1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. バックシャンなベージュニットが活躍。大人の着こなしが叶います

バックシャンなベージュニットが活躍。大人の着こなしが叶います

Share

おしゃれな人7名に「明日のコーデ」を紹介してもらう企画【明日これ着よう!】。7月29日〜8月4日までのテーマは「ベージュ×ホワイトのサマーコーデ」。7人7通りのトップスを取り入れたコーデをお届けします。“火曜日担当”のR*ジャスミンさんには水曜日のコーデを見せてもらいます。

バックシャンなベージュニットが活躍。大人の着こなしが叶います

わたしにとってベージュ×白のコーディネートは、年間を通して最もよく着る配色と言ってもいいかもしれません。

ともすれば無難で地味な印象にもなりかねないベージュ×白のコーデですが、洗練された大人らしい着こなしに近づけてみました。

トップスはベージュのサマーニット。着丈がやや長めで、フレンチスリーブのデザインです。

このニットには、白地に黒の細いストライプのワイドパンツを合わせました。

チュニックや長丈のトップスには細身のパンツを合わせることが多いと思いますが、今年はあえてワイドボトムを合わせるのが気分です。

少々ルーズな印象になりそうですが、こんなゆるっとしたシルエットが、リラックス感のある大人の余裕と今年らしさを出してくれるから。

前から見るとごくシンプルなニットですが、後ろは背中に入った深めのスリットと、黒のテープリボンをDカンベルトに通したちょっと目を惹くデザインになっています。

こんなバックシャンなデザインのニットを着ると、自然と背筋も伸びます。

ベージュ×白のコーディネートに、所々ブラックの小物を効かせてアクセントにしました。

ボトムも無地の白ではなく、細いストライプにしたことで縦長効果が生まれ、膨張しがちな配色コーデを引き締めてくれています。

清潔感があり、好感度の高いベージュ×白のコーディネート。

無難に陥らないようにするコツは、きっちりしすぎないややルーズなシルエットと、濃いカラーの小物を散らして全体を引き締めるのが私流です。


TOPS//   Mila Owen

BOTTOM// EGOIST

BAG// FENDI

SHOES// Sugar Bisket

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article