1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. かわいすぎて悶絶!『リアム16歳、はじめての学校』は学園もの好き必見のラブコメディ

かわいすぎて悶絶!『リアム16歳、はじめての学校』は学園もの好き必見のラブコメディ

Share

『スウィート17モンスター』『レディ・バード』など、ちょっぴりイタいけど、愛すべき主人公が登場する学園ドラマに、カナダ発の青春ラブコメディが仲間入りしました! 主人公は、生まれてから一度も学校に通ったことがなく、自宅で英才教育を受けていた16歳の青年・リアム。ひょんなことから公立高校の女生徒に一目惚れして……⁉︎

かわいすぎて悶絶!『リアム16歳、はじめての学校』は学園もの好き必見のラブコメディ

◼︎16歳で学校デビュー! はじめての学園生活は冒険だらけ

DRESS読者のみなさん、こんにちは!

本日ご紹介したいのは、『スウィート17モンスター』や『レディ・バード』などちょっぴりイタい主人公の学園ものが好きな人なら必見の青春ラブコメディ『リアム16歳、はじめての学校』です。

みなさんは「ホームスクール」という言葉をご存知ですか? 学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習を行うスタイルで、アメリカやカナダでは盛んな教育法のひとつです。

本作の主人公・リアムはまさにそんな「ホームスクール」で母・クレアから英才教育を受けて育った16歳の青年。

ひょんなことから公立高校に通う義足の美少女・アナスタシアに一目惚れし、初めての学園生活をスタートさせます。

◼︎『リアム16歳、はじめての学校』のストーリー

自身が高校時代に妊娠してしまったことをきっかけに、息子のリアム(ダニエル・ドエニー)を公立学校には通わせず、自宅で英才教育を受けさせているシングルマザーのクレア(ジュディ・グリア)

スティーヴン・ホーキンス博士に憧れ、天文学者を目指している16歳のリアムは、大学入学を目指し、高卒認定試験を受けることになる。

リアムを見守り、いつまでも手放したくないと思う母・クレアは、リアムが大学に受かったら自分も一緒についていくと決めているのだった。

そんなふたりにとって、重大な高卒認定試験の日。

試験会場となるのは母・クレアの母校。リアムは緊張のあまりクレアと手を繋ぎながら、生まれて初めての公立学校の門をくぐる。

無事に試験を終えたリアムだったが、学校の廊下で義足の美少女・アナスタシア(シオバーン・ウィリアムズ)を見かけた途端、頭の中で何かがはじけ、人生で初めての恋に落ちてしまう

彼女と仲良くなるために「この学校に通いたい!」と思ったリアムはわざと試験に落ち、次の試験が行われるまでの間、学校に通うことを母に懇願する。

渋るクレアと一緒に高校の校長に直談判し、休学中の女子学生のIDを使ってしばらくの間通学することを許されたリアムだったが、初めての学園生活で彼を待っていたのは、物理より悩ましい問題の数々で……。

◼︎カナダの新鋭、カイル・ライドアウトのポップなセンスが炸裂!

本作の監督・脚本を手掛けたのは、カナダ映画界の新鋭、カイル・ライドアウトです。

カナダの名門演劇学校で学んだライドアウト監督は、映画『デッドプール』などで俳優としても活躍し、2015年に、写真家のエドワード・マイブリッジを題材にした『Eadweard』(※日本未公開)で長編映画監督デビューしました。

同作で、世界各地の映画祭で観客賞などを受賞して注目を集めたライドアウト監督。本作では、カナダの人気ミュージシャンの曲を全編に使用していたり、90年代を意識したカラフルな彩色やキュートなファッションで魅せるなど、そのポップなセンスを炸裂させています。

◼︎描かれるのは、親と子の普遍的な愛とすれ違い

ドラッグやセックスなどの危険から、とにかく息子を守りたい! と考えるクレアにとって、リアムが公立学校に通いたいと言い出したことは、思わず叫び出したいほどの悩みの種です。

小さい頃のリアムの写真を寝室の壁一面に飾ったり、子ども部屋のドアを取っ払ってしまったり、コンドームを暗闇でもつけられるようにと練習させたりするクレアの行動はかなりユニークに描かれていますが、その底にあるのは子どもへの普遍的な愛。

もつれ始めた親子関係を前に、改めてリアムと良い関係を築こうとする様子は、子どもを持つ親も、親を持つ子にとっても、きっと共感できるはずです。

◼︎気になる恋の行方は?

1991年生まれ、イギリス出身の女優、シオバーン・ウィリアムズ演じる、リアムの遅すぎる反抗期に火をつける義足の美少女・アナスタシア。

リアムは彼女の義足に触れたいと願い、接近を試みますが、異性と触れ合うどころか同性の友人さえいなかった彼にとっては、校内で彼女とすれ違うタイミングを狙うので精一杯

しかも彼女はほかの男子生徒からも人気があり、リアムをからかってくる悪ガキのBDC(アンドリュー・ヘール)のようなタイプも嫌いではないようで……。

果たして、リアムはアナスタシアのハートをゲットできるのでしょうか?

ライドアウト監督が、『JUNO/ジュノ』『(500)日のサマー』などをお手本に、明るくて楽しくテンポのいい作品を目指したという本作。

リアムのキュートな初恋に、ほっこりとした気分になれる『リアム16歳、はじめての学校』は4月27日(土)より全国順次公開です。
GWの鑑賞作品候補に入れてみてはいかがでしょうか?

◼︎『リアム16歳、はじめての学校』公開情報

『リアム16歳、はじめての学校』※PG12
4月27日(土)、新宿シネマカリテ他全国順次公開
監督:カイル・ライドアウト
出演:ジュディ・グリア、ダニエル・ドエニー、シオバーン・ウィリアムズ、アンドリュー・マックニー
配給:エスパース・サロウ
上映時間:86分
公式サイト:liam-hajimete.espace-sarou.com
©2017 SCHOOLED FILMS INC., ALL RIGHTS RESERVED

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連記事

Latest Article