1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. やぎ座の性格や特徴「堅実な夢想家」- 星座占い

やぎ座の性格や特徴「堅実な夢想家」- 星座占い

Share

「やぎ座」の星座占い。12月21日から1月20日の間に生まれたのであれば「やぎ座」です。「堅実な夢想家」というフレーズがぴったりな星座。そんなやぎ座の性格から相性、恋愛観や仕事観についてもみていきます。

やぎ座の性格や特徴「堅実な夢想家」- 星座占い

■やぎ座の性格

実力、生命力、権力、財力といった現実を動かす力、自分や自分の大切なもののために使う力を大切にします。

「人間にとって最終的に何が必要なのか」といったことを具体的、現実的に追及していきます。

やぎ座の方の強さの背景にあるものは怯えや臆病さで、大切なものや自分を守ろうとする強さは、世界は恐ろしいもので、自分を害してくる恐れがあるという発想から生まれてくるのです。

また、そうした姿勢が努力や成果を出すことの重要さへとつながるのです。誇り高き人が多いのも、こうした特性が生み出しているものでしょう。しかし、12星座の中で最もスランプに陥りやすいのもやぎ座です。

■仕事観

とても行動的で計画通りに働きます。

現実的な成果に価値を持ち、継続性に重きを置きます。ストイックに感じるところもありますが、それは結果を出すことに価値を置いているからであり、とてもシンプルな考え方をしていて合理的です。

自然とリーダーの立場になっている方が多いです。勉強好きで資格マニア。人に教えることも好きでしょう。

特にやぎ座の男性の頭の中は仕事ばかりです。通勤中の電車の中では経済新聞に目を通し、仕事終わって同僚と居酒屋に立ち寄って会社の話。

家庭を持っても意味がないと考え、独身を続ける方も多いです。

■恋愛観

頭と身体で分離された恋愛が発生しやすく、身体だけの割り切った付き合いや、スペックを求めた付き合いなどになりやすいです。

無駄な恋愛をしたくない気持ちが強いため、結婚できるかどうかも大切な要素となるでしょう。

気持ちと身体が一体化した場合は、とても冷静に注意深く相手を観察しますから、時に冷たい印象を受けることもあるでしょう、しかし、とても温かく、不誠実さは一切ありません。

恋愛が始まると清楚な印象とは異なり、感情表現は濃厚で力強いです。

■闇の面

権力者に対して嫌悪感を持ちます。

やぎ座の人は、規律正しく厳格で、計算高く、人の感情に無関心なところもあり、利己的で野心があるためか、

時には強敵を相手にしたり、人々の抵抗を感じることもあり、権力の在り方に対して敏感なところがあり、権力を持ちたいという欲求を我慢してしまうのです。

■結婚観

忍耐強い性質を持っているため、離婚をすることは少ないようです。

保守的で堅実な生活を望み、家庭や家族を大切にします。自身の価値観が骨太のため、周囲に相談することもなく、突然行動に出ることもあり、びっくりすることもあるでしょう。

ただ責任感が強いため、自責の念が高まると非常にネガティブな行動をとることもあります。また、やぎ座の女性は結婚後すっぴんで過ごすことが多くなったり、化粧もすっぴん同然に薄くなる方が多く、もともとおしゃれに熱心な方ではないところが日を追うごとに目立ってきます。

それだけ、生活に対して真面目であるということでもあります。

■好きなもの嫌いなもの

好きなものは、歴史を感じさせるものや中身のある重厚なものが好きなようです。

社会的な秩序を大切にするので、他者に対する責任感や、礼儀を大切にし、またそういった人間を好みます。嫌いなものは不誠実さや、勇気を感じられないとか、中身がまったくないことは嫌うようです。

ギブアントテイクをモットーとしていて、もらいっぱなしなどはありません。経済観念がしっかりしているので、あげてばかりでもないようです。

無駄使いも嫌いますから、節約をないがしろにされるのも嫌いでしょう。

■相性

社会的なステータスに対して、ひたむきに努力ができている方や、協調性を大切にできる方とは相性が良いでしょう。

自信のない方や、生存競争に対して興味を持ててない方とは相性が悪いでしょう。

星座でいうと、おうし座、おとめ座の方とは相性が良いでしょう。

てんびん座、おひつじ座とは目的がブレやすく、物事をスムーズに進めにくくなりそうです。

■やぎ座の性格の背景

占星術において、やぎ座は黄道12宮の第10宮です。
太陽はここに入座して冬至を迎えます。年間でももっとも寒く暗い時期ですが、日が出てから沈むまでの長さが再び長くなり始め、太陽神の復活を告げるのです。

ギリシャ神話では、牧神パーン、バビロニアでは大洋に住むカモシカで、太古より大洋が幾度も出現したと伝えられております。

地球上で幾度も起こった陸地の隆起と陥没に関係があるとも思われます。

やぎ座は現世の象徴であるとともに、最後の足場であり、人生で登りつめた絶頂点を意味してます。

草を食べながら地面に目を向けたまま山頂に到達するのが、やぎの天性であり、
厳しい現実感覚に裏付けられての地上の王国の建設が、やぎ座の使命と言えるでしょう。

やぎ座のキーワードは

「私は使う(使役)I use」

人の一生でいえば、多くの人生経験を積み、肉体は衰えても知恵が円熟する時期です。

自己の果たすべき使命を知り、自分自身の生き方を通じて人々を指導する術を知っていくのです。

やぎ座の守護星は土星です。

制限、困難、試練、成長を司り、時間と計算の惑星とされ、関係するすべての事柄に長期の忍耐と努力を必要とする障害を招いてきます。

しかし、土星の与える試練は自己完成、成長に役立ち、現世を生き抜く経験や知恵、宿命の力に対する信仰心など、土星からの贈り物は成功と安泰につながる大切なものなのです。

土星は、時間をかけて物事を完成させる堅実な在り方、役目を責任持って全うする大切さを教えてくれるのです。

Share

ホロスコ

幼少の頃から宇宙の魅力に惹かれ、本当の本当を追求していたら西洋占星術に出会う。現在星読みを生業に生きてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article