1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 年齢を重ねてわかったことあるある

年齢を重ねてわかったことあるある

Share

若さを武器に生きていた頃は、いろいろなことを甘く見たり軽んじたりしがちですが、年齢を重ねると否が応でも現実を突きつけられることがあります。

年齢を重ねてわかったことあるある

■貯金は大事だよ、大事だけど……

“いざ”ってときのために貯金していても、年齢を重ねるほど“いざ”が多すぎて、どうにもならない。

でも、「貯金はないよりあるほうが絶対いい」ことだけは確か。

■大人が、ぜんぜん大人じゃない

冷蔵庫のプリンを勝手に食べたり、食べられたり……。

大人になっても、やっていることが子どもみたいな人が多い。

■可処分所得がいつまでたっても増えない

勤続年数が伸びて給料が多少増えても、年金や社会保険でごっそり持っていかれる。

思っていたほど自由になるお金がない。

■「当たり前」と思っていたことが、そうでもない

机の上を整頓できない。
ファイルがきちんと綴じられない。
電車に乗るときに横入りしない。
約束の時間に間に合わない。
トイレをきれいに使えない……。

しないんじゃなくて、できない人が意外と多い。

■友達はいてもいいけど、少ないほうがいい

友達と会うと、いつも同じような場所で、同じような会話に終始しがち。

ただ愚痴を言い合ったり傷を舐め合ったりするだけなら、それは友達じゃなくて、茶飲み仲間。

つるんでるより、本の一冊でも読んでるほうが全然いいって思う。

■「光陰、矢のごとし」なんてもんじゃない

時間が経つのが恐ろしく速くて、去年のことが昨日のことのように思える。

年を重ねると時間の流れが速くなると聞いてはいたけれど、想像をはるかに超えている。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article