1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. ストッキングへの本音あるある7選

ストッキングへの本音あるある7選

Share

オフィスコーデやフォーマルシーンなどには不可欠なストッキング。メリットもあるものの、デメリットも多い気がしなくもない……。ストッキングに対するさまざまな意見を集めました。

ストッキングへの本音あるある7選

■暑い

夏はストッキングなしでもいいのではと思うけど、周りが履いているので、我慢している。

とくに暑い季節はあちこち痒くなるから。

膝下丈のもあるけど、脚を組むときになどゴムがチラ見えどころか、がっつり見えてて恥ずかしい思いをする。

■なぜか誰も言い出さない“ノーストッキング”

パンプス廃止運動もいいけど、他にもやめるべきは夏のストッキングでは?

男性の“ノーネクタイ”みたいに、誰か“ノーストッキング”って言い出してほしい。

■破れやすい

素足でパンプスを履くと靴がすぐに汚れるし傷みやすい。

防臭にもなるから、私は“ストッキングはきたい派”だけど、とにかくストッキングはすぐに破れる。

コスパが悪すぎ!

■吸水性・通気性が悪い

ストッキングはとにかく吸水性・通気性が悪くて蒸れやすい。

夏に外回りをしていると、パンプスの中が滑って変なところに靴ズレやマメができる。

足裏だけコットンにするとか、汗を吸うものがほしい。

■締め付け感が苦手

暑いのも蒸れるのもわりと我慢できるけど、あの締め付け感だけはどうしても馴染めない。

■脚がきれいに見える

夏は暑いし、季節に関係なく蒸れる。

締め付けも嫌だけど、履くとキュッと締まって脚がきれいに見えるから手放せない。

■伝線しやすい

履き方がガサツなせいか、すぐにストッキングが伝線してしまう。

多少手荒に扱っても伝線しないのがあれば、ちょっとお高くても買うね。

ブラジャーあるある9選

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article