1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. ベイカーパンツをきれいめに着る3つのコツ

ベイカーパンツをきれいめに着る3つのコツ

Share

最近は、作業服を女性がオシャレに着こなすのが流行中。私も、ベイカーパンツの魅力にはまっているひとり。もともとはパン職人の作業着から来たこのアイテムを真逆にうんと女っぽく、大人っぽく着るのが楽しい。ベイカーパンツのコーデと気を付けていることをご紹介。

ベイカーパンツをきれいめに着る3つのコツ

■ベイカーパンツの特徴

ベイカーパンツは、もともとはパン職人の作業着から来ているアイテム。

その特徴は、ゴワっとした厚手の生地、動きやすいダボっと緩みのあるストレートなシルエット、ウエスト周りについたポケットだ。

女らしい要素はほとんどない。このまま着ると作業着感が前面に出てしまい、大人の女性にはやや厳しいアイテムだ。

定番のカーキと、最近買い足したグレーのベイカーパンツ。この2色で甘辛コーデを楽しんでいる。まったく違う雰囲気になるのが面白い。

■ベイカーパンツをきれいめに着こなす工夫

1.Vネックのカシミアニットと合わせる

ベイカーパンツを女らしく着るテクニックで最も簡単なのは、襟ぐりが深く空いたVネックのニットと合わせること。
カシミアのやわらかさが、ベイカーパンツのゴワっとしたイメージを和らげてくれる。

パイソン柄のバッグをクラッチ風に持って、さらに女っぽさをプラス。
甘辛バランスを調整するときの奥の手だ。

2.鮮やかな色の甘いブラウスと合わせる

かすれたグレー色の染め具合といい、素材といい、いかにも「作業着」という印象の強いグレーのベイカーパンツ。
これを女らしいコーデに変えるのは「きれい色のブラウス」。

襟と袖に控えめにフリルが入っている光沢のあるブラウスは、スカートと合わせると私には甘くなりすぎて難しいのだが、このベイカーパンツのおかげで抵抗なくするっと着られる。

ゴールドのチェーンのミニバッグを持ち、アクセサリーも足元もうんと女らしくして。

3.ハイヒールのショートブーツを合わせる

ベイカーパンツは秋冬が難しい。
春夏は素足にパンプスやサンダルをはくことで簡単に抜け感を作れるのだが、秋冬はどうしても足元が寒くてつらい。

そこで、エレガントなアンクルブーツと合わせて裾を短くくしゅくしゅするコーデに。ブーツとパンツの裾の間のわずかな部分に肌を露出させることで、一気に女らしさをアップできる。

素足に見えるナチュラルストッキングに、ブーツ内部に隠れる丈の短い靴下を内部に仕込めば防寒もばっちり。

ベイカーパンツを穿くときは、「足元は女らしくする」と決めている。

実はスニーカー、エンジニアブーツ、モカシンなど、いろいろな靴に合わせてみたが、どうにもこうにも「可愛く」なることは残念ながら私にはなかった。平たく言うと自分には似合わなかった。

年齢もあるし、体型や雰囲気、髪型などの要因もあるが、どうしても作業着系の服はやっぱりある程度の年齢になると、どこかにうんと女らしいテイストを入れないとバランスが悪いのだと思う。

よって、「足元はうんと女らしく」「華奢に見せる」「抜け感を作る」ことを鉄則としている。

■ベイカーパンツの魅力はその「着心地の良さ」

ベイカーパンツの魅力は、コーデ次第でカジュアルにもきれいめにも着こなせる点。

でも実は一番気に入っているのは、その着心地だ。

もともと作業着として作られているアイテムなので、身体をまったく締め付けず、本当に動きやすい。汚れも気にしなくていいので気楽だし、デニムのように固くないので立ち座りもしやすい。

素材はコットンなので、肌触りも良いのだ。

一日快適に過ごせる機能性。そしてファッション性。
ボディラインを拾わないので体型もカバーできるし、何よりコーデの幅もうんと広がる。

ベイカーパンツ、ワークパンツをアウトドアシーンでなく、普通に街やオフィスで日常的に取り入れてみては?
家でくつろぐときも、本当のアウトドアシーンでもマルチに活躍するベイカーパンツ。
クローゼットの仲間入り推奨の、新たな定番パンツです!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article