1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. レズ風俗体験記。性経験のない私が自分を受け入れ、自信を手にした話

レズ風俗体験記。性経験のない私が自分を受け入れ、自信を手にした話

Share

レズ風俗体験記を書いてくれたのは、「性体験がなかったけれど、セックスをしてみたい、でも男性とはできない……」と感じていたいずみさん。考えた末に決めたのはレズ風俗を利用することでした。望んでいた肌と肌との触れ合いができたことで、凝り固まっていた心が柔らかくなったと語ります。体験前後の気持ちの変化を綴っていただきました。

レズ風俗体験記。性経験のない私が自分を受け入れ、自信を手にした話

彼氏いない歴=年齢の私。性的な触れ合いは一切したことがありません。

セックスに興味はあるけれど、自分の性的指向が定まっていなくて、男性とはできない気がするなと思っていたとき、レズ風俗店「レズっ娘クラブ」を知りました。

こんな私でも、女性とだったらできるかもしれない! ただ、30を過ぎても未経験、ということが恥ずかしかったし、外見内面共に自信がなくて、利用に踏み切れなかったんです。

でも、悩んでいるうちにひとつ年を重ねたとき、「私はまだ待ち続けるの……?」と自分を鼓舞して、思い切って1週間後の予約を入れました。

初体験ということで、肌のお手入れにムダ毛の処理(生まれて初めてVIOラインを意識しました)、マッサージ、ストレッチ、食事、睡眠など、生活習慣も意識するように。

緊張はしませんでしたが、利用に向けてテンションが上がり、張り合いができた心地がしました。

■レズ風俗を初体験。緊張がすごかった

いよいよ当日。待ち合わせの3時間前、お店に「今日はよろしくお願いします」というメールと共に、洋服の写メを送ります。

いまの自分にできる精いっぱいのおしゃれをして、待ち合わせに向かう階段を昇るときになって初めて、緊張の波がどっと押し寄せてくるのがわかりました。階段を昇る足が震え、スーッと血が下がるように手足が冷えて、汗が噴き出てくるのも。

待ち合わせ場所では携帯を確認するふりをしながら、ちらちらと周囲の様子を伺い、携帯の時計を見ながら、「あと、5分……あと、1分」と緊張が高まっていたとき、人ごみの間をすり抜け、一直線に向かってくる人がいました。

「○○さん?」

名前を呼ばれて、心臓が止まりそうなくらい驚きました。

おしゃれで素敵な人。遠すぎることもなく、近すぎることもなく、ちょうどいい距離感を取ってくれる心の温かい方で、とても明るいプラスのオーラを放っています。

挨拶を済ませた後、突然すっと両手を差し出され、自分の両手を重ねると、乗せた瞬間にきゅっと握り締めてくれ、その手の温かさと握ってくれた力の強さに、これは夢じゃなくて現実なんだと実感。

■優しく、柔らかなスキンシップで幸せに

この日は、100分のビアンコース(※現在は存在しないコース)をお願いしていました。コース内容は、待ち合わせ場所からホテルまで一緒に歩いて向かい(15分以内)、100分ホテルで過ごし(着替えや準備、身支度も含みます)、また待ち合わせ場所まで送ってもらう(15分以内)というもの。

ホテルに着いてバスタブにお湯を張るまでの間、キャストさんは私がレズ風俗を利用しようと思ったきっかけや、私がいま抱えていることについて優しく聞いてくれました。

要望、されたら嫌なことなども、一つひとつ丁寧にヒヤリングしてくれて、ガチガチに緊張している私の背中を優しく撫でてくれたりも。

初対面なのに、キャストさんと過ごす時間が心地よくて、このままお喋りで100分終わってもいいかもと思うくらいでした。

でも、今回は初体験をしにきたんだからと思い直していると、キャストさんは私の戸惑い具合を見ながらも、私が躊躇してしまわないタイミングでしっかりとお風呂や歯磨き、ベッドまでリードしてくれたんです。

初の泡風呂を体験し、もこもこで気持ち良い泡をいっしょに触って遊んだり、お互いの身体を洗ったりしたのも、忘れられない思い出になりました。

誰かに身体を洗ってもらうのは、子どものとき以来だったので、あまりの気持ち良さにびっくり。湯船の中でも後ろから抱き締めてくれたり、頭や首筋にキスをしてくれたりと、体験したことのないスキンシップに戸惑うも、甘くて柔らかくて、とても幸せな気持ちに。

■優しく触れられて、開かれていった

ベッドに行ってからも、キャストさんの付かず離れずの絶妙な間合いで、優しい手つき、明るい声掛け、私が緊張しないようにと常に笑顔で振る舞ってくれる姿勢に感激しました。

どうしたらいいのか、何をしたらいいのか、初めてだけどちゃんと感じることができるのか、心や体を解放できるのかと心配していましたが、こんなに優しく人の身体に触れる人がいるなんてと、終始快楽で満たされていたと思います。

誰にも触れられたことがない場所に触れられるのは怖くて、恥ずかしくて、どうしようと思いましたが、強引にするでも、諦めるでもなく、何度も呼びかけて、いろいろなところに触れて、じっくりじわじわと、ありとあらゆる五感を刺激しながらゆっくりと開いていってくれて――。

終わったときは放心状態でしたが、望んでいた肌と肌の触れ合いができたことが嬉しくて、ふいに緊張が緩んだのか思わず声を上げて笑ってしまいました。

最後にベッドの中で抱き合い、会話をする時間を取ってくれたことも、すごく嬉しかったです。

「今回の経験がこれからのあなたのプラスになればいいな」

優しいトーンでそう伝えてくれたことが、今でも忘れられません。

■レズ風俗を経験して、少しずつ変わり始めた私

100分という時間はあっという間です。にもかかわらず、100分という時間の使い方の上手さに、ただただ感激と感動をしていました。

レズ風俗体験後は、ふわふわと夢見心地な状態でしたが、急に「彼女が欲しい」という気持ちが芽生えました。

さらに、今まで尊敬できる人はいましたが、生まれて初めて「このキャストさんみたいになりたい! 相手のことを心身ともに大切にできて、広い心、優しい気遣い、晴れやかな笑顔……こんな魅力的な人に自分もなりたい」と心の底から思ったんです。

その後、少しずつではありますが、人に対する興味が沸き始めて、誰かと関わりたいと思うようになりました。

ひとりだけでがんばらなくてもいい、人に頼れるところは頼ってもいいんだ、人とのつながりを大切にしようと、ちょっとずつ思えるようになりました。

ひとりでがんばらなくちゃと、ガチガチに凝り固まっていた心が柔らかくなったとき、自分に手を差し伸べてくれている人が、周りにたくさんいることにも気づきました。

レズ風俗を体験するまでに、自分の中で何度も葛藤が生まれ、迷いながらも、最後は自分で意思決定した結果、素敵なキャストさんとの出会いで、自分自身を受け入れ、肯定し、自信が生まれました。

30代にして性体験がない、というのは、特別なことでも恥ずかしいことでもありません。性体験をいつ、どうするかは一人ひとりの自由です。ただ、私個人にとって、その事実は重荷だったのでしょう。

レズ風俗という言葉にはまだ慣れませんが、嫌らしいものでも汚いものでもなく、女性同士の触れ合いも普通の感覚なんだと実感できました。

Text/いずみ
役者修行中のレズビアン、30代公務員。

協力/レズ風俗レズっ娘クラブ

(関連記事)レズ風俗体験記。自分の性欲を否定してきた私が、性欲はあっていいんだと思えるまで

11月特集「性欲と情熱」

2018年11月22日公開
2019年5月1日更新

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article