1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 大人の冬デートコーデをかろやかに、華やかに仕上げるコツ

大人の冬デートコーデをかろやかに、華やかに仕上げるコツ

Share

おしゃれな人5名に「明日のコーデ」を紹介してもらう企画【明日これ着よう!】。12月17日〜12月21日までのテーマは「華やかイベント向けコーデ」。5人5通りのコーデをお届けします。“金曜日担当”の木村えりなさんには金曜日のコーデを見せてもらいます。

大人の冬デートコーデをかろやかに、華やかに仕上げるコツ

CHANELでファッションアドバイザーをしていたとき、一目惚れして購入したロングジャケット。手に入れた頃は随分と気に入って、冬のお出かけの日にはよく羽織ったものです。

ミンクのトリミングがたっぷりブレードになっている贅沢なジャケットは、母としての時を重ねるたびにクローゼットの奥の方へと移動していました。

娘が10歳になった今、抱っこをする必要もなくなり、「わたしの時間」が少しずつ作れるようになりました。時間と心の余裕を感じたいと思う日は、CHANELツイードをわたしらしく楽しんでいます。

◼︎ボトムスはUNIQLOのアンクルパンツを

ロングジャケットを主役にしたい日、パンツはとてもシンプルなアイテムを選んでいます。

シルエットが綺麗なUNIQLOのアンクルパンツは、どんなジャケットとも相性抜群なので、CHANELのロングジャケットとコーディネートすることが多いです。

ブラウスはZARAのレースのノースリーブを選びました。

ノースリーブなので暖かさはまったくありませんが、冬のオケージョン服はかろやかにしたいと考えています。ノースリーブは背筋が伸びる気がしますし、着るだけで華やかな雰囲気を作れて、とてもおすすめです。

◼︎冬のオケージョン服は「わたしらしく」を仕上げに

冬の華やかコーデを楽しむときに、わたしらしさを意識すると、色褪せることなく自分自身の記憶に残ります。

長く着られるCHANELのジャケットは、年齢を重ねるごとに「あのときは、どんな環境で、どんなスタイリングが好みだったか?」を自分の心に残せるアイテム。

また、合わせるアイテムは特別なものでなくても、着心地良く背伸びをしないもので十分です。

今回「わたしらしく」の仕上げに赤色をポイントで取り入れました。イヤリングの赤、リップの赤、ネイルの赤。赤はエネルギーを感じる色。

2018年の終わりだからこそ、1年の反省と新たな年への希望を感じたくて、赤という色を選んでいます。ファッションは今の自分のバロメーターでもありますよね。

わたしらしさを思う存分取り入れて、年末もおしゃれを楽しんでくださいね。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article