1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 恋人・パートナーとの喧嘩のきっかけあるある6選

恋人・パートナーとの喧嘩のきっかけあるある6選

Share

どれだけ愛し合っているふたりでも、付き合いが長くなるにつれ、わかり合えないことも出てくるでしょう。今回は恋人や夫婦間のささいな喧嘩のきっかけあるあるをご紹介します。

恋人・パートナーとの喧嘩のきっかけあるある6選

■ささいな喧嘩の積み重ねが別れを招く?

小さな喧嘩でも、繰り返せば別れの原因に!? どれだけ愛し合っていても、他人である以上、意見がぶつかることは必ずあります。
今回は、そんなささいな喧嘩のあるあるをまとめました。

(1)「友達」に対する感覚の違い

「女友達とふたりでご飯に行ってくる」という彼のことが信じられない。
「なぜ、女友達とわざわざふたりでご飯に行くの!?」と聞いても「友達だからいいじゃん」と答える彼。それって、デートじゃないの?
友達って、何? その感覚の違いが、付き合うときの大きなストレスに。

(2)連絡頻度の違い

私は毎日LINEをしたいのに、彼からの返信はとても遅い。
「おはよう」と送りたいけれど彼からは「おはよう」も「おやすみ」もない。
「もっと連絡したいのに……でもそれは迷惑なのかな」と考えているうちに病んで、打ち明けるタイミングには大きな不満に変わっている。

(3)綺麗好き×おおざっぱ

Tシャツを脱ぎっぱなしにして、ソファで眠るパートナーにイラっ。
「洗濯機に入れるくらいできるでしょ!」と注意しても何度も同じことを繰り返す。
言われるほうも「別にそのくらい」と思い、言うほうは「そんなこともできないの!?」と思う。

(4)否定的なアドバイス

「仕事がうまくいかない」
そう相談すると「でも〇〇(私)にも問題あると思う」と、落ち込んだときのアドバイスが否定的。解決しようとしてくれているのだとは思うけれど、こちらは解決策を求めていない。ただ「頑張ったね」って慰めてほしかった……。

(5)教育方針の違い

夫婦になって子どもが生まれると、教育方針の違いですれ違うことも。どうやって子どもを育てるか……。すり合わせ不足で言い合いに。

(6)優先順位の違い

仕事ばかりを優先する彼。ドタキャンも「仕事だからしょうがない」。でも私にはその感覚がわからない。

私にとっては彼が一番。でも彼にとっては、仕事・友人・趣味……。私は4番目!? 「私のこと、本当に好きなの? もっと会いたい」と、熱量の違いから不満が溜まり、喧嘩のきっかけに。

■「別れ」はささいな喧嘩の積み重ね

今回は、恋人・パートナーとの喧嘩のきっかけあるあるをまとめました。

大好きな人と一緒にいられる時間はとても幸せ。でも、その幸せに慣れてきたとき、小さなきっかけで喧嘩をすることも出てきます。

カップルや夫婦が破局を迎えるとき、「価値観の違い」「不貞行為」「金銭感覚」など、なにかひとつの大きな問題を理由に挙げる人も多いですよね。
でも多くの別れは、実はささいな喧嘩の積み重ね。ひとつの大きな問題が起こったとき、「あのときもそうだったじゃん!」と過去を掘り返すことがあります。

一回だけなら“小さな問題”で済むことも、何十回と積み重ねた結果、何らかのきっかけで爆発してしまうものです。
不満を感じたとき、放置せずにその都度話し合うなど、根本的な部分が解決できるようになるといいですね。

Share

毒島 サチコ

愛媛県出身。学生時代から恋愛ライターとして活動し、1000本以上のコラムを執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article