1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 憧れのメリハリボディが叶う!? ウエスト細見えコーデ術

憧れのメリハリボディが叶う!? ウエスト細見えコーデ術

Share

土曜日のファッションコラムは、パーソナルコーディネーター®の木村えりなさんが担当。体型のお悩みをカバーするアイテム選びのコツを紹介します。今回は、ウエストを細見えさせてメリハリあるスタイルを叶えるコーディネートをご紹介。

憧れのメリハリボディが叶う!? ウエスト細見えコーデ術

「ウエストにくびれがなくて、お腹周りが目立つ気がする」と感じたことはありませんか?

まずは以下をチェックしてみてください。

◼︎ウエストのくびれがない
◼︎お腹が出ている
◼︎トップスの裾でお腹を隠すことが多い
◼︎太るとお腹周りがキツくなる
◼︎派手色や柄など、目立つ服は避けている


今回は、上の質問に「YES」がふたつ以上あった方におすすめのアイテム選びと着こなしのコツをお届けいたします。

◼︎「ウエストは隠さず、出す!」がスタイルアップへの近道

キュッと引き締まってくびれたウエスト……理想ですよね。メリハリのあるボディシルエットは、年齢に関係なく手に入れたいものです。


スタイリングを依頼してくださるお客様の中で、「ウエストがない」「お腹がポッコリしている」などお腹周りの悩みを持つ方は、ウエストを隠す着こなしをしている方が多いように思います。

みなさんも、長めのシャツやTシャツでお腹を隠したり、パンツの上にチュニックを着てウエスト周りのシルエットを出さない着こなしを選んでいませんか?

実は、その「隠す着こなし」は逆効果!
メリハリのあるスタイルは、ウエストを隠さず「ウエスト位置をきちんと作る」スタイリングテクニックで叶います

上の写真でわかるように、「ウエスト位置」をきちんと作っているかどうかで、お腹周りの見え方は大きく異なります。

左はウエストを隠すようにトップスを出した着こなし、右はウエスト位置を作るようにトップスを入れた着こなしです。
トップスをインしたほうが、ウエスト周りがすっきりして、メリハリのある体型に見えます。

スカートを買う際は、「ウエストのベルト幅」をチェックするのもポイント。ウエストのベルト幅が広いものを選んだほうが、ウエストがすっきりキレイに見えます

このスカートはウエストのゴムシャーリングの幅が広く、ウエストを細く見せてくれます。

今シーズンは「色×色」の配色コーデがトレンドなので、ライトパープルと水色の配色を。
トップスの裾を入れるだけで、スタイルアップ効果と共に大人上品な雰囲気が作れます。

◼︎柄アイテムを大胆に楽しんでメリハリを味方に

メリハリを作るには、パッと目を引く大胆な柄アイテムを使ったコーディネートもおすすめ。

派手柄は視覚に入りやすく、体型の粗を隠してファッション全体の印象を作ってくれます。また、トップスとボトムスの差をつけることで、ウエストがキュッと締まって見えます。

柄は大胆に楽しめば楽しむほど「オシャレな雰囲気」を印象づけることができます。

トップスの裾はきちんと入れて、ウエスト位置を作ることが大事。今回着ているブラウスのように、柔らかくふんわりする素材のものは膨張しやすいので、ウエストをマークしてスタイルアップを図りましょう。

◼︎デニムの日はトップスにビッグシルエットを

楽に過ごしたい日はゆるいシルエットのデニムを選びがちですが、メリハリのあるシルエットを作りたい日はスキニーパンツを選ぶと良いでしょう。

脚のラインがくっきり出るので、ゆったりシルエットのパンツよりも緊張感はありますが、トップスにビッグシルエットのものを合わせればウエストが細見えします。

こちらのコーディネートでは、UNIQLOのメンズLサイズのリネンブラウスを合わせました。

シャツをビッグシルエットにすることで、トップスに視点が集中しやすく、ボトムスのスキニーパンツをより細く見せてくれます

スキニーパンツは下半身をすっきり見せてくれるので、シャツの裾の前側をINするだけでバランスの良いコーディネートができます。後ろ側はシャツを出して着れば、ヒップ周りもカバーできます◎

◼︎ファッションでメリハリを手に入れる


身体のメリハリシルエットは、ファッションで作れます。
ポイントは「隠す」よりも「出す」
パッと目を引く主役アイテムを大胆に取り入れるのもおすすめです。

これまで「ウエストをきちんと作る」ことを避けてきた方や、「派手色や柄アイテムは似合わなさそう……」と思っていた方にこそ、鏡の前で「今のわたしにちょうど良い」着こなしのバランスをチェックしていただきたいです。

今夏はファッションの一工夫で、憧れのメリハリボディを叶えてくださいね。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article