力的により多くの人へ広めるための様々なプロジェクトをプロデュース。少数民族の貧困解決を目指し、上質のヤクという素材にフォーカス...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article