1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 愛される女は内面に自信がある。「婚活記録」のススメ

愛される女は内面に自信がある。「婚活記録」のススメ

Share

婚活で最も必要なのは「自信」。男性が自信のない女性を結婚相手として選ぶと思いますか? 変化が見えにくい「内面」の自信をつけるためにすべきは、「婚活記録」を残すことです。これこそが自分に自信をつけ、成長させてくれます。

愛される女は内面に自信がある。「婚活記録」のススメ

私が主宰する「スパルタ婚活塾」では、入塾時に外見のチェックを行い、髪型やメイク、服装など、自分に似合うものを選ぶことにしています。

1回目の講座で行うのは、恋愛におけるスキルチェックを行い、過去の恋愛遍歴を詳細に聞き、その人の持っている空気感やコミュニケーション能力を見ながら、一人ひとりの婚活における課題を洗い出すこと。

そして、入塾前に生徒が決めた目的地(ゴール)までの道筋に、洗い出した課題の克服も踏まえながら、最短で目的地まで到達できる戦略を考え、3カ月で目標を達成するためのすべき課題を細かく出していきます。

(例)
目的地:3カ月後までに結婚したい彼を見つける!
タスク:デート月10回 
課題:笑顔、受け取り力UP、内面・外面5個ずつ褒める、自己主張する。

恋愛における弱点は、人によりそれぞれで、そもそも男性と付き合ったことのない生徒に関しては、男性との接触回数を増やし、「慣れる」ことからのスタートになります。

逆に、男性経験はそれなりにあり、よく男性と喧嘩になって別れる傾向が強い女性は、プライドが高い傾向にあります。彼女たちは、相手に上手く負けることを覚えたり、積極的に自分の弱い部分を自己開示する、甘える練習などが必要。

外面の変化は、服やメイクをちょっと変えるだけで、「綺麗になったね!」という周りからの一言で、実感することができます。

しかし、内面の変化は、とてもわかりづらく、だからこそ成長実感を味わえず、ちゃんと成長しているにも関わらず、途中で挫折してしまう人が多いです。

本を読んで実践しようと思っても、1週間も経てば行動するのをやめてしまう人が後を絶たないのも、それが理由だと思います。

■「婚活記録」をオススメする理由

そこで有効になってくるのが、「記録を残す」という作業。

スパルタ婚活塾では、「デート報告」なる「婚活記録」を毎回残すようにし、それに対するアドバイスを行うようにしています。生徒もアドバイスをもらうことで、さらなる成長につなげられます。できたことを褒められることで、婚活におけるモチベーション維持も図れるのです。

そして、ここが一番重要です。「自分を客観視できる材料」として、過去の記録を見返すよう指導しています。

婚活記録を見返すと、自分の現在地を冷静に把握でき、過去の自分の記録を読み返すと、成長実感を味わえるため、大きな効果を発揮しています。

人は登り坂を登り続けていると、登り坂を登っている感覚がなくなり、平坦な道を歩いている錯覚に陥る現象と同様に、婚活を繰り返していくと、自分の状況が判断できなくなります。

がんばり屋さんで頭の良い女性ほど、成長実感を味わえないことで、やめてしまう傾向にあるため、目に見えてわかりにくい「内面」を「記録」として残すのは、自分にとって大きな財産になります。

昔はできていなかったことも、目的意識を持ち取り組むことで、必ず成長はしているので、3カ月前の自分と比べると雲泥の差があるもの。

■婚活で向き合うべきは「自分自身」

婚活において、「周り」と比較しだすとキリがありません。婚活で向き合うべきは「自分自身」です。

自分より能力が高く、自分にない魅力を持っている人は、世の中にはたくさんいます。そして、人との比較をしている限り「幸せ」は遠のいてしまいます。

だからこそ、時間の無駄になることはさっさとやめて、自分を一番成長させてくれる自分自身の「過去」と「現在」の比較をすべきです。

デートした中で感じた自分の感情や気づき、できなかったことを、詳しく書けば書くほど、3カ月後の自分、また1年後の自分の財産になります。そして、自分の恋愛における癖や傾向、ダメな状況に陥るときの思考回路など、自分自身を分析できる材料になります。

相手ありきで、一筋縄ではいかない恋愛では、うまくいかずに落ち込むことも必ず出てくるので、そんなときに自分を勇気づけてくれるものになりますよ。

すべきは、他人との比較ではなく、「過去の自分」と比較です。見つめる先は、自分の望む「未来」です。

Share

JUJU

婚活コンサルタント。婚約破棄をきっかけにガチ婚活を実施。 約1年の婚活で得た経験を元に、 婚活疲れに悩む女子のトータルプロデュースを行う、 「スパルタ婚活塾」を主宰。 開講9ヶ月で長期講座生は40名を越え、 整...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article