女性の自由は、経済的自立心からはじまる。

女性の自由は、経済的自立心からはじまる。

経済的自立心によって、女性は自由を手にすることができる。小学4年のある日に出した「1億円あったら女も自由になれる!」という仮説。上場も、結婚も出産も、離婚も、子供との死別も経験した経沢香保子さんが考える、自由と経済的自立とは。


■一億円あったら女は自由になれる?

一億円あったら女は自由になれる?

私がその仮説を思いついたのは、小学4年のある夏の日。場所は実家のリビングだった。

電卓を手に、目を輝かせて計算する変わり者の少女は、「女性が輝く社会」をつくるため、女の自由、そして家族の自由のためならどんなリスクもとる41歳の女起業家になった。

ごく普通の家庭に育った。自営業の父、専業主婦の母、そして自分と姉の4人家族。朝から晩まで私たち姉妹に精一杯の愛情を注ぎ、育ててくれた母が私は大好きだった。

不満を口にする事もなく、家事も育児も常にパーフェクトな、専業主婦の鑑のような彼女。憧れていたし、私も将来結婚して、子供を育てたいと素直に思っていた。

一方で、家庭の中で奥さんが旦那さんを立て、お伺いをたてるという大人の社会のシステムには、ちょっぴり疑問を感じていた。

学校のホームルームでは、男子・女子関係なく、意見のある人が手を挙げて多数決で決まる。

でも、どうやら大人の世界は少し違うみたい。

不思議だなー、といつも感じていた。ある日、その時はやってきた。ピアノを習いたいと思った私は、まず母に相談した。すると母は、「いいじゃない、素敵」。しかし、その後いつもどおり「まずは、お父さんに聞いてみましょう」という言葉。事から帰宅した父に、切り出した。
「ピアノ、習ってもいいですか?」。父は少し考えたのち言った。

「だめだ」。

どうして? 問うと「お父さんが、そう決めたから」。

我が家はいつも父の意見が法律だった。

経済的な柱が父だから当然だと思って育ったが、やはりちょっと不満があった。父の言う事は正しいかもしれない。

でも、自分に選択肢がないのはつまらなかった。幼い頭で一生懸命考えた。

私なりに欲しいものがあり、やってみたいことがある。それらをすべて叶えるには、どうすればいいのか?

この先結婚しても出産しても、一生自分の好きな生き方をするには、どうしたらいいんだろう?そして出した仮説が、「1億円あったら女も自由になれる!」だった。

私は決めた。結婚するまでにできるだけの貯金をしよう。当時の金利は約7 %(そもそも、なぜかお金の事に興味と知識を持っているヘンな子供だった)。

電卓を出し、計算をはじめた。
たとえば1億円の貯金があれば、利息が毎年約700万円。

それだけあれば、なにかあった時、出産や育児を手伝ってくれる人を雇うこともできる。経済を旦那さんだけに頼らずとも、余裕を持って、自分のやりがいのために仕事ができそうだ。

■経済的自立が女性を自由にする

経済的に自立すれば、自分の人生を自分で決められる。好きな生き方を決められるに違いない。

そう考えると、すごくワクワクしてきた。なんだか背中に翼が生えたみたいな気分だった。
その瞬間から、猛烈に勉強をはじめた。

結婚するまでに1億円貯金するには、まずはいい学校に入ること。桜蔭中・高、慶應大学へと進んだ。

大人になってからは、色んな事があった。
いつしか低金利時代に突入、1億円の事もすっかり忘れていた。
ただ、自立心だけは育っていった。

起業した。最年少上場企業女社長となり、自らの会社に150億の値がついた事もあった。
結婚も出産も、離婚も、子供との死別も経験した。

傍からみたら得たものも失ったものも人一倍多い、波瀾万丈の人生だろう。

先日、2度目の離婚をして、上場社長の座を譲って、またゼロから起業した。きっとこの先も山あり谷ありだろう。でも、これだけは自信を持って言える。

私は、自由だ。

少女のあの日、一番欲しかった「自由」。
それは、1億円ではなく経済的自立心というマインドだった。

いつでも稼げる力をつけるという覚悟だった。
それがあれば自由だ。自分の人生は自分で創るという生き方だ。

お金じゃない、自立の覚悟、それが、自由への第一歩。

Text / Kahoko Tsunezawa

■経沢香保子(つねざわ かほこ)さんのプロフィール

桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円~即日手配可能な 安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営中。オンラインサロン「女性起業家サロン」も人気。

Kahoko Tsunezawa Facebook
Kahoko Tsunezawa Twitter
コラム集「経沢香保子の本音の裏側」

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活